現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 4C Spiderの最終生産モデルは極上の装備が満載!1967年製Alfa Romeo 33 Stradaleの栄光を受け継いだアルファロメオ「4C Spider 33 Stradale Tribut」

ここから本文です

4C Spiderの最終生産モデルは極上の装備が満載!1967年製Alfa Romeo 33 Stradaleの栄光を受け継いだアルファロメオ「4C Spider 33 Stradale Tribut」

掲載 更新 4
4C Spiderの最終生産モデルは極上の装備が満載!1967年製Alfa Romeo 33 Stradaleの栄光を受け継いだアルファロメオ「4C Spider 33 Stradale Tribut」

アルファロメオは、アルファロメオの伝説的なミッドシップエンジン・スポーツカー、1967 Alfa Romeo 33 Stradale(1967 アルファロメオ33ストラダーレ)の栄光を受け継いだモデル、4C Spider 33 Stradale Tributo(4Cスパイダー33ストラダーレ・トリビュート)を発表した。

この4C Spider限定車の北米向け生産台数は、わずか33台。

オレンジ色のスポーティーなボディが印象的なベスパの125ccスクーター「プリマベーラS 125 ABSスペシャルエディション」

「2014年の発売以来、4C Spiderはアルファロメオを象徴するモデルとして、世界中で熱狂的なファンを獲得し、北米におけるアルファロメオ・ブランドの人気を再沸させる原動力となってきました」と、アルファロメオ・グローバル責任者のティム・クニスキス氏は述べている。

「アルファロメオの伝統を受け継ぐ4C Spider 33 Stradale Tributoは、生産を開始するTonale(トナーレ)PHEVクロスオーバーをはじめとする、次世代のアルファロメオ・モデルにバトンを引き渡す役割を担っています。」

4C Spider 33 Stradale Tributoには、3層コートが施された専用カラーのロッソ・ヴィラデステが採用され、グレー/ゴールド5穴アルミホイール(フロント18インチ、リア19インチ)、ブラックDinamicaスエードとタバコ・レザーを組み合わせたスポーツシートが装備。

4C Spider 33 Stradale Tributoのコックピットには、ダッシュボード、サイドシル、センターコンソールに専用プレートが装着されている。

センターコンソールのプレートには、車両のシリアルナンバーも刻印。さらに、このモデルには、4Cのデザインコンセプト、テクノロジー、素材、モデナの組み立て施設、33 Stradaleの歴史を記録し、チェントロ・スティーレ(デザインセンター)によってデザインされた記念ブックも付属。このブックは、Dinamicaスエードによる装丁が施され、シリアルナンバーが印刷されている。

4Cのレースの血統は、最先端のF1マシンにヒントを得たカーボンファイバー製モノコックシャシーに明確に表れている。

このシャシーには、今回初めてクリア・レッド仕上げが採用された。さらに、4C Spider 33 Stradale Tributoには、通常モデルではオプション設定されていた、アクラポヴィッチ製デュアルモード・センターマウント・エキゾースト、レースチューンド・サスペンション、バイキセノン・ヘッドライト、バッテリー充電器、ボディカバー、スエード/レザーシート、カーボンファイバー製ハロ、リアウィング、イタリアンフラッグ・ミラーキャップなどが装備。

これらのコンポーネントは、4C Spiderに別途装着すると、数千ドルの価値があるもの。加えて「Centro Stile Alfa Romeo」エンブレム、ピアノブラック・フロント・エアインテークとリア・ディフューザーによって、洗練されたエクステリアが完成している。

4C Spider 33 Stradale Tributoは、6速アルファ・ツインクラッチ・トランスミッション、オールアルミ製1,750cc直噴ターボチャージャー・エンジン、デュアル・インタークーラー、可変バルブタイミングといった高度なテクノロジーを採用。

エンジンの最高出力は237hp、最大トルクは258 lb-ft。車両重量2,500ポンド(約1134kg)未満の4C Spider 33 Stradale Tributoは、10.4 lb/hp(約4.78kg/hp)という印象的なパワー・ウェイト・レシオを実現し、0~60mph(約96km/h)加速は4.1秒、最高速度は160mph(約257km/h)。2020 Alfa Romeo 4C Spider 33 Stradale Tributoは、4C Spiderの最終生産モデルとなる。

関連情報:https://www.alfaromeo-jp.com/

構成/DIME編集部

こんな記事も読まれています

ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
レスポンス
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
バイクのニュース
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
Auto Prove
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
motorsport.com 日本版
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
AUTOSPORT web
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
くるまのニュース
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
Auto Messe Web
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
@DIME
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
グーネット
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
日刊自動車新聞
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
Webモーターマガジン
ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
レスポンス
日本でモータースポーツを文化に……デロイト トーマツが関与を深める理由「日本経済のために必要なこと」
日本でモータースポーツを文化に……デロイト トーマツが関与を深める理由「日本経済のために必要なこと」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
  • で、おいくらなの?
    北米ってあるけど、日本では買えないの?
    右ハンドル仕様は無いの?
    情報が少ない記事だな。
  • お団子みたいなデザインが残念。
    これをあのT33ストラダーレになぞらえるなんて、全くどうかしてる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

849.01110.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

728.4818.0万円

中古車を検索
4C スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

849.01110.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

728.4818.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村