現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ『クラウン・シグニア』…米版エステートは全車AWDや広大な荷室が特徴

ここから本文です
トヨタ『クラウン・シグニア』…米版エステートは全車AWDや広大な荷室が特徴
写真を全て見る(30枚)

トヨタ自動車の米国部門は6月6日、新型SUVの『クラウン・シグニア』(Toyota Crown Signia)を米国市場で発売すると発表した。発売開始は今年夏頃を予定し、価格は4万3590ドル(約685万円)から。

トヨタは「クラウン」シリーズのラインナップを拡充しており、2023年に発売が開始された『クラウン』(日本名:『クラウン・クロスオーバー』に相当)に続く形となる。

トヨタ『クラウン・シグニア』、ハイブリッドのみで今夏米国発売へ…「エステート」の米国版

エクステリアを見ると、フロントマスクはクラウン・クロスオーバーとは異なり最上段にスリムなLEDデイタイムランニングライトを配置。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
レスポンス
ルーフにグラデーション塗装、MINI 5ドアハッチバック 新型の「Favoured Trim」仕様
ルーフにグラデーション塗装、MINI 5ドアハッチバック 新型の「Favoured Trim」仕様
レスポンス
キャデラック『エスカレード』改良新型に最強「V」、682馬力スーパーチャージャー搭載…米国設定
キャデラック『エスカレード』改良新型に最強「V」、682馬力スーパーチャージャー搭載…米国設定
レスポンス
ヒョンデ『アイオニック5』が内外装をアップデート! 航続は570kmに
ヒョンデ『アイオニック5』が内外装をアップデート! 航続は570kmに
レスポンス
マツダ『CX-5』に入門グレード「2.5 S」が復活、2025年モデルを米国発表
マツダ『CX-5』に入門グレード「2.5 S」が復活、2025年モデルを米国発表
レスポンス
米ラグジュアリーSUVの代表格、キャデラック『エスカレード』マイチェンでデザイン刷新
米ラグジュアリーSUVの代表格、キャデラック『エスカレード』マイチェンでデザイン刷新
レスポンス
初の「モバイルオフィス」装備、ルノーの新型電動バン『トラフィック』、3.4万ポンドから受注開始
初の「モバイルオフィス」装備、ルノーの新型電動バン『トラフィック』、3.4万ポンドから受注開始
レスポンス
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
レスポンス
米国版ホンダ『オデッセイ』には「NSX」のパーツも採用!? 改良モデルで表情一新
米国版ホンダ『オデッセイ』には「NSX」のパーツも採用!? 改良モデルで表情一新
レスポンス
『グラディエーター』に米フロリダ限定「ハイタイド」登場! ジープらしいオフロード性能さらに強化
『グラディエーター』に米フロリダ限定「ハイタイド」登場! ジープらしいオフロード性能さらに強化
レスポンス
日産 ノートオーラNISMO 改良新型…4WDモデルも設定して発売
日産 ノートオーラNISMO 改良新型…4WDモデルも設定して発売
レスポンス
インフィニティのSUV『QX60』2025年モデル、精悍な「ブラックエディション」新設定
インフィニティのSUV『QX60』2025年モデル、精悍な「ブラックエディション」新設定
レスポンス
『ティグアン』現行最後の特別モデルは、VW本拠地にちなんだ「ヴォルフスブルクエディション」
『ティグアン』現行最後の特別モデルは、VW本拠地にちなんだ「ヴォルフスブルクエディション」
レスポンス
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
レスポンス
インド初のSUVクーペ『タタ・カーヴ』発表、EVも設定
インド初のSUVクーペ『タタ・カーヴ』発表、EVも設定
レスポンス
小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
レスポンス
ワゴンもA4から改名、新型アウディ『A5アバント』正式発表
ワゴンもA4から改名、新型アウディ『A5アバント』正式発表
レスポンス
「FFスーパーボルテージ」がキャッチコピー、低さが魅力だった2代目『プレリュード』【懐かしのカーカタログ】
「FFスーパーボルテージ」がキャッチコピー、低さが魅力だった2代目『プレリュード』【懐かしのカーカタログ】
レスポンス

みんなのコメント

4件
  • じゃぱう!
    一番売れなさそうとか最初言われていたこれが一番良さそうな皮肉(笑)
  • dra********
    日本の車名もシグニアにして欲しい。エステートってどうも昔のイメージが強すぎる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.8880.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.8880.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村