現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代オデッセイに真っ向勝負するもイプサム人気に続かなかった!! 2代目アリスト風顔のちょい高級版ガイアとは何モノだったのか

ここから本文です

初代オデッセイに真っ向勝負するもイプサム人気に続かなかった!! 2代目アリスト風顔のちょい高級版ガイアとは何モノだったのか

掲載 23
初代オデッセイに真っ向勝負するもイプサム人気に続かなかった!! 2代目アリスト風顔のちょい高級版ガイアとは何モノだったのか

 バカ売れオデッセイの対抗馬として生まれたイプサムは、ベース車の関係で5ナンバーサイズ。豪華さという意味では一歩及ばず……。オデッセイの牙城を崩そうとちょっと高級仕様のガイアを投入するなど、トヨタも本気だったのだ。でも振り返っていても高級?? ってな仕上がりだったのだ。

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

初代オデッセイに真っ向勝負するもイプサム人気に続かなかった!! 2代目アリスト風顔のちょい高級版ガイアとは何モノだったのか

■初代オデッセイ超絶ヒット!! トヨタも黙っちゃいなかった

192万円スタート!! 売れるのも納得のお値段だった初代イプサム

 1990年代に巻き起こったミニバンブームでは、各メーカーからさまざまな3列シート車がリリースされた。

 ただ中には背の高いワンボックススタイルのミニバンに馴染めないユーザーも少なくなく、そこに1994年に登場したオデッセイは、セダンライクなドライビングポジションや運転感覚にもかかわらず3列シートを備えたモデルとして大ヒットとなったのはご存知の通り。

 すると他メーカーも今度はオデッセイに近いコンセプトのモデルを多くリリースすることとなり、1996年にトヨタがリリースしたイプサムもかなりのスマッシュヒットとなったのだった。

[articlelink]

■イプサム売れるも物足りず!? 弱点カバーしたのがガイアだったのよ

2代目アリストを思わせるヘッドライトといい高級感もあった!?

 デビュー当初は好調なセールスを記録したイプサムだったが、ベースとなったのがコロナプレミオということで5ナンバーサイズに収まる大きさとなっていた。

 これは運転を苦手に感じるユーザーにとってはプラス要素であったものの、余裕のある3ナンバーサイズのオデッセイに比べると室内空間の狭さは如何ともしがたく、徐々に人気が下降線をたどることになってしまった。

 そこでリリースされたのが、イプサムのプチ高級版ともいえる「ガイア」であった。ガイアもイプサムの兄弟車種だったため、5ナンバーサイズのボディは変わることはなかった。

[articlelink]

■キャプテンシートこそ至高だった!? オデッセイはV6で巻き返し

 全長を90mm延長し、イプサムでは丸みを帯びていたリアゲートもルーフを車体後端まで伸ばして垂直に近いものとして室内長を確保。さらに全高も20mm高めてイプサムよりも余裕のある室内空間を実現していた。

 またイプサムでは2-3-2の7人乗り仕様であったところ、2列目シートをキャプテンシートとした2-2-2の6人乗り仕様も設定し(7人乗り仕様も存在)、上級感を演出。

 もちろん内外装もイプサムよりも上級な雰囲気のあるものとし、ヘッドライトは4灯のものを、テールランプはガーニッシュを含め横一文字のものとすることでイプサムとは異なる印象のものとなっていたのだった。

 しかしオデッセイには前年にV6 3Lエンジンを搭載した「プレステージ」が追加されており、小手先だけの変更で高級モデルと言うにはやや苦しいところがあったのも事実。

 ガイア登場の翌年末にはオデッセイが2代目にフルモデルチェンジを果たすなどタイミングが悪すぎたこともあって、イプサムに続くスマッシュヒットを記録することは叶わずに1世代限りを姿を消すこととなった。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

