現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【実車でカートコース爆走】 どんなコースも全開がF1ドライバーの性 アルピーヌイベントレポ

ここから本文です

【実車でカートコース爆走】 どんなコースも全開がF1ドライバーの性 アルピーヌイベントレポ

掲載
【実車でカートコース爆走】 どんなコースも全開がF1ドライバーの性 アルピーヌイベントレポ

アルピーヌ・ジャポン主催イベントがお台場で開催

4月2日、東京はお台場、シティ・サーキット東京ベイで、F1鈴鹿戦を前にアルピーヌ・ジャポンが、エステバン・オコン選手とリザーブドライバーのジャック・ドゥーハン選手2人の記者会見、そしてデモランを行った。

【画像】F1鈴鹿を前にアルピーヌ・ジャポン主催イベントがお台場で開催 その様子を写真で 全173枚

じつはこの日は、アルピーヌ・ジャポン主催によるメディア対抗EVカートレースとF1ドライバーたちの会見という2部構成のプログラムだった。だが運悪く道路混雑により、予定の18時にアルピーヌ・レーシングのF1ドライバーの2人が間に合わなくなり、30分ほどの遅延が告げられた。

ところが何という巡り合わせだろう、同時に日本を訪れていたジャックの父であり、かつてモーターサイクルの最高峰でGP500ccクラスのチャンピオンに輝いた、生きるレーシング・レジェンドのミック・ドゥーハンが急遽、ステージでトークを務めることになったのだ。まるで雑談のような質疑応答は、ジャックとの親子、そしてレーサーとしての関係に及んだ。

なぜジャックが2輪ではなく4輪を選んだかといえば、5歳の時に2輪のダートトラックで指をひどく怪我したのがきっかけ。ドゥーハン父も右足など負傷は多々経験していたため、家族内で微妙な空気が流れたところ、友人であるミハエル・シューマッハが4輪のカートを勧めてくれたのだとか。

「別に彼が夢中になって打ち込めるスポーツなら、モーターサイクルでなくても、サーフィンでもバスケットでも何でもよかった」と父の顔も覗かせつつ「シューマッハが様々にサポートしてくれたこと」に感謝していると、ミックは述べた。やはり偉大なチャンピオン2世ともなると、単なる負けず嫌いに留まらない、泣かせるいい話だった。

遅延した2人がようやく登場

瞬く間に30分が経過して、A110Sに乗ってエステバン・オコンとジャック・ドゥーハンの2名が到着した。

着替えてステージに上がった二人は、到着早々に日本を楽しんでいる模様。

ドリフト好きと自称するオコンは「5歳の時にプレステ3で友達と遊んで以来、筑波でドリフトするのが憧れなんだ。いつも日本GPは秋開催だったから、タイヤの温度データとか気を使うことは多々あるけど、桜の季節に来たのは初めてで素晴らしいね」

対してジャック・ドゥーハンは、シーズン序盤のオーストラリアGPで父と走ったデモランの感想を求められ「すごく特別な体験。最初、彼は2輪でぼくは4輪という話もあったけど、万が一が怖いし、あれだけチャンピオンを獲った人と一緒に走るのは身の引き締まる想いだった」と、プロフェッショナルな側面からもコメントを述べた。

トークもそこそこに、この日のメインともいえるデモランへ。

いかにF1ドライバーといえ、狭いカートコースでカーボンパーツとアルミパネルの塊であるA110Rをふり回すなんて…想定外でした、てへペロ的な言い訳の許されない昨今、日本に1台しかないA110Rチュリニの広報車を預かるジャポン担当者の苦悩たるや、察するに余りある。

しかも盛り上がる場の雰囲気とはいえ、ジャックのEVカートのタイムが表示された直後で、MCによる説明はオコンとA110Rチュリニによる「デモラン」ではなく「タイムアタック」にいつしかエスカレートしていた。

断片的とはいえオコンも聞き取っていただろう。

カートコースを実車で…

まずは練習走行から、タイトなコースをオコンはまるでジムカーナのように、ロックとフル加速を駆使しながら攻め始めた。

オフィシャルのSNS動画のカメラマンを助手席に乗せて数ラップした後、いよいよアタック。そのうちESTEBAN OCON TOKYO A110Rとでも検索すれば、公式の車載目線の動画も観られるだろう。

それにしても、先ほどより1段上がったペースで攻めているのに、スキール音をほとんど鳴らさず、狭いコース幅でウォールに対しては握りこぶし二つ分ぐらいのマージンを残しながら、A110Rチュリニが躍動する。

