現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「セリカ」話題に!8代目「次期モデル」登場に現実味でた? リフトバッククーペのCGに期待する声とは

ここから本文です

トヨタ新型「セリカ」話題に!8代目「次期モデル」登場に現実味でた? リフトバッククーペのCGに期待する声とは

掲載 10
トヨタ新型「セリカ」話題に!8代目「次期モデル」登場に現実味でた? リフトバッククーペのCGに期待する声とは

■7代36年の大人気長寿モデル! 期待するのは次期セリカ

 トヨタ「セリカ」は1970年から2006年にかけて生産されたスポーツクーペです。
 
 最近では復活が噂されることも増え、SNSでは次期型セリカのCGが注目を集めています。どのような反響が寄せられているのでしょうか。

【画像】「えっ…!」これが黒すぎる次期セリカ? 欲しい…画像を見る!(40枚)

 セリカは約36年の生産期間の間に、6回のフルモデルチェンジを経た長寿モデルで、現在でも世界的に高い人気を誇ります。

 初代セリカは1970年にデビュー。特徴的な2ドアクーペのボディは、当時からは珍しいシャープなものではなく、丸みの帯びたボディラインから「だるま」の愛称で親しまれるモデルです。

 1977年にはフルモデルチェンジを経て2代目が登場しました。より空力性能を重視したモデルとなり、日本初の三次元曲面サイドガラスが採用されたモデルです。北米市場を意識して「セリカXX(MA40型)」も登場しました。

 3代目は1981年に登場。同時期には当時を代表するデートカーとも言えるトヨタ「ソアラ」の発売などもあり、全体的に歴代のなかでは印象が薄めのモデルである一方で、セリカをよりスペシャルティモデルへとシフトさせるきっかけとなった1台でもあります。

 1985年には4代目がデビューし、3代目までの後輪駆動式から前輪駆動へと変更されたこともあり、セリカの歴史上、重要な分岐点を記すモデルといえます。このモデルから、世界ラリー選手権にも出場し、モータースポーツシーンにセリカの名前が飛び交うようになりました。

 そんなセリカのモータースポーツ色は、1989年にデビューした5代目から、より一層色濃くなったといえます。ポップアップヘッドランプを採用し、印象的なスタイリングとなったT180型は、世界ラリー選手権では日本車初となるドライバーズとマニュファクチャラーズのダブルタイトルを獲得しました。

 1993年には6代目のセリカが登場。先代のモータースポーツ界での活躍もあり、そのイメージが定着したセリカは、世界的な認知度と多くのファンが存在するモデルとなり、その人気は数十年が経過した今なお健在です。

 そして1999年には7代目となるセリカの最終モデルがデビューします。先代のモデルと比較すると一気に先進的なスタイリングとなったT230型は、約20年以上が経過しているにもかかわらず、古臭さを感じさせないデザインが特徴的です。

 その後、7年間生産は続きましたが、2006年の生産終了をもって、セリカは7代36年の長い歴史に幕を閉じました。

■デザインが超カッコいい! 8代目? 新型セリカのCGが凄い!

 そんなセリカは、長年の生産期間とモータースポーツでの活躍もあり、現在でも世界的に多くのファンが存在する人気モデルです。

 復活を待望するファンが多いなか、最近では、トヨタの佐藤恒治氏が新社長に就任した際「セリカの復活を望んでいる」という噂が出たことが発端で、話題になりました。

 さらには豊田章男会長が「復活することをお願いしている」という話しもあり、「セリカ復活」に現実味が帯びてきているのと同時に、大きな期待が寄せられています。

 復活の可能性が高まってきた現在、一部の熱狂的なファンによりデザイン予想CGが制作されており、なかにはそのリアリティの高さから、SNSで多くの注目を集めるものもあります。

 なかでも、2015年からSNSで「Celica Reboot」というファンページを運営するRen Yeo氏がデザインした「セリカ・グランドツーリング」モデルは大きな反響が集まっています。

