サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「次期トヨタGR86&スバルBRZの価格が見えてきた!」6速MTベースグレードは200万円台が濃厚?

ここから本文です

「次期トヨタGR86&スバルBRZの価格が見えてきた!」6速MTベースグレードは200万円台が濃厚?

車両価格は260万円~350万円で確定か

関係者の多くが「価格据え置き説」を推している

「トラストのGRヤリスチューニングが本格化!」OS技研とタッグを組んで高機能パーツを続々開発中

詳細が待たれる「トヨタGR86」&「スバルBRZ」。2021年4月5日のオンライン発表会以降、様々な情報が錯綜しているが、ここでは取材班が入手した新情報を元に、車両価格を考察していく。

新型GR86&BRZ最大の進化ポイントは、エンジンの排気量アップだ。スバル製水平対向エンジンにトヨタの筒内直接+ポート燃料噴射装置「D-4S」を組み合わせたパワーユニットは、2.4Lへとスケールアップ。これにより、最高出力は207psから235psへ、最大トルクも20.9kgmから25.5kgmへとパワーアップしている。

その他、フルデジタルメーターやスバルの安全運転支援システム「アイサイト」の採用(ATモデルのみ)など、各部に大幅なアップデートが敢行されていることから、当初は『現行型の100万円アップ』が現実的という話だった。しかし、ここにきて価格据え置き説を唱える業界関係者が増えているのだ。

大手パーツメーカー関係者によると「現行型と変わらない価格設定と聞いています。実際にプラットフォームは現行型と同じで、調べてみるとパワートレインから足回りまで共通部品が非常に多い。それにエンジンは排気量アップしているとはいえ、内部ムービングパーツの仕様変更程度。メーターに関しても、デジタル式ってアナログ式よりも安く作れますしね」とのこと。

こうした声は多方面から聞かれる上、ファンイベント『FUJI 86 STYLE with BRZ 2021』(6月6日/富士スピードウェイ)にGR86のチューニングコンセプトモデルを持ち込んだビルダー各社も口を揃えて「パーツ類は9割が現行型用をそのまま使えた」と語っている。

「新旧モデル間におけるパーツの共通化も大きなポイントで、トヨタは現行型でカスタムを楽しんでいるユーザーが乗り替えやすいように、チューニングパーツをそのまま流用できるようにしたそうですよ」とは、前出の大手パーツメーカー関係者。

そもそも86&BRZは「超低重心で手ごろな価格のスポーツカー」というコンセプトで誕生したモデルだ。400万円を超えるようでは立ち位置が曖昧になる上、トヨタの場合、GRスープラとの関係性までおかしくなる。

つまり、ベースグレードで260万円、ハイグレードで350万円あたり。ともあれ、チューニングシーンを活性化させる新世代FRスポーツとして、センセーショナルなデビューに期待したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します