現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産「サクラ」の大ヒットに見る、電動バイク普及のカギ

ここから本文です

日産「サクラ」の大ヒットに見る、電動バイク普及のカギ

掲載 14
日産「サクラ」の大ヒットに見る、電動バイク普及のカギ

国民の超近距離移動に、「電動ズーク」があればヒット間違いなし!?

 日産「サクラ」の販売が好調です。電動化を積極的に推し進める日産は、「リーフ」と「アリア」というEVをラインナップしていますが、もっとも後発の「サクラ」が大ヒットしているのです。

【画像】日産「サクラ」とホンダ「ズーク」をもっと画像で見る(10枚)

 その理由は「サクラ」が軽自動車であり、「近所の移動」に割り切ったコンセプトにあると思います。EVは航続可能距離や急速充電が云々と議論されていますが、「サクラ」は日常生活の移動に焦点を当てて開発したのです。

 国民の約8割は、日常の移動距離は約90km未満だそうです。スーパーマーケットに買い物に出かける。友達を最寄りの駅まで送迎する。時には、ゴミ出しのためにクルマを使うことも少なくありませんよね。

 高速道路に乗って実家に帰省するのは、年に一度か二度かもしれません。家族でキャンプへ、パウダースノーを求めて雪山へ向かうなど、休日のレジャーを趣味にしている人は例外かもしれません。

 職業柄、遠距離移動が常であれば90kmでは足りませんが、約8割の国民は90km未満。ならば、近距離移動に限定し、「長距離移動する人はご遠慮ください」といった潔さもヒットの理由だと思います。

 滅多に遠距離移動しないのに、重量のかさむバッテリーを積んで走っていることの無駄を排除して、近距離移動に十分な容量のバッテリーにしたことで、価格も抑えることが可能になりました。

 航続可能距離が600kmや700kmとする高性能なEVは少なくありません。旅先で急速充電するのは面倒ですし、時間的なロスにイライラさせられます。そのデメリットを払拭するために、メーカーは足の長いEVを開発しがちです。

 実際は90km程度の移動で生活している人がほとんどだということは、つまり余った500kmや600km分のバッテリーを積んだまま日常を過ごすことになります。

 バッテリーはとても高価で質量もかさみます。必要のない余分なバッテリーに大枚をはたき、ずっしりと重いバッテリーを抱えて走っているのは無駄なのです。

 それにバッテリー容量が多ければ、そのぶん満充電までの時間がかかります。自宅に設置した200w普通充電器で700km相当の電力を蓄えるのに数十時間、3日間ほど費やすこともあるのです。

 その点で「サクラ」は、帰宅してすぐに自宅の普通充電器につなぐだけで翌日には満充電になっているわけで、充電待ちの煩わしさとは無縁です。

 そんな「サクラ」を見ていてフと思い出したのが、以前もこのコラムで触れましたが、1990年頃に販売されていたホンダの原付バイク「ZOOK(ズーク)」です。

 当時は原付スクーターの「タクト」に積んでいた空冷2ストローク単気筒50ccエンジンを搭載し、スケートボードに取り付けたような椅子に腰掛けてライディングするそれは、いま流行りの電動キックボードに椅子をつけたようなものです。

「モンキー50」や「スーパーカブ50」よりも軽量・コンパクトで、新聞配達や宅配といったデリバリーバイクとしては不向きですが、たとえばちょっとコンビニまで、近所の郵便ポストまでなど、そんな超近距離で、「ズーク」の機動性は重宝するはずです。

 割り切りという点では、「サクラ」と「ズーク」にはコンセプトに共通項があるのです。

 最近は、電動キックボードなる乗りものが都市部で隆盛のようですが、僕(木下隆之)はやはり、腰掛けて乗るバイクの安心感には抗えません。「サクラ」のように、潔く割り切ったコンセプトの「電動ズーク」を販売して欲しいものです。

こんな記事も読まれています

マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
AUTOCAR JAPAN
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
レスポンス
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
motorsport.com 日本版
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
くるまのニュース
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
motorsport.com 日本版
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
motorsport.com 日本版
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
レスポンス
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
Webモーターマガジン
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
Auto Messe Web
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
WEB CARTOP
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
driver@web
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
Webモーターマガジン
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
motorsport.com 日本版
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン
大人にゃ出せないアイディア力! 中高生が自由な発想で競った「モビリティデザインコンテスト」に脱帽!!
大人にゃ出せないアイディア力! 中高生が自由な発想で競った「モビリティデザインコンテスト」に脱帽!!
WEB CARTOP
トヨタ自動車がスポーツメディアを立ち上げ…『トヨタイムズスポーツ』開始
トヨタ自動車がスポーツメディアを立ち上げ…『トヨタイムズスポーツ』開始
レスポンス

みんなのコメント

14件
  • luv********
    電動原付4kw(5.2ps)とか言ってるウチは成功しない。
    現行の電動原付じゃ長崎市街の坂道を時速10㎞/h以下まで失速します、そんなYoutube動画があります。
    EVには変速機が無いのですよね。だから4st原付と同じパワーではダメです、2st原付並みの5kw以上7馬力程度は必要です。
  • ともく
    大ヒット?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村