現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!

ここから本文です

タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!

掲載 34
タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!

 ボタンの掛け違えというのはこのことか? ダイハツが軽スーパーハイトワゴンという新しいジャンルをタントによって開拓し、時代がその方向に向かっているさなか、スバルは軽スペシャリティ、R1を登場させた。なんでこんな時代に、このクルマを出したのか? クルマ好きとしては嬉しかったが、やっぱりというか、売れなかった……。

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、スバル

タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!

■時代を逆行する軽スペシャリティをなぜこのタイミングで……

航空機を思わせるスプレットウイングスグリルが特徴

 2005年1月、千葉県で行われたスバルR1の試乗会に行った時、あまりの唯我独尊ぶりにタマげたことを覚えている。なぜタマげたのか? 当時、ワゴンRより背の高いスーパーハイトワゴンのジャンルを開拓したタントが大ヒットしており、今後は、スーパーハイトワゴンの時代が来ると、ベストカー本誌で取り上げていた。

 たしかにプレオはあったものの、まさか4枚ドアのR2(2003年12月発売)に加えて、軽スペシャリティのR1を出すとは思わなかったからだ。

 赤いボディカラーのR1を目の前にしての第一印象は大げさかもしれないが「これイタ車?」だった。航空機をモチーフにした、スプレットウイングスグリル、フロントフードからルーフ後端まで卵型のように流れるボディシルエットや張りのあるボディ曲面形状にうっとり。デビュー当時の広告キャッチフレーズは「Super(Small)Car」で、ビジュアルイメージには昆虫のてんとう虫も使用していた。

 コクピットの質感も高く、軽自動車とは思えないほど。ただ基本は2人乗りのパーソナルカーで、リアシートは+2という極狭スペース。この時代のハッチバック車(今もそうだが)は3ドア車は壊滅的な不人気ぶりで、5ドアじゃないと売れない時代になっていた。

 オシャレなデザインで、内装もいい、さらにスバルはバズーカ砲のような飛び道具があった。そう、658cc、4気筒エンジンと、ストラット式の4輪独立懸架式サスペンション。

 この時代のスバルは志が高かった。反面、お金かけすぎ……。R1を走らせると、スムーズに回り、3気筒特有の、がさつなところがないので、本当に上質に感じる。特に高速道路では、四輪独立懸架サスの恩恵で、やや硬さは感じるものの、上質な印象だったのを覚えている。

しかも、当初は最高出力54psの自然吸気エンジンのみだったが、2005年11月には最高出力64psのスーパーチャージャー付きDOHCエンジンも追加した。これがいいのよ、マジで……。

■なんと最も高いのは256万円

大人2人が快適に乗れるワンルーム感覚のキャビンは、時にはクーペ、時には2+2シーターとして多彩に使いこなせるユーティリティと、軽自動車ならではの省資源性・軽量化とを実現

 やっぱり時代がよくなかった……。R1の売れ行きが大幅に好転することはなく、2010年4月、R1は一部のファンから惜しまれながら販売終了となってしまった。

 当時の新車価格は2WDの127.1万~4WDの153.7万円。なんと2024年4月現在、中古車検索サイトでは、中古車流通台数は85台と豊富で、中古車価格帯は9.8万~約260万円。

 走行距離が5万km以下で程度のよさそうなモデルは135万~160万円。そしてR1の中古車最高価格はなんと256万円。なぜこんなに高いのか? でも2010年式の走行2000km、1オーナーと聞けば納得する!?

中古車コード

[usedcar-search brand_cd="1045" body_cd="9,10" car_cd="10451506" keyword="R1" limit=30]