 Yeo氏は、自身のデザインに加えて、セリカがどのようなモデルになって欲しいか、期待を込めた未来予想を投稿。

 そのなかで「Gazoo Racing開発の4輪駆動システムの性能の高さから、同じシステムが導入され、オールシーズン楽しめるクルマになることを期待している」などと現実味の高い予想を交えています。

 CGデザインについては、初期モデルのリフトバッククーペスタイルを取り入れながら、近年の新型トヨタ車に見られるハンマーヘッドのフロントフェイスを採用するなど、過去と現在を融合したエクステリアを実現しています。

 そんなYeo氏の妄想のなかに垣間見えるリアリティの高さが、多くのセリカファンを惹きつけました。SNSでは、次のようなコメントが寄せられています。

 デザインに対しては「これはカッコいい!」「4つ目をオマージュして欲しい」「実現して欲しいスタイルだ!」などと称賛の声が寄せられています。

 一方で、日本のファンからは「サイズが大きくてアメリカ向け」などの反響もあり、北米市場を重視したモデルとなった場合、国内での使い勝手を不安視するような声もありました。

 それでも、多くのセリカファンが過去のモデルについてなどの意見を交わし、復活を熱望する様子がうかがえ、その人気はまだまだ健在であることが再確認できます。

※ ※ ※

 トヨタがセリカを復活させるとなれば、TOYOTA GAZOO Racingからスポーツモデルとして登場させることが予想されています。

 一部のファンは、過去の活躍によってセリカの名前が世界ラリー選手権の歴史に名を刻んでいることから、現在活躍している「GRヤリス」に代わる可能性も考えられるなど期待が高まっています。

こんな記事も読まれています

ルノー 『メガーヌ』のEVは航続450km…ジュネーブモーターショー2024に登場予定
ルノー 『メガーヌ』のEVは航続450km…ジュネーブモーターショー2024に登場予定
レスポンス
ビザ・キャッシュアップRB、実際にチームをなんて呼ぶ? 体制変更めぐる議論に首脳陣はニッコリ「これは素晴らしい悩みごと」
ビザ・キャッシュアップRB、実際にチームをなんて呼ぶ? 体制変更めぐる議論に首脳陣はニッコリ「これは素晴らしい悩みごと」
motorsport.com 日本版
人と被らない希少な日本車が欲しい人へ──新型スバル ソルテラ試乗記
人と被らない希少な日本車が欲しい人へ──新型スバル ソルテラ試乗記
GQ JAPAN
「ここ私道なの!?」長大橋に海底トンネルまで とんでもない規模の「専用道路」3選
「ここ私道なの!?」長大橋に海底トンネルまで とんでもない規模の「専用道路」3選
乗りものニュース
クロカンSUVに“スポーツカーの心臓”を搭載! ランドローバー「ディフェンダーV8」公道での印象は? 走り味はまるで“どう猛な暴れ馬”
クロカンSUVに“スポーツカーの心臓”を搭載! ランドローバー「ディフェンダーV8」公道での印象は? 走り味はまるで“どう猛な暴れ馬”
VAGUE
結局…「EVインフラ」どうなの? 「クルマが先、インフラが先」の問題! 不便さは解消されるのか
結局…「EVインフラ」どうなの? 「クルマが先、インフラが先」の問題! 不便さは解消されるのか
くるまのニュース
レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」
レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」
motorsport.com 日本版
マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
グーネット
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
AUTOSPORT web
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
レスポンス
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
AUTOSPORT web
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
くるまのニュース
新型アルファード/ヴェルファイア「モデリスタ流」カスタムを見た!
新型アルファード/ヴェルファイア「モデリスタ流」カスタムを見た!
driver@web
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
Auto Messe Web
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
driver@web
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
motorsport.com 日本版
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
WEB CARTOP

みんなのコメント

10件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8634.0万円

中古車を検索
セリカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8634.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村