現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタの「GRスポーツ」、実際どう違うの? アクアとヤリス・クロスを検証 試乗/価格編

ここから本文です

トヨタの「GRスポーツ」、実際どう違うの? アクアとヤリス・クロスを検証 試乗/価格編

掲載 7
トヨタの「GRスポーツ」、実際どう違うの? アクアとヤリス・クロスを検証 試乗/価格編

アクアGRスポーツ どんな感じ?

(「試乗/価格編」ではインプレッションを中心にお届けしよう)

【画像】アクアGRスポーツ、ヤリス・クロスGRスポーツの細部【標準車と比べる】 全82枚

元々アクアは、GA-Bプラットフォーム車では最も穏やかな乗り味となっているが、「アクアGRスポーツ」もその基本特性を引き継いでいた。

高速域での挙動安定やラインコントロール性などの高負荷領域での安心感と扱いやすさを強化した特性。

操舵初期や増舵での反応あるいは切れ味はそれ程でもないが、挙動にもコントロール感覚にも揺らぎが少ない。“面倒がない操りやすさ”とでも言いたくなる。

サスストロークを使って安定を稼ぐタイプなので乗り心地に荒さがなく、細かな突き上げもスポーツモデルとしてはこなれている。

ハイアベ対応型のアクアと捉えれば分かりやすい。

ヤリス・クロス 標準車と比べると?

「ヤリス・クロスGRスポーツ」のフットワークはヤリスに近づけた印象。

SUVパッケージを意識させないホットハッチ的な小気味よさや軽快感を出している。

高い重心や重い車重による挙動の増加・応答遅れをドライバーに意識させない。

オンロード志向のSUVではありがちな手法だが、コンパクトサイズと相まって力でねじ伏せるような強引さはない。だからこそ“ヤリス的な軽快感”もある。

もっとも、乗り心地に関してもヤリス的荒さを意識させる。

荒れた路面では軸周りの細かな振動や突き上げが目立つ。それも好意的に解釈すればスポーツモデルらしさではある。

妙な喩えだが標準モデルが「ヤリス < クロス」ならヤリス・クロスGRスポーツは「ヤリス > クロス」なのである。

2つのGRスポーツ 作り込みの違い

動力性能については、アクアGRスポーツはベース車と同等。

大出力に強い積層電池の利点を活かした即応性と力感が長所で、昂揚感では物足りないが良質な動力性能である。

対してヤリス・クロスGRスポーツは、踏み込み時の加速立ち上げ等で多少切れ味を増加。

エンジン回転数も含めてスポーティな印象も多少深まっているが、パワフルとも言い難く、多様な状況下での扱いやすさを主眼とするのはベース車と変わらない。

「GRMN」は対象外としても「GR」系に準じたスポーツ性を求めるならアクアGRスポーツもヤリス・クロスGRスポーツも薄味に過ぎる。

ただ、その薄味具合が両車の大きな魅力でもある。だが、薄味の妙味は価格とのバランスが難しい。

約35万円 価格差を検証 

アクアGRスポーツは、ベース車(G)に対して36.5万円高、標準系最上級の「Z」の19.5万円高。

同様にヤリス・クロスGRスポーツは試乗したハイブリッド車では、ベース車対比35.6万円高、「Z」対比14.4万円である。

フレームやサスの改良等も考慮すれば、一般的なカスタマイズカーに比べると随分と割安な価格設定だ。

この辺りは他のカタログモデル同様の生産ラインで生産される強味であり、コスト的にはカスタマイズカーと言うより特別仕様に近い。ゆえに、控え目にスポーツ性を高めてカジュアル&プレミアムを深めた意義も強まる。

もちろん、実用性能だけでコスパを量れば割高なのは当然。買い得に思えるのは嗜好的な要素を加味してこそ。

標準系ではファントゥドライブの要素がちょっと物足りないとか、高速・長距離を走らせる機会が多い等々の“一味グレードアップ”を求めるなら、スポーツ濃度も価格も絶妙なバランスだ。

GRスポーツ試乗車 スペック

アクアGRスポーツ

価格:259万5000円
全長:4095mm
全幅:1695mm
全高:1485mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費(WLTC):29.3km/L
CO2排出量:79g/km
車両重量:1160kg
パワートレイン:直列3気筒1490cc+モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力(エンジン):91ps/5500rpm
最大トルク(エンジン):12.2kg-m/3800-4800rpm
最高出力(モーター):59kW(80ps)
最大トルク(モーター):141Nm(14.4kg-m)
ギアボックス:電気式無段変速
乗車定員:5名

ヤリス・クロスGRスポーツ(ハイブリッド/2WD)

