サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、防護マスクを生産へ コロナ対策で医療現場を支援

ここから本文です

トヨタ、防護マスクを生産へ コロナ対策で医療現場を支援

トヨタ自動車は4月7日、コロナウイルス感染症の拡大に向け、感染の抑制や医療現場の支援を行なっていく方針を打ち出した。具体的には、医療用フェイスシールド(防護マスク)の生産を開始するほか、“トヨタ生産方式”による医療機器メーカーの生産性向上への協力、JPN TAXI車内での飛沫循環の抑制などに取り組んでいく。

トヨタ自動車は、医療現場で防護マスクが不足していることから、その生産に乗り出す。生産は、愛知県のトヨタ自動車貞宝(ていほう)工場にて、週500-600個程度を見込んでいる。なお防護マスクは、試作型や3Dプリンターなどで製作するという。

このほか人工呼吸器については、自社製作ではなく、医療機器に生産性向上のノウハウを提供し、工程改善など分野でサポートを行っていく考えだ。

また、ホテルなどの施設で軽症者の受け入れが進められていくなか、その移送手段として活用できるようにするため、タクシー車両として広く利用されているJPN TAXI車内での飛沫循環を防ぐ方法について検討していく。

このほかグループ内で必要となるマスクを自給自足するため、施設内でのマスクの生産についても検討を進めていくとしている。

日本を代表する自動車メーカーとして名を連ねるトヨタが、そのノウハウや生産力を強みに、猛威を振るうコロナウイルスに立ち向かっていく。その業種の垣根を超えた支援に敬意を表すとともに、事態が少しでも早く改善に向かっていくことに期待したい。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します