こんな記事も読まれています

6億円超えの「1800馬力V16NA」搭載!? 新型「ハイパーカー」世界初公開! 斬新“上開きドア”&すごいアナログメーター採用! 歴代初ハイブリッドの「ブガッティ」発表
6億円超えの「1800馬力V16NA」搭載!? 新型「ハイパーカー」世界初公開! 斬新“上開きドア”&すごいアナログメーター採用! 歴代初ハイブリッドの「ブガッティ」発表
くるまのニュース
フェラーリF1、カナダで起きたPUトラブルの解決策を見出す。ルクレールは「修正した」と懸念なし
フェラーリF1、カナダで起きたPUトラブルの解決策を見出す。ルクレールは「修正した」と懸念なし
AUTOSPORT web
[カーオーディオ 逸品探究]イタリア発ハイエンドブランド「クワトロリゴ」の旗艦スピーカー『OPUS』の魅力に迫る!
[カーオーディオ 逸品探究]イタリア発ハイエンドブランド「クワトロリゴ」の旗艦スピーカー『OPUS』の魅力に迫る!
レスポンス
トヨタ新型「カローラ」いつ登場!? 新パワートレイン搭載で「めちゃ燃費アップ」も? デビュー6年目の「超人気セダン&ワゴン」次期型どうなるのか
トヨタ新型「カローラ」いつ登場!? 新パワートレイン搭載で「めちゃ燃費アップ」も? デビュー6年目の「超人気セダン&ワゴン」次期型どうなるのか
くるまのニュース
進む高速料金所ETC専用化 NEXCO西日本と本四高速が車載器購入助成 7月22日から
進む高速料金所ETC専用化 NEXCO西日本と本四高速が車載器購入助成 7月22日から
バイクのニュース
BMW新型「X3」世界初公開!  第4世代に進化した世界で人気の“ミドルSUV”はどう変わった?
BMW新型「X3」世界初公開! 第4世代に進化した世界で人気の“ミドルSUV”はどう変わった?
VAGUE
40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! ブリッツのエアロキットに3アイテムが新登場
40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! ブリッツのエアロキットに3アイテムが新登場
レスポンス
真夏の旧車ライフは「電動クーラー」で問題解決!「510ブル」「縦目ベンツ」「ビートル」の装着例を紹介します
真夏の旧車ライフは「電動クーラー」で問題解決!「510ブル」「縦目ベンツ」「ビートル」の装着例を紹介します
Auto Messe Web
2.6Lエンジンでパワーもトルクもアップ。ブリスターフェンダーには50/55偏平タイヤを装着。【GTmemories12 A183Aスタリオン ダイジェスト(3)】
2.6Lエンジンでパワーもトルクもアップ。ブリスターフェンダーには50/55偏平タイヤを装着。【GTmemories12 A183Aスタリオン ダイジェスト(3)】
Webモーターマガジン
全長13mで8人乗り! ホンダ「最上級マシン」に乗れる! 憧れの「ホンダジェット」で自由に移動できる「斬新サービス」が開始!
全長13mで8人乗り! ホンダ「最上級マシン」に乗れる! 憧れの「ホンダジェット」で自由に移動できる「斬新サービス」が開始!
くるまのニュース
レクサス充電ステーション、全BEVユーザーに開放…利用前日から最大2時間の事前予約が可能
レクサス充電ステーション、全BEVユーザーに開放…利用前日から最大2時間の事前予約が可能
レスポンス
N-VAN e:って「モバイルバッテリーパック採用」じゃないのか……って残念がる声! 現実を考えればいまのN-VAN e:が正解だった
N-VAN e:って「モバイルバッテリーパック採用」じゃないのか……って残念がる声! 現実を考えればいまのN-VAN e:が正解だった
WEB CARTOP
日本と英国とのつながりを独自に表現した2モデルのレンジローバーSVの特別限定モデルがデビュー
日本と英国とのつながりを独自に表現した2モデルのレンジローバーSVの特別限定モデルがデビュー
カー・アンド・ドライバー
悪路なんて走らないしアウトドア趣味もない! それでも人気のSUVでしか得られないメリットを探したらけっこうあった!!
悪路なんて走らないしアウトドア趣味もない! それでも人気のSUVでしか得られないメリットを探したらけっこうあった!!
WEB CARTOP
前席のみの三菱新型「2人乗り軽バン」アンダー150万円で買える“新仕様”登場! 新型「ミニキャブEV」発売
前席のみの三菱新型「2人乗り軽バン」アンダー150万円で買える“新仕様”登場! 新型「ミニキャブEV」発売
くるまのニュース
ポルシェ911買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
ポルシェ911買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
Bigなキャンペーン、Bigなキット!amtの大いなる賭け、レベルの帰還、そして…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第29回
Bigなキャンペーン、Bigなキット!amtの大いなる賭け、レベルの帰還、そして…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第29回
LE VOLANT CARSMEET WEB
自動車メーカーの「認証不正」でも話題となった「JNCAP」って何? 実は「国の基準」と違う? 認証とJNCAPでズレも… 今後の課題とは
自動車メーカーの「認証不正」でも話題となった「JNCAP」って何? 実は「国の基準」と違う? 認証とJNCAPでズレも… 今後の課題とは
くるまのニュース

みんなのコメント

34件
  • zawa
    ダイハツにもソニカがあって、良い車なんだけど販売台数には結びつかないですね。
    売れてる車が良い車じゃないってことですな。
    超が付くほど最低最悪なパッソやルーミーが売れるんだよ!!それだけ性能を見る人が少ないってことです。
    それが日本の自動車業界。技術がなくても、広ければ売れる。
    情け無いですね。
  • dbw********
    SC車は速かった、登坂路関係なし

    リッター9km、

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

127.1153.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8256.7万円

中古車を検索
R1の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

127.1153.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8256.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村