サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩

ここから本文です

 先代N-BOXが一躍人気になったことで売れ行きを伸ばした

 2020年度(2020年4月から2021年3月)の軽自動車届け出台数を見ると、ホンダN-BOXが19万7900台を達成して1位になった。2位はスズキ・スペーシアで14万5319台、3位はダイハツ・タントで12万8218台だ。

N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

 過去を振り返るとN-BOXは、先代型を販売していた2015年/2015年度から、一貫して軽自動車の届け出台数1位であり続ける。軽自動車の販売総数では、ダイハツとスズキに次ぐ3位がホンダの定位置だが、車名別販売1位はN-BOXが守る。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン