サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > じつは初の量産PHVは中国車! アフターコロナの自動車業界で目が離せない中国の動向

ここから本文です

 初めてプラグインハイブリッド車を大量生産したのは中国のBYD

 今年(2020年)には、トヨタ「RAV4 PHV」が発売確定。また、今年中または来年に三菱「アウトランダーPHEV」のフルモデルチェンジなど、日本では新型プラグインハイブリッド車に対する期待が高まっている。

【500ps超え】スーパーカー並のスペックを持つ超荒削りな中華SUVに乗った

 また、近年はメルセデス・ベンツやBMWなど欧州輸入車でプラグインハイブリッド車の存在が目立つようになってきた。

 プラグインハイブリッド車は、ハイブリッド車に対して搭載する駆動用バッテリーが大きく、外部から充電することができるのが特徴だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