メルセデスF1、ハンガリーGPでも勝てば強さは“ホンモノ”? 予想外の2連勝で自信深める「正直、次の2戦で期待していた」
メルセデスF1、ハンガリーGPでも勝てば強さは“ホンモノ”? 予想外の2連勝で自信深める「正直、次の2戦で期待していた」
motorsport.com 日本版
「ドライブスルー恐怖症」どう克服?「ぶつけそう」「手が届かない」繊細な"運転テクニック"必要な店舗システムの「攻略法」とは
「ドライブスルー恐怖症」どう克服?「ぶつけそう」「手が届かない」繊細な"運転テクニック"必要な店舗システムの「攻略法」とは
くるまのニュース
スズキのイメージにピッタリ! 嬉しいポイント盛り沢山の『GSX-8R』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
スズキのイメージにピッタリ! 嬉しいポイント盛り沢山の『GSX-8R』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
今ではグーグルマップより使いやすい!? 人気上昇中の無料地図アプリ アップル純正「マップ」 の“現在の実力”とは
今ではグーグルマップより使いやすい!? 人気上昇中の無料地図アプリ アップル純正「マップ」 の“現在の実力”とは
VAGUE
美しさと空力、積載性を兼ね備えたルーフボックス「THULE モーション3」発売
美しさと空力、積載性を兼ね備えたルーフボックス「THULE モーション3」発売
レスポンス
カーマニアなパパママも興奮間違いなし! トヨタ・スープラのレーシングカーに乗れる小・中学生対象の乗車イベントが富士で開催。
カーマニアなパパママも興奮間違いなし! トヨタ・スープラのレーシングカーに乗れる小・中学生対象の乗車イベントが富士で開催。
くるくら
新グラフィックモデル「VESTER」が【Kabuto】のシステムヘルメット「RYUKI」に追加!車種を問わず、よく似合う!  
新グラフィックモデル「VESTER」が【Kabuto】のシステムヘルメット「RYUKI」に追加!車種を問わず、よく似合う!  
モーサイ
トヨタが完全復活!8号車が今季初勝利、7号車は最後尾から圧巻の4位入賞【WEC第5戦サンパウロ6時間】
トヨタが完全復活!8号車が今季初勝利、7号車は最後尾から圧巻の4位入賞【WEC第5戦サンパウロ6時間】
Webモーターマガジン
サンパウロで優勝のトヨタ8号車、今後は7号車の”サポート役”に? ハートレー「それが残りのシーズンの仕事になる」
サンパウロで優勝のトヨタ8号車、今後は7号車の”サポート役”に? ハートレー「それが残りのシーズンの仕事になる」
motorsport.com 日本版
アウディが幻のスポーツセダンを現代の技術で再現、16気筒スーパーチャージャーは520馬力
アウディが幻のスポーツセダンを現代の技術で再現、16気筒スーパーチャージャーは520馬力
レスポンス
【リコール】ホンダ CBR250RR 計3,191台/ウォータポンプASSY 計59個
【リコール】ホンダ CBR250RR 計3,191台/ウォータポンプASSY 計59個
バイクブロス
デイトナが中央日本4県・88スポットを巡る「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー×茶ミ☆スタラリー」を1/15まで開催中!
デイトナが中央日本4県・88スポットを巡る「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー×茶ミ☆スタラリー」を1/15まで開催中!
バイクブロス
オートレース宇部が初のコラボレーション。秋元康氏プロデュース『WHITE SCORPION』の特別カラーリングで2度目の鈴鹿8耐へ
オートレース宇部が初のコラボレーション。秋元康氏プロデュース『WHITE SCORPION』の特別カラーリングで2度目の鈴鹿8耐へ
AUTOSPORT web
【ホンダ フリード 新型】AIRの外観はシンプルながらも上質
【ホンダ フリード 新型】AIRの外観はシンプルながらも上質
レスポンス
トヨタ新型「“ミニ”RAV4」!? タフ顔「コンパクトSUV」の正体はダイハツ「ロッキー」&「ライズ」&「レックス」!? 「KLC仕様」の正体とは
トヨタ新型「“ミニ”RAV4」!? タフ顔「コンパクトSUV」の正体はダイハツ「ロッキー」&「ライズ」&「レックス」!? 「KLC仕様」の正体とは
くるまのニュース
もはや刺身のフライ!? 日本海の越前ブルーを望む『魚屋の喰い処 まつ田』で究極のアジフライを堪能!!
もはや刺身のフライ!? 日本海の越前ブルーを望む『魚屋の喰い処 まつ田』で究極のアジフライを堪能!!
バイクのニュース
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
ベストカーWeb
新世代ミニ第4弾・新型「ミニ クーパー 5ドア」が408万円から登場! ガソリンエンジン搭載のみで原点に戻った?
新世代ミニ第4弾・新型「ミニ クーパー 5ドア」が408万円から登場! ガソリンエンジン搭載のみで原点に戻った?
Auto Messe Web

みんなのコメント

23件
  • koj********
    2代目のイプサムがオデッセイ並みのサイズに拡大・3ナンバー化されたので存在意義が無くなった。要はイプサムに統合されて消滅。
  • pir********
    オデッセイが欲しいけどトヨタ車を買いたいという層向けのためだけに作った「トヨタオデッセイ」でしょう。勝負した感じはなかった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

225.8302.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.2138.0万円

中古車を検索
イプサムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

225.8302.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.2138.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村