現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 2024初売り 狙うべき注目車はこれ!【トヨタ・ノア&ヴォクシー】

ここから本文です

2024初売り 狙うべき注目車はこれ!【トヨタ・ノア&ヴォクシー】

掲載 更新 6
2024初売り 狙うべき注目車はこれ!【トヨタ・ノア&ヴォクシー】



この冬、新車購入を考えているならば、勝負は年明けの1月がベスト。特に1月第一週の「初売り」セールは、良い条件が出る可能性が高く、積極的にディーラーを訪れるべき。ここでは2024初売りで狙うべき一台、トヨタ・ノア&ヴォクシーをピックアップ! ミドルミニバンを狙っているならば、ぜひご検討あれ!

扇状のゆったりソファーが超快適! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー

●まとめ:月刊自家用車編集部

納期遅れは値引き額でカバー! 買い得感でも勝負できる人気ミニバン

トヨタ
ノア
価格:267万~389万円

ヴォクシー
価格:309万~396万円

・最新購入情報
車両本体目標値引き額:27万円
納期の目安:6~12か月
リセール予想:B+


納車は変わらず厳しい状況だが、そのデメリットを値引きの拡大でカバーしてくれる傾向が強い。付属品を含んだ値引きだと30万円は十分に狙うことが可能。商談のライバルとしてはステップワゴンやセレナになるが、セールスマンは思ったよりも反応はしない。経営資本が異なるトヨタのディーラーを競い合わせる「同士競合」を狙うのがオススメだ。納期はガソリン車なら6か月~、ハイブリッド車なら10か月~というのが目安になっている。

―― ノアは標準ボディ車とエアロボディ車(写真)を選択可能。このモデルは「S-G」。

―― ノアの標準仕様車。このモデルは「HEV Z」。

どんなクルマ?
全長☓全幅☓全高:4695☓1730☓1895mmのミドルサイズに、広いキャビンをパッケージした1BOX型ミニバン。ファミリー層をメインターゲットにする、ミニバンの基本コンセプトに忠実なモデルだ。クラストップレベルの実用燃費を実現するHEV(ハイブリッド)や、駐車からロングドライブまで幅広く対応する運転支援機能の充実ぶりなど、装備機能の充実ぶりも人気を集める理由のひとつ。先代に比べると上級グレードは少し割高にも思えるが、ベーシックグレードの実用性の高さは大きな魅力になっている。

―― ヴォクシーはエアロボディ車のみの設定。このモデルは「S-Z」。

走り&パワートレーンについて
基本的には多人数乗車など負荷の大きな走りでの安定性を重視しているが、歴代モデルの中では最も乗員快適性に優れており、特に路面からの振動や騒音は大きく減少している。動力性能はHEVが上位設定で、実用域から高速走行、登坂などで1ランク上の余裕を示すのだが、ガソリン車の余力感や実燃費も内燃機車としてはかなりの優等生。高速走行などでの高負荷走行の機会が多いならばHEVをオススメするが、街中中心という使い方ならばガソリン車でも十分だ。

オススメのグレードは?
ノア ハイブリッドG(2WD)
価格:332万円


まずパワートレーン選びに関しては、ノアの場合だと、HEVとガソリン車の価格差は約35万円。HEVは動力性能と燃費の2つで1ランク上の性能を持つので、この価格差は出していい出費と言えるだろう。

グレードは、HEVもガソリン車も「X」「G」「Z」と、エアロ仕様の「S-G」「S-Z」を設定(ノアの場合)。「S-G」と「S-Z」は、内外装を専用デザインとしたスペシャリティ志向のグレードで、基本的な装備機能は標準ボディの「G」「Z」と同じと考えていい。

ミニバンとしての基本性能の高さは、ベーシックな「X」でも実感できるが、「X」はディスプレイオーディオがOPで、ホイールもスチール仕様、さらに内装加飾もシンプル仕立てと装備内容が少し見劣りしてしまう。

装備と価格のバランスが良いのは、その上にくる中間グレードの「G」。「X」に対して約30万高になるが、標準装備となるものが増えることで「X」で不満に感じていた部分の大半をカバーしてくれる。最上級の「Z」は、バックモニターの標準化やメーター液晶の大型化(7インチ)、トリム類&シートのハーフレザー仕様への変更、パワースライドドアが両側対応と装備水準がさらに高まるが、「G」に対して約30万円高。価格と装備のバランスの良さは「G」の方が上だ。

こんな記事も読まれています

今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
motorsport.com 日本版
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
AUTOSPORT web
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
motorsport.com 日本版
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
AUTOSPORT web
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ベストカーWeb
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
AUTOSPORT web
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
ベストカーWeb
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
Auto Messe Web
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
カー・アンド・ドライバー
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
AUTOCAR JAPAN
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
AUTOSPORT web
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
AUTOSPORT web
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
Auto Messe Web
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
AUTOCAR JAPAN
レッドブル、タイヤ戦略でも一歩リードか。ライバルを絶望させる1セットの新品ソフトタイヤ
レッドブル、タイヤ戦略でも一歩リードか。ライバルを絶望させる1セットの新品ソフトタイヤ
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

6件
  • 翔太
    2025年に一部改良モデルが発売されるので現時点でオーダーを受け付けていない販売店もあるそうです。
    お世話になっている販売店の会社からは残りのオーダー数分が30台程だと聞いています。
  • あたっぷ
    いや、受注停止だよ。基本的に。
    初売りで売れないよね。
    記事書く前に調べた?


※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.0351.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.8559.0万円

中古車を検索
ノアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.0351.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.8559.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村