現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像

ここから本文です

【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像

掲載 3
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像

オープン走行が基本のスペシャルな911

 1989年式ポルシェ911カレラ・スピードスター。911カレラ・スピードスターは1987年秋のフランクフルト・モーターショーに出品されたプロトタイプの市販バージョン。930ボディの911の最終年(1989年)に限定生産された希少モデル。それは356スピードスター以来ほぼ30年ぶりに復活したスピードスターだった。カブリオレより低く傾斜角が寝たウインドシールドと専用リアカウルでオープンエアの爽快感を追求した2シーターモデルである。3.2リッターの水平対向エンジン(231㎰)はスタンダードモデルと同じ。だがスピードスターはボディの軽量化(約70kg)と爽快感で格別の走りを誇った。

【20世紀名車ギャラリー】引き締まった肢体のアスリート、1993年式ポルシェ911カレラ2の肖像

☆930ボディの911スピードスターは全幅1650mmのカレラと全幅1775mmのカレラ・ターボルックの2種類をラインアップ。生産台数はそれぞれ171台/1894台。日本への正規輸入はそれぞれ24台/67台だった。取材車はカレラ・スピードスター

☆スピードスターの造形を印象付けるウインドシールドは細いフレームのラウンド形状

☆トップカバーを兼ねるFRP製のリアカウルはスタイリッシュ形状

☆トップ開閉は手動式。慣れれば3分ほどで着脱作業ができる。リアスクリーンはビニール製

☆3.2リッターのフラット6はパワフルで吹き上がりがシャープ、取材車にエンジンオイルの漏れやにじみはなかった

☆ホイールは前6J/後8Jリムの鍛造タイプ。前205/55R16/後225/50R16の取材車のタイヤは8分山

☆ヘッドランプはH4バルブのハロゲン式。スピードスターはフォグランプ未装備。スチール製バンパーにはゴム製ガードが付く

☆マフラーはシングル式。排気音は高回転になるほど豪快になる

☆インパネは標準911と共通。パワーステ未装備だがステアリングはさほど重くない。低いウインドシールドは走行時に適度に風を巻き込みオープンエアの爽快感が満喫できる。取材車は室内各部をリネンホワイトで統一

☆シートハイト調節は電動式。スライドとリクライニングは手動調節式。シート背後のリアカウル下を荷物室として利用できる設計

☆回転計を中央に配置。エンジンは4000rpm以上で本領を発揮する。油温/油圧/油量計を装備

☆ワーナーシンクロ仕様の5速マニュアルの操作性は良好

☆クラッチは操作が容易な油圧タイプ。ブレーキは強力

☆カセットオーディオは新車時からのオリジナル装備

☆内側はリアカウル開閉用ノブ。外側はエンジンリッド用

☆スピードスターのトップは内張りのない単層構造のシンプルタイプ。カラーは黒

[新車時の車両データ]
サイズ:全長×全幅×全高4300×1650×1270mm、ホイールベース2272mm、車重1280kg。エンジン:3164cc水平対向6OHC12V、231㎰/5900rpm 、トランスミッション:5MT。サスペンション:前ストラット/後セミトレーリングアーム。駆動方式:RR。乗車定員:2名。タイヤ&ホイール:前205/55VR16/後225/50VR16+アルミ。新車時価格:1140万円

