現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2代目「パンダ」は絶滅危惧種!? 修理に100万円投じて目指せ走行20万キロ! フィアット愛あふれるオーナーを紹介します

ここから本文です

2代目「パンダ」は絶滅危惧種!? 修理に100万円投じて目指せ走行20万キロ! フィアット愛あふれるオーナーを紹介します

掲載 4
2代目「パンダ」は絶滅危惧種!? 修理に100万円投じて目指せ走行20万キロ! フィアット愛あふれるオーナーを紹介します

初代と現行型の間で影の薄い2代目パンダのホットモデル

2023年3月19日(日)に富士スピードウェイで開催されたイベント「ASSO Driving Pleasure Giolno Della Famiglia in FUJI Speed Way 2023」には、フィアット&アバルトを中心としたイタリア車100台以上が集まりパレードランを楽しんだ。今回は、いまや希少な2代目「パンダ」で参加したオーナーを紹介しよう。

かわいい「パンダ」の群れが「サハラ砂漠」を大爆走! 世界一ムチャで過激な旧車ラリー

2代目プントから2代目パンダへ、マイナー・フィアットを乗り継ぐ

「2代目フィアット パンダの100HPは、ついに絶滅危惧種のレッドリスト入りですかね? 僕は単なる変態グルマ好きなので、目指せ20万kmで100HPに乗り続けます!」

フィアットが大挙して集まるイベントに行っても2代目パンダで参加しているオーナーはわずかで、いつも孤独感を味わっているという“ガミ”さん。この日のASSO主催イベントでも2代目パンダで来ていたのは“ガミ”さんだけだった。

「以前は188型の2代目フィアット プントHLXスピードギアに乗っていたのですが、ヒューズボックスが焦げてしまったので手放しました。どうやら僕が乗っていた世代のプントはサイドシルにあるプレートの下に配線が通っているらしく、それを踏んでしまったことにより、断線したのでは、とショップで言われました。手放したプントはトランクルームにCDチェンジャーを積んでいたのですが、それはいま100HPの荷室で現役として活躍しています」

エンジンから足まわりまでこだわりのモディファイ

熱心なフィアット好きのひとりとして20万kmチャレンジを続けているガミさんの100HPは2007年式で、2015年11月に買ったものだ。レアであるところ、使いやすいサイズ、視界のよさが好きなポイントなのだという。ちなみに、2代目パンダの100HPはノーマルの1.2L/60psから1.4L/100psへとパワーアップされた直4エンジンを搭載し、6速MTが組み合わされた限定販売モデルだ。

お気に入りの愛車は細部に至るまで「単なる変態グルマ好き」ならではのセンスでモディファイされている。エクステリアこそノーマルだが、足まわりにASSOのフラッグシップ鋳造ホイール「パルティーレ」、ビルシュタイン・オリジナルのガス封入モノチューブショックアブソーバー「B4」、ダンロップのスポーツタイヤ「DIREZZA DZ102」などを装備。ブレーキはディスクローターがディクセルで、パッドはクロスだ。

エンジンは、2019年にハイスパークイグニッションコイルを装着してK&Nエアフィルターで高性能化を図り、RDベースのマフラーで排気効率を上げている。マフラーエンドはカルトスポーツ(RDベース製)だ。インテリアは、フロアマット専門店R.Sのカーマットで個性を演出し、アバルト500用のシートを装備。ステアリングにはMOMO製カバーを装着している。

100万円を投入し、まだまだ長く乗っていく覚悟

「2022年の11月に冷却系のセンターホースに穴が開いてしまい、それを直すための修理一式と一緒にエンジンマウントも交換してもらったら40万円もかかってしまいました。RDベースのマフラーはセンターパイプが60万円だったので、合計するとそれだけで車名と同じ数字の100万円ですね。ここまでやってみたものの、いつまで乗れますかね?」

もはや、パンダ100HPの修理費に100万円をドド~ンと突っ込めるオーナーは日本で“ガミ”さんしかいないかもしれない。今後もわが国を代表するフィアット・マニアとして頑張ってもらいたい。

