現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 約2300万円でBMW「M3スポーツ エボリューション」が落札! 予想が3000万円前後だっただけに不本意な結果だった!?

ここから本文です

約2300万円でBMW「M3スポーツ エボリューション」が落札! 予想が3000万円前後だっただけに不本意な結果だった!?

掲載 12
約2300万円でBMW「M3スポーツ エボリューション」が落札! 予想が3000万円前後だっただけに不本意な結果だった!?

いまなおBMWファンには憧れの1台

2023年11月4日、RMサザビーズがドイツ・ミュンヘンで開催したオークションにおいてBMW「M3 スポーツ エボリューション」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

3000万円オーバーで落札! BMW「M3スポーツ・エヴォリューション」でもドイツ本国で8台のみという装備の組み合わせとは

DTMで大活躍したM3

BMWのファンにとって、今もなお記憶に残るサーキットでの勇姿といえば、1982年からグループAカテゴリーで行われることが決定したヨーロッパ・ツーリングカー選手権(ETC)や、それを受け継いだドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)ではないだろうか。

グループAカテゴリーとは、連続する12カ月間に5000台以上(のちにそれは2500台に改められるが)の生産を行った、4シーター以上のシートを持つモデルによるもので、レースに出場するための改造もかなり狭い範囲に限られていた。スポーツイメージを重視するBMWが、それに興味を示さないわけはなかった。

直接のライバルはもちろんメルセデス・ベンツ。1983年には190E 2.3-16をデビューさせグループAの公認を得ると、その後も2.5-16、エボリューションI、エボリューションIIと進化させていった。

一方のBMWが、グループAレースのためにE30型M3で公認を得たのは1986年のことである。E30型3シリーズの2ドアセダンをベースにするとはいえ、そのボディデザインは大幅に変更され、よりワイドなタイヤを装着するためにブリスターフェンダーを採用するなど、スタンダードなE30型3シリーズと共通のボディパネルは、ボンネットとルーフパネルを残すのみになった。

エアロダイナミクスをさらに改善するため、Cピラーの角度を変更しトランクをハイデッキ化。大型のリアウイングを装備したのも最初のE30型M3の特徴だった。

エンジンは2.3Lの直列4気筒で最高出力は195ps。ゲトラグ製レーシングパターンの5速MT、もしくはZF製ノーマルパターンの5速MTのいずれかがこのエンジンには組み合わされた。

1990年用マシンの公認を得るために登場したスポエボ

だがレースの世界では、シーズンごとに常にマシンの進化が求められるのが必然だ。それはBMWにとっても例外ではなく、1987年用に開発された「M3エボリューションI」には専用の大型フロントスポイラーが与えられたほか、エンジンのチューニングがさらに進められ、最高出力は210psに。

翌1998年用の「M3エボリューションII」では、その数字は220psにまで高められた。そしてE30型M3の最終発展型ともいえるのが、1990年用マシンの公認を得るために(スポーツ・エボリューション規定により、1990年当時は500台を生産することで、それが可能だった)「M3スポーツ エボリューション」だったのだ。

1990年の1月から3月にかけて600台が生産されたM3スポーツ エボリューションの最大のトピックは、搭載される直列4気筒エンジンの排気量が、レギュレーション(グループA・ディビジョン2)の最大値に近い2467ccにまで拡大されたこと。

最高出力は238psを達成するに至り、市販モデルでもその重量は1200kgと驚くべき軽量性を実現した。0−100km/h加速は6.5秒、最高速は248km/hというのが、市販モデルでの公称データ。調整可能なフロントスプリッターやリアウイング、ワイドなフロントバンパーの開口部、フォグランプは取り外され、その代わりにブレーキ冷却用のダクトが設けられるなど、さらに走りへの対応を万全のものとしたM3スポーツ エボリューションは、現在でももちろんBMWファンには憧れの1台だ。

今回のミュンヘン・オークションで、RMサザビーズは1992年式のM3スポーツ エボリューションに18万~20万ユーロ(邦貨換算約2934万円~3260万円)のエスティメートを提示。多くのゲストが見守る中、オークションは進んだが、落札価格は14万3750ユーロ(同2340万円)にとどまった。最近行われたフルレストアで、オリジナルのジェット・ブラックのボディは再塗装されるなど、コンディションは十分に納得できるものだっただけに、この落札価格は出品者にはやや不満の残るところだったかもしれない。

こんな記事も読まれています

トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
くるまのニュース
自転車の空気入れでもOK? バイクのタイヤへ空気を入れる方法
自転車の空気入れでもOK? バイクのタイヤへ空気を入れる方法
バイクのニュース
V6水素エンジンで340馬力超 次世代スーパーカー市販化の可能性 アルピーヌ公道走行も可
V6水素エンジンで340馬力超 次世代スーパーカー市販化の可能性 アルピーヌ公道走行も可
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
Auto Messe Web
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
レスポンス
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
レスポンス
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
バイクのニュース
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
くるまのニュース
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
motorsport.com 日本版
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
カー・アンド・ドライバー
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
くるまのニュース
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
WEBヤングマシン
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
バイクのニュース
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
レスポンス
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
WEB CARTOP
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
日刊自動車新聞
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

12件
  • nom********
    この頃のDTMのクルマたちはカクカクしててかっこ良かったな。
    今のクルマに無い魅力がありますね。
    お金とガレージがあるなら是非とも欲しいです。
  • gtr********
    近所にE30を持ってる人が居るんだけど、今見るとあまりに小さくて驚くけど、このくらいの大きさが一番いいなと思う。
    最近のM3と比べるととにかく軽そうで運転が楽しそう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

536.2563.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

82.5175.0万円

中古車を検索
CCの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

536.2563.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

82.5175.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村