現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1.3リッター版コペン爆誕! ダイハツ最新コンセプトカー@モビリティショー

ここから本文です

1.3リッター版コペン爆誕! ダイハツ最新コンセプトカー@モビリティショー

掲載 7
1.3リッター版コペン爆誕! ダイハツ最新コンセプトカー@モビリティショー

車のニュース [2023.11.03 UP]


1.3リッター版コペン爆誕! ダイハツ最新コンセプトカー@モビリティショー

イマドキ国産スポーツ総まとめ! トヨタ/ダイハツ「GRスポーツ」の魅力

Japan Mobility Show 2023 注目出展モデルガイド
新しい名称になって初開催となるジャパンモビリティショー2023。例年通り、各メーカーの最新モデルや技術がお披露目されるが、その中でも特に躍進が目立つのが電動車たちだ。各メーカーからBEVやPHEVが多数展示される。ここでは注目すべきモデルの情報を、いち早くお届けしよう。

●文:横田 晃/月刊自家用車編集部


DAIHATSU VISION COPEN 《World Premiere》

次のコペンは、ついにFR化か? その動向が見逃せない話題の一台
 クルマ好きから市販希望の声が殺到しそうなのが、2シーターオープンスポーツカーのVISION COPEN。コペンの名を冠するが軽自動車ではなく、全長3835mm、全幅1695mmと、マツダロードスターよりひと回りコンパクトな登録車規格だ。コペンと同様に電動開閉式ルーフのアクティブトップも備えるが、それ以上に注目なのがパワートレーン。CN(カーボンニュートラル)燃料の想定とはいえ、1.3ℓのエンジンを積み、駆動方式はFRという“正統派”の仕様なのだ。デザインもリアルにまとめられていて、このまま市販されたら海外でも評判を呼びそうだ。考えてみれば、ダイハツには商用車用の縦置きパワートレーンがある。意外と実現性は高いかも。


初代コペンを彷彿させるフロントマスク。バンパー一体型のグリルまわりなど、未来を先取りしたデザイン手法も確認することができる。

2名乗車は現行コペンと同じだが、登録車ベースということもあって室内幅にゆとりを感じる。メーター配置などは、最新のアイランドアーキテクチャーの考えに沿ったものだ。

DAIHATSU me:MO(ミーモ) 《World Premiere》

内外装部品を組み替えることでオーナー好みに、超変化!
「ライフステージに合わせ、スタイルや楽しみ方を変えることができるサステナブルな軽乗用BEV」と謳うのがme:MO。「クルマと人の関係の再定義」をテーマに、ユーザーのライフステージに合わせて変化できるクルマを目指したという。内外装部品がモジュール化され、使い方や目的に合わせて取り換えることで、一台のクルマを長く使い続けることができるのがポイント。軽規格より短い2955mmの全長で、小回りも利きそうだ。


DAIHATSU OSANPO(オサンポ) 《World Premiere》

コペンとは違う路線を進む、もうひとつの2シーターオープン
 英語のスポーツという単語には、じつは散歩も含まれる。2シーターオープンながら、目を三角にした走りを売りにしないOSANPOは、それを文字通りに表現したEVのコンセプトカー。オープンエアドライブの爽快感と、EVならではの静粛性は、自然の中をゆったりと流すのにぴったり。あえて車高を高めにしているのも、飛ばすクルマではなく、お散歩感覚で楽しむクルマであることを表現している。熟年世代の足代わりにも勧められそうだ。


速さよりも、操る楽しみを狙ったモデルらしく、やや腰高なボディに短めのホイールベースを採用。スポーティな現行コペンとは少し違った趣を感じさせる。

オープンエアの魅力に加えて、フロアコンソールを無くしたフラットフロアのおかげもあって、サイズ以上の開放感に浸れそう。スローライフにお似合いのキャビンだ。

DAIHATSU UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)/UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック) 《World Premiere》

EV時代の商用車のあり方をいち早く体現したコンセプトカー
 軽トラックや軽バンは、日本人の暮らしの必需品。UNIFORM TruckとUNIFORM Cargoは、EV化された近未来のそれらのスタディだ。機器配置の自由度が高いEVの特徴を活かして、凸凹が少なくて使いやすく、掃除もしやすいキャビンや荷台を実現。移動店舗の看板などにも使える外部給電機能も搭載。トラックには、現在、ダイハツが展開しているレンタルの移動販売車に使われている、目的に合わせて荷台に積むNibakoの未来の仕様も用意。


UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)

UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)

関連タグ

こんな記事も読まれています

新型N-BOXの進化度チェック!《エクステリア》
新型N-BOXの進化度チェック!《エクステリア》
グーネット
BMWの今がわかる! プレミアムSUV「Xシリーズ」を徹底検証
BMWの今がわかる! プレミアムSUV「Xシリーズ」を徹底検証
グーネット
スペーシア 未来の扉を開けるか【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
スペーシア 未来の扉を開けるか【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
ダイハツが斬新「新型“軽”」初公開! 狙いを秘めた全長3m以下ボディはコロコロ変身! めちゃカワ「変幻自在モデル」への反響は
ダイハツが斬新「新型“軽”」初公開! 狙いを秘めた全長3m以下ボディはコロコロ変身! めちゃカワ「変幻自在モデル」への反響は
くるまのニュース
ランドクルーザー、WR-V…2023年を賑わせたSUVプレイバック!
ランドクルーザー、WR-V…2023年を賑わせたSUVプレイバック!
グーネット
ダイハツ新型「斬新“軽”」実車展示! 全長3m以下ボディは変幻自在! 激カワ「前後対称モデル」が目指す先とは?
ダイハツ新型「斬新“軽”」実車展示! 全長3m以下ボディは変幻自在! 激カワ「前後対称モデル」が目指す先とは?
くるまのニュース
新型スイフトはひと味違う!? 上質仕立てのコンセプトモデルを先取りチェック
新型スイフトはひと味違う!? 上質仕立てのコンセプトモデルを先取りチェック
グーネット
新型N-BOXの進化度チェック!《キャビン&ユーティリティ》
新型N-BOXの進化度チェック!《キャビン&ユーティリティ》
グーネット
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
くるまのニュース
新型N-BOXの進化度チェック!《諸元一覧&おすすめグレード》
新型N-BOXの進化度チェック!《諸元一覧&おすすめグレード》
グーネット
ダイハツが新型「“斬新”軽トラック」実車展示! めちゃカッコいい「将来の軽商用車像」名古屋で公開
ダイハツが新型「“斬新”軽トラック」実車展示! めちゃカッコいい「将来の軽商用車像」名古屋で公開
くるまのニュース
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
くるまのニュース
斬新顔が激カワ! ホンダの新型「“軽”2シーター」登場に大反響! 「勝手に来て勝手に帰る」新型「CI-MEV」2024年にも登場へ
斬新顔が激カワ! ホンダの新型「“軽”2シーター」登場に大反響! 「勝手に来て勝手に帰る」新型「CI-MEV」2024年にも登場へ
くるまのニュース
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
くるまのニュース
現在のレトロブームの先駆者!? 中古モデルが沸騰した日産「Be-1」は偉大なパイクカー第1弾として誕生!
現在のレトロブームの先駆者!? 中古モデルが沸騰した日産「Be-1」は偉大なパイクカー第1弾として誕生!
ベストカーWeb
MT搭載! ダイハツの「2シーター軽スポーツカー」に注目集まる! 完成度の高さが凄い「コペン」初代モデルの評価とは
MT搭載! ダイハツの「2シーター軽スポーツカー」に注目集まる! 完成度の高さが凄い「コペン」初代モデルの評価とは
くるまのニュース
トヨタが斬新すぎる「新型バン」を公開! 次期型「bB」として登場か!? “車中泊”にも本気で使える「最強モデル」を名古屋でお披露目
トヨタが斬新すぎる「新型バン」を公開! 次期型「bB」として登場か!? “車中泊”にも本気で使える「最強モデル」を名古屋でお披露目
くるまのニュース
小ささがウリだけど小さすぎると売れない!? 名車の称号は得ても販売で苦戦した「2ドアハッチ軽自動車」3台
小ささがウリだけど小さすぎると売れない!? 名車の称号は得ても販売で苦戦した「2ドアハッチ軽自動車」3台
WEB CARTOP

みんなのコメント

7件
  • このサイズの車体でトヨタGRと兄弟車で発売したらとても良いですね。FRのMTで1300ターボならロードスターと好みがわかれるので丁度よいと思います。
    ぜひ商品化してもらいたい。
  • 爆誕!!爆速!!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0292.1万円

中古車を検索
コペンの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0292.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村