こんな記事も読まれています

レクサス新型「高級SUV」発表! 軽快FFモデルも追加! 斬新&貫禄の「RZ」改良への反響は?
レクサス新型「高級SUV」発表! 軽快FFモデルも追加! 斬新&貫禄の「RZ」改良への反響は?
くるまのニュース
トーヨータイヤファンミーティングin福岡が初開催!出展エントリーは12月5日まで
トーヨータイヤファンミーティングin福岡が初開催!出展エントリーは12月5日まで
レスポンス
グーマガ 今週のダイジェスト【11/25~12/1】日産新型車のスクープ2連発!
グーマガ 今週のダイジェスト【11/25~12/1】日産新型車のスクープ2連発!
グーネット
アロンソ、2023年に2回勝利のチャンスがあったと悔やむ「でもまあ、そのモチベーションのエネルギーを、来年にとっておくことが重要だ」
アロンソ、2023年に2回勝利のチャンスがあったと悔やむ「でもまあ、そのモチベーションのエネルギーを、来年にとっておくことが重要だ」
motorsport.com 日本版
おうちのような「平ら」なベッドのチャイルドシート「フラディア グロウ エバー」 アップリカから2024年1月発売
おうちのような「平ら」なベッドのチャイルドシート「フラディア グロウ エバー」 アップリカから2024年1月発売
くるまのニュース
2択アンケート「スポーツカーを選ぶならネオレトロ派? 斬新デザイン派?」【クルマら部 車論調査】
2択アンケート「スポーツカーを選ぶならネオレトロ派? 斬新デザイン派?」【クルマら部 車論調査】
レスポンス
電気自動車だけじゃない!広州モーターショーで目立った中国自動車メーカーの台頭
電気自動車だけじゃない!広州モーターショーで目立った中国自動車メーカーの台頭
@DIME
最上級ディスプレイオーディオ、どんな感じ? カロッツエリアDMH-SF700で「COCCHi」を使ってみた
最上級ディスプレイオーディオ、どんな感じ? カロッツエリアDMH-SF700で「COCCHi」を使ってみた
AUTOCAR JAPAN
輸入車の新車ランキング4位は「トヨタ」!? なぜ国産メーカーが“輸入車”を販売? 日産・マツダにもある「謎の輸入車」とは?
輸入車の新車ランキング4位は「トヨタ」!? なぜ国産メーカーが“輸入車”を販売? 日産・マツダにもある「謎の輸入車」とは?
くるまのニュース
日本円で1億超え!! クリスマスギフトにキャデラックのEVセダン…米ニーマンマーカス
日本円で1億超え!! クリスマスギフトにキャデラックのEVセダン…米ニーマンマーカス
レスポンス
LSに乗ってSUVのつぎのトレンドを考える【九島辰也】
LSに乗ってSUVのつぎのトレンドを考える【九島辰也】
グーネット
フェルスタッペン、F1昇格以降サインツを支え続けてきたパーソナルフィジオを引き抜く
フェルスタッペン、F1昇格以降サインツを支え続けてきたパーソナルフィジオを引き抜く
AUTOSPORT web
ナビ/ドラレコ/空気圧測定をオールインワン、バイク専用5インチモニター登場
ナビ/ドラレコ/空気圧測定をオールインワン、バイク専用5インチモニター登場
レスポンス
D-SPORTからダイハツ ロッキー用の「ラリーマッドフラップ」発売! 愛車の飛び石や泥はねを防止
D-SPORTからダイハツ ロッキー用の「ラリーマッドフラップ」発売! 愛車の飛び石や泥はねを防止
くるまのニュース
角田裕毅と岩佐歩夢、ホンダ・レーシングスクールの生徒とカートバトル。佐藤琢磨“校長”見守る中で角田はスピン
角田裕毅と岩佐歩夢、ホンダ・レーシングスクールの生徒とカートバトル。佐藤琢磨“校長”見守る中で角田はスピン
motorsport.com 日本版
東急バス、24年3月に運賃値上げへ 同時に「川崎市内運賃」廃止
東急バス、24年3月に運賃値上げへ 同時に「川崎市内運賃」廃止
乗りものニュース
MT搭載! ダイハツの「2シーター軽スポーツカー」に注目集まる! 完成度の高さが凄い「コペン」初代モデルの評価とは
MT搭載! ダイハツの「2シーター軽スポーツカー」に注目集まる! 完成度の高さが凄い「コペン」初代モデルの評価とは
くるまのニュース
高速道路で「家系らーめん」をいただける幸せ 夜の圏央道「厚木PA」内回りへ
高速道路で「家系らーめん」をいただける幸せ 夜の圏央道「厚木PA」内回りへ
バイクのニュース

みんなのコメント

4件
  • 初代フィアットパンダが好きだったな
    品質? あの時代のイタ車舐めんなよ
    新車時からトラブルあって当たり前だろ
  • FIATロゴが赤バッジの初期型ですね、左の6速マニュアルのみの男前な限定車でした(笑
    カタログモデルのデュアロジック買うより全然100HPの方がいいですね!
    MTの方が故障のリスクもいくらか減るし。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0338.0万円

中古車を検索
パンダの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0338.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村