現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【車名当てクイズ】この名車、迷車、珍車、ご存じですか? 第9回

ここから本文です

【車名当てクイズ】この名車、迷車、珍車、ご存じですか? 第9回

掲載 更新 13
【車名当てクイズ】この名車、迷車、珍車、ご存じですか? 第9回

 クルマ好きなら一発でわかる、でも「ちょっと詳しい」くらいだとフロントマスクだけではパッと車名が浮かばない、そういうクルマは多いはず。それでも一台一台には作り手と売り手と買い手の思いが詰まっています。

 そんな思い出とドラマの詰まったクルマにもう一度スポットライトが当たることを願ってお送りする本企画。車名がわかった方、ぜひSNSで思い出とともに高らかに「いいクルマだった!」と呟いていただければと。

【車名当てクイズ】この名車、迷車、珍車、ご存じですか? 第10回

文/山城颯太(ベストカーWeb編集部)
写真/三菱

今回の難易度/★★★☆☆

■これもまた「名車」でありました…

 今回の車名当てクイズ、いかがでしたか? 正解は「三菱・ミニカトッポ」です。

 ミニカトッポは1990年3月、ミニカとともに発売された軽自動車。N-BOXやタントのような軽スーパーハイトワゴンのパイオニアともいえる存在です。

 初代ミニカトッポの全高は1695-1745mmと、通常のミニカよりも230mm高いルーフが特徴。バックドアは横開き式で、現在の日産セレナにも設定されている開閉可能な窓ガラスを備えていました。

 1993年9月に初のフルモデルチェンジを実施し、丸目のライトに生まれ変わりました。なお、1998年10月以降はトッポBJの名称で販売されました。

三菱・ミニカトッポ(1990-1998)

こんな記事も読まれています

FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
AUTOSPORT web
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
レスポンス
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
motorsport.com 日本版
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
レスポンス
新井大輝組が逆転勝利、奴田原文雄組は惜しくも3位!全日本ラリーRd.4「ラリー丹後」は山火事の影響で波乱の展開に!
新井大輝組が逆転勝利、奴田原文雄組は惜しくも3位!全日本ラリーRd.4「ラリー丹後」は山火事の影響で波乱の展開に!
くるまのニュース
落ち着きのある大人の隠れ家的な車内がいい! 日産キャラバンがベースのキャンパー
落ち着きのある大人の隠れ家的な車内がいい! 日産キャラバンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ホンダ「新型・最上級セダン」登場! 全長5m超えの“ラグジュアリー空間”を体感!? 1700km走って分かったコト
ホンダ「新型・最上級セダン」登場! 全長5m超えの“ラグジュアリー空間”を体感!? 1700km走って分かったコト
くるまのニュース
ランボルギーニ、ウラカン後継車の搭載エンジン発表。800馬力のV8ツインターボ+ハイブリッドで登場へ
ランボルギーニ、ウラカン後継車の搭載エンジン発表。800馬力のV8ツインターボ+ハイブリッドで登場へ
AUTOSPORT web
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 クロストレックから20.0万円引き!
X氏の値引き大作戦 クロストレックから20.0万円引き!
グーネット
街乗り重視だけど快適な車中泊がしたい人にはベストかも! ホンダ フリードがベースのキャンパー
街乗り重視だけど快適な車中泊がしたい人にはベストかも! ホンダ フリードがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ホンダ、今夏発売予定のFCEVが来場者の注目の的に…人とくるまのテクノロジー展 2024
ホンダ、今夏発売予定のFCEVが来場者の注目の的に…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
【ハーレー】BLUE SKY HEAVEN 2024 にて「能登復興支援パレード」を6/2山下公園通りで開催!
【ハーレー】BLUE SKY HEAVEN 2024 にて「能登復興支援パレード」を6/2山下公園通りで開催!
バイクブロス
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
THE EV TIMES
埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
くるまのニュース
5/25開催の「愛知カブミーティング」にスーパーカブグッズの CAMSHOP.JP が出展!
5/25開催の「愛知カブミーティング」にスーパーカブグッズの CAMSHOP.JP が出展!
バイクブロス
【MotoGP】ヤマハがカタルニアGPで新エアロパッケージを投入。苦戦仲間ホンダとのアプローチの違いが浮き彫り
【MotoGP】ヤマハがカタルニアGPで新エアロパッケージを投入。苦戦仲間ホンダとのアプローチの違いが浮き彫り
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

13件
  • ATが3速で、60キロまでが常用の限界!
    高速道路なんてとても乗れない車だったなぁ~・・・(遠い目)
    でも、スペース効率はとてもよかった!
    この車が出たあとにワゴンRが出てヒットした記憶がある
    ちょっと時代を先取りしすぎた車だったのかもしれん・・・(合掌)
  • 2代目に乗ってた!丸めライトで可愛いクルマだった。後席ドアが右側に無いタイプでした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

63.5134.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.048.0万円

中古車を検索
ミニカトッポの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

63.5134.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.048.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村