サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 全身一新!ホンダ新型N-WGNが目指した「ベーシックカーの新基準」とは?

ここから本文です

全身一新!ホンダ新型N-WGNが目指した「ベーシックカーの新基準」とは?

■すべての面で軽自動車に乗っているとは思えないターボ車の高レベルな走り

ホンダのハイトワゴン軽自動車「N-WGN」がフルモデルチェンジ。発売開始は8月9日でしたが、お盆休みを挟んだこともあって、8月後半になってホンダがメディア向けの試乗会を開催しました。

新基準で覇権を握れ キュートで便利 ホンダ N-WGNの狙いと実力

さて、N-BOXは登録車を含めて日本一売れているクルマですからN-WGNの売れ行きもさぞかし! と思うかもしれませんが、これまでのN-WGNは販売面ではライバル(スズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーヴ、日産デイズなど)に遅れをとっていたのは事実です。そこで、今回のフルモデルチェンジでは「ベーシックカーの新基準をつくる」という強い意気込みで開発が進められたといいます。そのためシャシーからエンジンまで一新されました。といってもN-BOXが現行型へフルモデルチェンジする際にほとんどのメカニズムを新開発していますから、N-BOXの設計を最大限に活かしたハイトワゴンを作ったといえます。

さて、その「ベーシックカーの新基準」について、LPL代行を務めた本田技術研究所の西谷広滋さんにうかがいました。新基準とは具体的に、どのような内容なのでしょうか。

西谷さんは『従来の軽自動車からワンランク上、性能全体を上げることを目指しました。現在のハイトワゴンは軽自動車の基本といえるポジションですから、新型N-WGNによって軽自動車のスタンダード性能を上げることが狙いです』といいます。「新基準」というのは新しい価値観を創造するという意味ではなく、従来からの価値観において軽自動車のベンチマークとなるパフォーマンスを目指したというわけです。

たしかに、その性能は驚くべきレベルに引き上げられています。今回、NAエンジンの標準車とターボエンジンのカスタムに試乗しましたが、いずれも静粛性は軽自動車の常識を破るレベル。圧倒的な静けさは、誰が乗っても体感できるといえるものです。また、シートのクッション性向上や、チルト&テレスコピック調整が可能なステアリング、ペダル配置の最適化などによって、ドライビングポジションも軽自動車的な窮屈さは皆無。

トルクに余裕のあるターボエンジンは、高速道路巡行でも2000rpm(80km/h時)程度のエンジン回転数に収まっていますし、前方がつまって60km/h程度まで減速してからの再加速でもさほど変速比を落とさずに、そのままリニアに加速していきます。エンジンとCVTの協調も見事で、高速道路を運転していても軽自動車であることを忘れてしまうほど余裕があるのです。しかも、新型N-WGNには渋滞対応ACCを含むADAS「ホンダセンシング」が全車に標準装備となっています。そのへんのコンパクトカーを超える快適性を持った新基準の軽自動車なのです。高速道路を走っていて、唯一軽自動車だなあと感じるのは横風やわだちなどの外乱を受けたときの直進安定性くらい。それでもLKASと名付けられた車線維持ステアリングアシスト機能を使っていれば、クルマがステアリングを調整してくれるのでドライバーはステアリングに手を添えているだけでクルマはまっすぐに走っていきます。

また、カスタム系のターボ車に標準装着される15インチタイヤは、ロードノイズの周波数も低く、新型N-WGNの持つ静粛性をさらに高めているのが感じられます。ただし、サスペンションの仕様は全車共通のようで、ハンドリングとのマッチング自体は14インチとの組み合わせがおすすめ。14インチのグリップ力と操舵系のセッティングが絶妙のマッチングで、ステアリングとタイヤがつながっているかのように、手のひらでタイヤの様子を感じることができるのです。その意味では、今回は試乗できなかったのですが、14インチタイヤとターボエンジンを組み合わせた標準系のターボグレードが最良の一台といえるのかもしれません。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)
写真1:ホンダ
写真2~5:山本晋也

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します