こんな記事も読まれています

W12エンジンのフィナーレを飾るベントレーの高性能ラグジュアリーオープン「バトゥール コンバーチブル」が登場
W12エンジンのフィナーレを飾るベントレーの高性能ラグジュアリーオープン「バトゥール コンバーチブル」が登場
カー・アンド・ドライバー
アバルトF595の限定カブリオレモデルの第2弾が日本デビュー
アバルトF595の限定カブリオレモデルの第2弾が日本デビュー
カー・アンド・ドライバー
メルセデス・ベンツGクラスの市販EVモデル「G580 with EQテクノロジー」が初公開
メルセデス・ベンツGクラスの市販EVモデル「G580 with EQテクノロジー」が初公開
カー・アンド・ドライバー
マセラティの新世代4シーターオープンカー「グランカブリオ トロフェオ」の日本における受注がスタート
マセラティの新世代4シーターオープンカー「グランカブリオ トロフェオ」の日本における受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
ホンダ「“2シーター”軽量スポーツカー」登場! 鮮烈レッド&MT採用の超スポーティ仕様! 約35年前の「CR-X」米で高額落札
ホンダ「“2シーター”軽量スポーツカー」登場! 鮮烈レッド&MT採用の超スポーティ仕様! 約35年前の「CR-X」米で高額落札
くるまのニュース
大幅改良を果たしたジープ・ラングラーが日本上陸
大幅改良を果たしたジープ・ラングラーが日本上陸
カー・アンド・ドライバー
スズキがインドで新型スイフトを発売。パワートレインには新たなZシリーズエンジンを採用
スズキがインドで新型スイフトを発売。パワートレインには新たなZシリーズエンジンを採用
カー・アンド・ドライバー
なつかしのホンダ「N360」はラリーカーをオマージュ! 空冷ホンダ車マニアが「ホンダZ GS」からエンジンを移植して仕上げた本気仕様でした
なつかしのホンダ「N360」はラリーカーをオマージュ! 空冷ホンダ車マニアが「ホンダZ GS」からエンジンを移植して仕上げた本気仕様でした
Auto Messe Web
2025年モデルのランドローバー・ディフェンダーが日本での予約受注を開始
2025年モデルのランドローバー・ディフェンダーが日本での予約受注を開始
カー・アンド・ドライバー
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
VAGUE
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
ベストカーWeb
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
バイクのニュース
フランス万歳!全てを兼ね備えたフレンチクラシックの新型「アルピーヌ A110 R」はサーキットでその真価を発揮する!
フランス万歳!全てを兼ね備えたフレンチクラシックの新型「アルピーヌ A110 R」はサーキットでその真価を発揮する!
AutoBild Japan
ブラック×グレーのコントラストでシックにキメたアウディQ2の限定モデルが日本上陸
ブラック×グレーのコントラストでシックにキメたアウディQ2の限定モデルが日本上陸
カー・アンド・ドライバー
ホンダZ(昭和45/1970年10月発売・SA型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト060】
ホンダZ(昭和45/1970年10月発売・SA型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト060】
Webモーターマガジン
もし今あったらけっこういいかも!!……[珍車]から[名車]まで!! [異端児]と呼ばれたクルマ5選
もし今あったらけっこういいかも!!……[珍車]から[名車]まで!! [異端児]と呼ばれたクルマ5選
ベストカーWeb
メルセデスAMGの「超高性能モデル」サーキットでの印象は? ルックスは迫力満点!“闘争心あふれる走り”も新型「GTクーペ」の持ち味です
メルセデスAMGの「超高性能モデル」サーキットでの印象は? ルックスは迫力満点!“闘争心あふれる走り”も新型「GTクーペ」の持ち味です
VAGUE

みんなのコメント

3件
  • b6z********
    30年以上まえ、西仙台ハイランドレースウェイの走行会で一度見たけれど、真後ろからだと普通のカブリオレと全く違う低いスタイルが良く判った。
  • dazzling_freebir
    当時はターボルックの方が人気があり、実際に生産台数も輸入された台数も多かった。
    だからノーマルボディの方が希少で、取引額も断然高い。
    そんなノーマルボディのスピードスターを偶然にも見かけた事があるが、雨天時故に幌が下げており、リアのビニールスクリーン内にあの特徴的なハッチがハッキリ確認出来た。
    あれ、後方視界はほぼ無いと思う。

    カブリオレとは全く違う幌の様相は低く猫背な感じで、911とは別物に見えた。

    964が既に人気を博しており、ティプトロ右ハンドルばっかりの中、ノーマルボディのスピードスターが990万の値札を下げていた時もあった。
    たぶん今は海外だろうが、ひっそりと所有し続けているマニアも少なくない。
    誌面にも貸し出さないから存在自体がミステリー。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

268.013900.0万円

中古車を検索
911の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

268.013900.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村