現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディTTの歴史を締めくくる記念モデル「TTクーペ・ファイナルエディション」が日本デビュー

ここから本文です

アウディTTの歴史を締めくくる記念モデル「TTクーペ・ファイナルエディション」が日本デビュー

掲載
アウディTTの歴史を締めくくる記念モデル「TTクーペ・ファイナルエディション」が日本デビュー

 アウディ・ジャパンは2023年5月30日、アウディTTのフィナーレを飾る記念モデルの「TTクーペ・ファイナルエディション(TT Coupé final edition)」をラインアップし、同日より発売した。車両価格は793万円の設定で、販売台数は200台の限定だ。

 アウディのプレミアムコンパクトクーペに位置するTTは、ブランドのアイコンモデルとして1998年に初代が登場して以来、3世代に渡って進化。合計世界販売台数は50万台を超え、独創的なデザインにより、世界中のコンパクトクーペに大きな影響を与えてきた。現在も依然として強い個性を放つが、いよいよその歴史の最終章を迎え、生産終了が間近に迫っている。

アウディTTのフィナーレを飾る記念モデルの第1弾「TTSクーペ・メモリアルエディション」が日本上陸

 今回登場した「TTクーペ・ファイナルエディション」は、そのTTの車歴を締めくくる記念モデルで、本年4月20日に限定100台で発売した「TTSクーペ・メモリアルエディション(TTS Coupé memorial edition)」に続く特別仕様に位置する。ベースモデルは既存のTTクーペ45TFSIクワトロで、スポーツモデルにふさわしい軽量かつ高剛性なアルミニウムとスチールの複合構造のASF(アウディスースフレーム)ボディに、最高出力245ps/5000~6500rpm、最大トルク370Nm/1600~4300rpmを発生する“2.0TFSI” 1984cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボエンジン+7速Sトロニックトランスミッションを搭載。駆動機構にはquattro(クワトロ)4輪駆動システムを採用している。

 エクステリアについては、精悍なブラックでディテールを統一したことが訴求点。S lineパッケージ(S lineエクステリアロゴ/S lineバンパー/ハイグロスブラック・ラジエーターグリル/プラチナムグレー・リアディフューザー)、ブラックAudi rings&ブラックハイグロススタイリングパッケージ(ブラックAudi rings/ブラックハイグロススタイリングパッケージ/エクステリアミラーハウジングハイグロスブラック)、RSデザインのリアスポイラー、ブラックテールパイプ、Audi Ringsデコラティブフィルム、Audi Sport製9J×20アルミホイール10Yスポークデザインブラックポリッシュト+255/30R20タイヤ、カラードブレーキキャリパー(レッド)などを装備して、スポーティでアグレッシブな印象を高める。さらに、マトリクスLEDヘッドライトやアウディマグネティックライド、プライバシーガラス、クルーズコントロールを標準で組み込んで機能性をアップ。ボディカラーはグレイシアホワイトメタリック、クロノスグレーメタリック、タンゴレッドメタリック、ターボブルーの4色を設定した。

 インテリアについては、上質なマテリアルにビビッドなアクセントカラーを施して、スポーティな雰囲気と質感の高さを絶妙に調和させたことが特徴だ。RSデザインパッケージによりダイヤモンドパターンのアルカンターラとレザーを組み合わせたSスポーツシートには、ボディカラーに合わせてレッド(グレイシアホワイトメタリック、クロノスグレーメタリック、タンゴレッドメタリックのボディカラーと組み合わせ)またはブルー(ターボブルーのボディカラーと組み合わせ)のカラーステッチとシートサイドパネルを採用。シートベルトエッジ、エアコンのインナーリングおよびセンターコンソールパネルにも同様のカラーリングを配する。また、センターマーカー付きRSステアリングホイールやレザー仕様のドアアームレストおよびセンターコンソール、アルカンターラ素材のシフトノブ、センターレブカウンター表示のスポーツモードを有するバーチャルコックピットプラスを特別装備。さらに、コンフォートパッケージとしてフロントシートヒーター/センターアームレスト/アウディサイドアシスト/前後アウディパーキングシステム/リアビューカメラ/アウディホールドアシスト/エクステンデッドアルミニウムルックインテリアを、S lineパッケージとしてフロントシート電動調整機能/S lineステアリングロゴ/ドアシルトリム S line/マットブラッシュトアルミニウム・デコラティブパネルを標準で配備した。

 なお、TTクーペ・ファイナルエディションは限定販売台数200台のうち、タンゴレッド25台とターボブルー25台をオンラインで予約販売する。期間は本年5月30日から6月11日まで実施。オンラインでの成約記念特典として、限定50足で「Audi×Onitsuka Tigerコラボレーションスニーカー」をプレゼントするという。

こんな記事も読まれています

スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
くるまのニュース
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
AUTOCAR JAPAN
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
Auto Messe Web
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
バイクのニュース
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
日刊自動車新聞
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
motorsport.com 日本版
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
くるまのニュース
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
バイクのニュース
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
レスポンス
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
LE VOLANT CARSMEET WEB
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
カー・アンド・ドライバー
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
motorsport.com 日本版
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
バイクのニュース
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
くるまのニュース
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
レスポンス
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
ベストカーWeb
ファッションの世界から着想を得た「DS COLLECTIONモデル」の「DS3 Esprit de Voyage」が日本上陸
ファッションの世界から着想を得た「DS COLLECTIONモデル」の「DS3 Esprit de Voyage」が日本上陸
カー・アンド・ドライバー
〈2024春闘〉ホンダとマツダ、回答指定日を待たず満額回答 過去最高水準の賃上げ
〈2024春闘〉ホンダとマツダ、回答指定日を待たず満額回答 過去最高水準の賃上げ
日刊自動車新聞

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

518.0793.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8770.0万円

中古車を検索
TT クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

518.0793.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8770.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村