価格:275万円
全長:4185mm
全幅:1765mm
全高:1580mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費(WLTC):25.0km/L
CO2排出量:93g/km
車両重量:1190kg(パワーバックドア車)
パワートレイン:直列3気筒1490cc+モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力(エンジン):91ps/5500rpm
最大トルク(エンジン):12.2kg-m/3800-4800rpm
最高出力(モーター):59kW(80ps)
最大トルク(モーター):141Nm(14.4kg-m)
ギアボックス:電気式無段変速
乗車定員:5名

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「フリード」登場! 8年ぶり刷新で“走れるミニバン”へ大進化! 速攻試乗で実感した3つのスゴさとは?
ホンダ新型「フリード」登場! 8年ぶり刷新で“走れるミニバン”へ大進化! 速攻試乗で実感した3つのスゴさとは?
くるまのニュース
「大勝軒」の味を高速道路でも楽しめる! 常磐道「Pasar守谷」へ
「大勝軒」の味を高速道路でも楽しめる! 常磐道「Pasar守谷」へ
バイクのニュース
フェラーリ育成のベアマン、ハースから今季2度目のFP1参加へ。ヒュルケンベルグのマシンをドライブ/F1スペインGP
フェラーリ育成のベアマン、ハースから今季2度目のFP1参加へ。ヒュルケンベルグのマシンをドライブ/F1スペインGP
AUTOSPORT web
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
ベストカーWeb
自作で仕上げたトヨタ「エスティマ」はリップ2枚重ね! プロ顔負けのDIYアクリルワークのカスタムオーディオが自慢です
自作で仕上げたトヨタ「エスティマ」はリップ2枚重ね! プロ顔負けのDIYアクリルワークのカスタムオーディオが自慢です
Auto Messe Web
信号もなきゃ一時停止もなし! 交差点で鉢合わせしたらドッチが先に通行する権利あり?
信号もなきゃ一時停止もなし! 交差点で鉢合わせしたらドッチが先に通行する権利あり?
WEB CARTOP
「DG-010 スローバックメッシュグローブ」がデイトナから発売!
「DG-010 スローバックメッシュグローブ」がデイトナから発売!
バイクブロス
ペインター「SEnR1/センリ」による展示会「SEnR1 ART EXHIBITION in UNITEDcafe INVADING”セタガヤ”」が7/24~8/5開催
ペインター「SEnR1/センリ」による展示会「SEnR1 ART EXHIBITION in UNITEDcafe INVADING”セタガヤ”」が7/24~8/5開催
バイクブロス
NISMOがノート、エルグランド、セレナなどに適合する「ナンバープレートリム」を発売
NISMOがノート、エルグランド、セレナなどに適合する「ナンバープレートリム」を発売
レスポンス
新型BMW X3、スタイリッシュに登場!──GQ新着カー
新型BMW X3、スタイリッシュに登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
日産の新型「クロスオーバーSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECH」登場
日産の新型「クロスオーバーSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECH」登場
くるまのニュース
これからの時期に増える夕立や台風による大雨…いったいなぜ起こる?
これからの時期に増える夕立や台風による大雨…いったいなぜ起こる?
バイクのニュース
ジープ・レネゲード、2027年までにBEV発売へ 安価なLFP電池採用で「約390万円」目指す
ジープ・レネゲード、2027年までにBEV発売へ 安価なLFP電池採用で「約390万円」目指す
AUTOCAR JAPAN
東風汽車、2車種の新型電動SUVを中国発売…最新のEV技術を結集
東風汽車、2車種の新型電動SUVを中国発売…最新のEV技術を結集
レスポンス
日産「ガゼールRS」を新車購入して42年! テレビドラマ『西部警察』で一世を風靡したモデルでラリーマシン「240RS」をオマージュ
日産「ガゼールRS」を新車購入して42年! テレビドラマ『西部警察』で一世を風靡したモデルでラリーマシン「240RS」をオマージュ
Auto Messe Web
トヨタ公認! ランクルTシャツが登場。FJ40、FJ60など4種のイラストに気分があがる【新着ドライブコーデ】
トヨタ公認! ランクルTシャツが登場。FJ40、FJ60など4種のイラストに気分があがる【新着ドライブコーデ】
くるくら
トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
レスポンス
話題の「白バイコスプレおじさん」 何が問題? “警察官”みたいな青服&白バイで道端に…ネットでは賛否両論! 法律的には?
話題の「白バイコスプレおじさん」 何が問題? “警察官”みたいな青服&白バイで道端に…ネットでは賛否両論! 法律的には?
くるまのニュース

みんなのコメント

7件
  • 昨日辺りから一斉にこの車の宣伝が始まったな。大本営から指令でも下ったか?
  • 何も変わらない
    外装内装をちょっと変えてボッタクリ
    騙されるヨタキチがアホ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

80.0318.0万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

80.0318.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村