当初はアルピーヌ・ジャポンのスタッフでさえ無理筋と考えていたが、計測タイムが表示されて誰もが驚いた。この日の第1部、プレス対抗レースで係員として動いてくれた金本きれい選手が持つコースレコード、30秒452に約コンマ3秒にまで迫る30秒768を、オコンとA110Rチュリニは打ち立ててしまったのだ。

いくら真剣に走ることがウケるとはいえ、EVカートのサーキットで素晴らしく大人げない本気ぶり。A110RのRは「ラディカル」のRという売り文句も思い出した。このボケ/ツッコミなのか分からない過激さというか、トラウマになりそうな可笑しさが、フランス人っぽいユーモアでもある。

思えば、タイトなつづら折りを攻め倒すのは、まさにチュリニ峠辺りでのA11Oの伝統芸で、コーナーがタイトで条件が厳しいほどに力を発揮するのが、アルピーヌ本来の姿であることを、オコン超一流の遊びゴコロとプロフェッショナリズムは示してくれた。願わくば、数年後に登場するであろうA110のEV版でも、再びお台場でデモランを実現して見せて欲しいものだ。

鈴鹿でのF1本番というかレースはこれからだが、もう2024年は「オコンがお台場ですんごいデモランをやった年」として記憶されるだろう。

毎度、際どい企画を、車のポテンシャルとマンパワーで超越してしまって想像以上のオチがつくという顛末も、アルピーヌの伝統だ。ルーティンからハミ出たところでこそ伝説が生まれるとは、こういうことなのだ!

こんな記事も読まれています

誰もがサーキットを楽しめる一日! 「走る!」「見る!」「体験する!」クルマイベント「SUGOスピードフェスティバル2024」
誰もがサーキットを楽しめる一日! 「走る!」「見る!」「体験する!」クルマイベント「SUGOスピードフェスティバル2024」
LE VOLANT CARSMEET WEB
フェラーリSF90 XX スパイダーへ試乗 胸が打たれるほど「公道」で素敵 HVの総合1030馬力!
フェラーリSF90 XX スパイダーへ試乗 胸が打たれるほど「公道」で素敵 HVの総合1030馬力!
AUTOCAR JAPAN
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
AUTOCAR JAPAN
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web
F1第7戦木曜会見:独特の雰囲気と歴史、追い抜きの難しさ。オールドサーキットのイモラにドライバーは賛否両論
F1第7戦木曜会見:独特の雰囲気と歴史、追い抜きの難しさ。オールドサーキットのイモラにドライバーは賛否両論
AUTOSPORT web
土台は『ラジコン×陸上』! 異色キャリアの奥本隼士がレース歴数年で“カートあがりドライバー”と渡り合える理由
土台は『ラジコン×陸上』! 異色キャリアの奥本隼士がレース歴数年で“カートあがりドライバー”と渡り合える理由
motorsport.com 日本版
MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
AUTOCAR JAPAN
マツダが広げるレースの裾野! バーチャルからリアルへとドライバーを引き上げるプログラムに密着した
マツダが広げるレースの裾野! バーチャルからリアルへとドライバーを引き上げるプログラムに密着した
WEB CARTOP
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
AUTOCAR JAPAN
若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ
若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ
ベストカーWeb
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
AUTOCAR JAPAN
クルマ、何に乗ってるの? 僕たちの愛車紹介 #07【番外編】|NDロードスター&マツダ デミオ
クルマ、何に乗ってるの? 僕たちの愛車紹介 #07【番外編】|NDロードスター&マツダ デミオ
くるくら
【独占速報】ヤマハXSR900 GP試乗「サーキット編」YZR500デザインなら、スーパースポーツを追い回せる!?
【独占速報】ヤマハXSR900 GP試乗「サーキット編」YZR500デザインなら、スーパースポーツを追い回せる!?
モーサイ
レースの楽しさを思い出させてくれた1戦!イギリス選手権のスーパースポーツクラスにスポット参戦 レーシングライダー大久保光のレースレポート
レースの楽しさを思い出させてくれた1戦!イギリス選手権のスーパースポーツクラスにスポット参戦 レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
WEC第2戦の取材でイタリア・イモラに行くも、4月なのに道中で吹雪に見舞われるなんて! フェラーリミュージアムも堪能!【池ノ内ミドリのジャーマン日記】
WEC第2戦の取材でイタリア・イモラに行くも、4月なのに道中で吹雪に見舞われるなんて! フェラーリミュージアムも堪能!【池ノ内ミドリのジャーマン日記】
LE VOLANT CARSMEET WEB
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
AUTOCAR JAPAN
“クルマ好き憧れのブランド”の真価を体験!「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」に行ってみた!! 最新「911」の運転体験に気分がアガる
“クルマ好き憧れのブランド”の真価を体験!「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」に行ってみた!! 最新「911」の運転体験に気分がアガる
VAGUE

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索
A110の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村