現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プラ板の箱組みでこのボディは作れる!アオシマ製プラモ「TT2型サンバー」をディアスに改造・後編【モデルカーズ】

ここから本文です

プラ板の箱組みでこのボディは作れる!アオシマ製プラモ「TT2型サンバー」をディアスに改造・後編【モデルカーズ】

掲載 更新 6
プラ板の箱組みでこのボディは作れる!アオシマ製プラモ「TT2型サンバー」をディアスに改造・後編【モデルカーズ】

パネルバン仕様キットを活かしたハイルーフ

実車の六代目スバル・サンバーとそのプラモデルについては、先に公開した前編(下の「関連記事」参照)にてすでに述べた。ここでお目にかけている作品は、自動車模型専門誌「モデルカーズ」の264号(2018年)にて掲載されたものだが、以下、そのとき作例と併せて掲載された作者自解(制作した森山氏によるもの)をお読みいただこう。

自ら”箱スカ”を所有するクルマ好き社長と建てた、クルマを整備するための新築「ガレージがある家」。【ガレージライフ】

【画像25枚】ボディ細部や内装、ホイール改造など、作例の制作工程を見る!

「今までのトラック特集では日産旧車のピックアップトラックばかり担当してきましたが、今回はうって変わって、現代の軽トラックからワンボックスのバンへの改造です。アオシマのTT1型サンバーをベースにディアスへと仕立ててみました。今回の改造は車体の後ろ2/3を新造する事になりますので、一見難易度が高そうに見えますが、実際のところは、プラ板で切り出したパネルを箱組みしてのハリボテ工作。複雑な面構成ではないので、セダンからライトバンを作るといった改造にも応用できると思います。

ベースとしたのは荷室が箱状のパネルバン。当初は標準の平ボデーをベースにするつもりでしたが、パネルバン仕様はキャビンがハイルーフとなっており、ルーフの高さがバンと同じということに気づいて、急遽変更いたしました。平ボデーの方をベースにする場合は、さらに屋根を嵩上げする必要が生じますのでご注意ください。仕様としては、2011年に用意された50周年記念限定車、WRブルー・リミテッド(トラックとディアス双方に設定)として制作しております。

実車のサンバーは、そもそもスバル360のコンポーネンツを元に作られたキャブオーバートラック/バン。軽トラックや軽乗用車の主流がFRからFFに移っていく中、サンバーは歴代を通してRR駆動を踏襲。キャブオーバートラックとしては他に例を見ない四輪独立懸架を、乗用車でも採用例があまりなかった当時の初代から採用し、その操縦安定性の良さから『農道のポルシェ』とも言われたものです。

さらに、スバルのお家芸とも言える4WDを1980年以降展開し、悪路や雪道での走破性と実用性の高さから他社もこれに追随するなど、独特の地位を築きました。しかし2012年、スバルの軽自動車撤退によりダイハツ・ハイゼットのOEMとなり、その血筋は途絶。固定ユーザーの多いことや、ハイゼットに競合他社との差別化が少ないことを考えると、売れ行き具合いから袂を分かった方がいいのでは、とも思えるのですが……。

キット化されないなら自分で改造してみよう
アオシマのキットは、1999年にデビューした六代目の、2009年以降の最終モデル。単体でもディスプレイしたくなるほどのシャシーの精密再現(実際やるには、省略されているエンジンの一部を作る必要がありますが)には度肝を抜かれたものです。WRブルー・リミテッドや赤帽、消防車など多彩なバリエーション展開もされましたが、残念ながらワンボックスのバンは未だにリリースされておらず、それも制作したかった理由のひとつです。

今回も、デカールの制作でご協力頂きましたSMP24様に、この場をお借りして御礼申し上げます。今回の作例から、皆様にとっても何かしらのヒントが見つかれば幸いです」

こんな記事も読まれています

トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
くるまのニュース
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
AUTOSPORT web
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
ベストカーWeb
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
Auto Messe Web
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
WEB CARTOP
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
日刊自動車新聞
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
カー・アンド・ドライバー
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
レスポンス
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
ベストカーWeb
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
motorsport.com 日本版
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
くるまのニュース
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
バイクのニュース
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
ベストカーWeb
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
レスポンス
YARTカネパ「バイクもタイヤも素晴らしかった」ヨシムラのブラック「タイムを更新すると思っていた」/EWCル・マン24時間 予選トップ3会見
YARTカネパ「バイクもタイヤも素晴らしかった」ヨシムラのブラック「タイムを更新すると思っていた」/EWCル・マン24時間 予選トップ3会見
AUTOSPORT web
えっ…1泊10万円!? レクサスが「豪華キャンプ」開催! ゴツい「新型GX」展示&試乗出来る非日常の世界、6月に
えっ…1泊10万円!? レクサスが「豪華キャンプ」開催! ゴツい「新型GX」展示&試乗出来る非日常の世界、6月に
くるまのニュース
ツーリング中よく出会う「ガードレール」! 色んな形状があるって知ってる?
ツーリング中よく出会う「ガードレール」! 色んな形状があるって知ってる?
バイクのニュース

みんなのコメント

6件
  • kur********
    題名につられて読んでいっても製作過程の画像が見られない。
    がっかりして損した気分。
    今後はクリックしないぞ。
  • motorider
    (アオシマの)サンバートラックSCスーパーチャージャーのブラモデルを買ったのにデカールにスーパーチャージャーのデカールが入っていなかった!何故?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

104.5188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.1530.0万円

中古車を検索
サンバーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

104.5188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.1530.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村