現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】スズキ・ソリオバンディット「コンパクトボディにオリジナルアイデアを満載」

ここから本文です

【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】スズキ・ソリオバンディット「コンパクトボディにオリジナルアイデアを満載」

掲載 15
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】スズキ・ソリオバンディット「コンパクトボディにオリジナルアイデアを満載」

フルハイブリッドとマイルドハイブリッドを設定。オリジナリティが楽しい

 ソリオ/ソリオバンディット(以下ソリオ)がヒットしている理由。これはもうズバリ! このクルマを使うターゲットやシーンを綿密に想定し、利便性高く作り込んでいるからという、至極真っ直ぐな姿勢にあると思います。

【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダe「RR独特のドライビングファン、航続距離もOK」

 コレ1台あれば全部まかえちゃうというくらい、どんなシーンでも便利ということを語るための注目ポイントは、まず絶妙なボディサイズ感です。

 ソリオはカテゴリー的にはコンパクトカーに属するクルマです。このカテゴリーは全長4m以下、全幅1.7m以下というのが、なんとなくセオリーになっているのですが、ソリオの全長は3790mmと少し短め。全幅は1645mmと少し幅狭なんですね。名だたるコンパクトカー、たとえばフィットもヤリスもセオリーをギリギリ攻めたサイズ感となっています。

 では、今度は軽自動車と比べてみましょう。スーパーハイトワゴンのスペーシアを例に取りますと全長3395mm、全幅1475mm。つまりソリオは軽とコンパクトカーの中間のサイズなんですよね。

「スライドドアがいいんだけど、軽だと4名しか乗れないでしょう。近所の道は狭くて両側に側溝があって、大きいクルマだと怖いの」なんていうユーザーにまさにピッタリ。5ナンバー枠ギリギリまで攻めずに、アイポイントが高めだから、感覚的にも実際にもとにかく取り回しがイイんです。トレッドが軽より広いから安定感に差が出て、安心してワインディングロードもしっかり走れるレベルに作り込まれているんですよね。

 そこはさすが、このカテゴリーのパイオニアといったところ。長い間独壇場だったのですが、いまはガチンコライバルも登場している中、未だソリオにしかできないことがあります。それは助手席下のバケツ……もそうなのですが(笑)、実は助手席背もたれの前倒し機構、これはソリオにしかありません。併せて後席の背もたれも倒すと、相当な長尺物が積めちゃいますし、倒してマットを敷けば、ほぼベッドになります。逆に助手席&運転席の背もたれを後方水平に倒し、併せて後席を165mmスライド&リクライニングさせればフルフラット空間に。

 センターウォークスルーも可能なうえ、室内高が高いので、後席の方のお世話から車中泊まで、どんなシーンにもマッチするんです。

 そのうえ、ロングドライブ派にピッタリのフルハイブリッドと、街中メイン派に使いやすいマイルドハイブリッドの両方がラインアップされていて、ライフスタイルに合わせてのチョイスが可能なのもうれしいポイント。両車ともに安全装備も抜かりなしと、もうツッコミどころがないくらい便利なんですよ。

 結論。ソリオ&ソリオバンディットのヒットの真相は、一度使うともう抜け出せなくなるほどの利便性の高さと室内の広さ、そして適度なサイズ感、これに尽きるでしょう。ホント許されるなら、手元に置いておきたいくらい便利な1台です。

ヒットの真相

1)コンパクトなボディサイズと広い室内空間を両立。後席両側スライドドアや前後左右ウォークスルーの採用など使い勝手に優れる

2)アイポイントが高くガラスエリアが広いので、見晴らしがいい。最小回転半径4.8mと取り回し性にも優れていて運転しやすい

3)助手席背もたれの前倒し機構など、競合車にはないソリオだけのアイデアが光る。相当な長尺物が積めるほか、自由な空間が作れる

■主要諸元

グレード=ハイブリッドMV
価格=212万5200円
全長×全幅×全高=3790×1645×1745mm
ホイールベース=2480mm
トレッド=フロント:1435×リア:1440mm
最低地上高=140mm
車重=1000kg
エンジン=1242cc直4DOHC(レギュラー仕様)
型式=K12C
燃料タンク容量=32リッター
最高出力=67kW(91ps)/6000rpm
最大トルク=118Nm(12.0kgm)/4400rpm
モーター最高出力=2.3kW(3.1ps)
モーター最大トルク=50Nm(5.1kgm)
WLTCモード燃費=19.6km/リッター (市街地/郊外/高速道路:16.2/20.2/21.1)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=165/65R15+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=4.8m

●今回の試乗車のグレードは、ソリオバンディット ハイブリッドMVの2WDモデル。ボディカラーはタフカーキメタリック×ガンメタリック2トーンルーフ(4万4000円)で、メーカーオプションとして、全方位モニター付メモリーナビゲーション(18万7000円)を装着している。2023年5の一部仕様変更で、車線を逸脱しそうになった際にドライバーのステアリング操作を支援する車線逸脱抑制機能(LDP)の採用やパワースライドドア予約ロック機能にリクエストスイッチ連動機能を追加している

たけおかけい/各種メディアやリアルイベントで、多方面からクルマとカーライフにアプローチ。その一方で官公庁や道路会社等の委員なども務める。レースやラリーにもドライバーとして長年参戦。日本自動車ジャーナリスト協会・副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

こんな記事も読まれています

「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
レスポンス
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
くるまのニュース
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
バイクブロス
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
AUTOCAR JAPAN
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
WEB CARTOP
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
LE VOLANT CARSMEET WEB
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
乗りものニュース
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
くるまのニュース
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
Webモーターマガジン
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
日刊自動車新聞
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
AUTOSPORT web
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
バイクブロス
インフィニティの最上位SUV『QX80』新型、プロトタイプの写真…実車はニューヨークモーターショー2024で発表へ
インフィニティの最上位SUV『QX80』新型、プロトタイプの写真…実車はニューヨークモーターショー2024で発表へ
レスポンス
スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
くるまのニュース
機能性抜群!ゴールドウインのグローブ『GORE-TEX CE Control Gloves』をご紹介するよ~高梨はづきのきおくきろく。~
機能性抜群!ゴールドウインのグローブ『GORE-TEX CE Control Gloves』をご紹介するよ~高梨はづきのきおくきろく。~
バイクのニュース
大迫力! F1のチャンピオンマシン「RB19」を至近距離で…東京オートサロン2024
大迫力! F1のチャンピオンマシン「RB19」を至近距離で…東京オートサロン2024
レスポンス

みんなのコメント

15件
  • 先先代のと先代のソリオ、現行のバンディットに乗ったけど、現行のバンディットは不思議な事にかなりアイポイントが高く感じる。
    感覚的には現行>先先代>先代という順番で高く感じる。
    でも先先代が本当は地面からの距離としてはアイポイントが一番高い。
    先代は車体に対して座面が一段下がっただけの様に感じた。
    現行はフロントのボリューム感があって先先代より大きな車に乗ってる感覚。それでいて小回りが効くのでなんか不思議な感覚になる。
    で乗りやすさという点では先代が一番乗りやすい。実際サイズは現行の方が少し大きいから当たり前だけど最小小回りも先先代より小さくなって現行と同じ。それでいて先先代と同じくらい感覚的にコンパクトに感じる。先先代も感覚的には軽自動車とそんなに変わらない位のサイズ感なのに思ったより曲がらない、ハンドルが切れないのが惜しかった。
    先代の感覚的なアイポイントの低さは長距離や高速での疲労感が軽減される。
  • たまらん
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.8177.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索
ソリオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.8177.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村