現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 軽初のブラインドスポットモニター標準採用! 日産軽ハイトのデイズがマイチェンでセレナ顔に!!

ここから本文です

軽初のブラインドスポットモニター標準採用! 日産軽ハイトのデイズがマイチェンでセレナ顔に!!

掲載 2
軽初のブラインドスポットモニター標準採用! 日産軽ハイトのデイズがマイチェンでセレナ顔に!!

 日産自動車は2023年9月29日、軽ハイトワゴンのデイズをマイナーチェンジした。今回の改良ではフェイスリフトと安全装備の充実が図られたのだが、その詳細についてお伝えしよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/日産自動車

軽初のブラインドスポットモニター標準採用! 日産軽ハイトのデイズがマイチェンでセレナ顔に!!

■「デジタル・Vモーション」グリルの採用でより精悍な表情に!

2019年3月に登場した現行型2代目デイズ。今回のマイチェンでフロントマスクが大幅に変更を受けている

 今回のデイズのマイチェンでは、まず外観に大きく手を入れてきた。フロントのラジエターグリルを一新し、「デジタル・Vモーション」を採用。特にハイウェイスターモデルは、Vモーションの太さが上下にグラデーションで変化するクロームメッキのラインや、水平基調のワイドなリアバンパーによって精悍で先進観を感じられる佇まいに変更された。

 また、XとSグレードはデジタル・Vモーションとヘッドランプ、フロントグリルを一体化することでよりモダンなデザインへと進化。また、足元のアクセントとして、スポーティな印象の14インチ切削アルミホイールをハイウェイスターモデルに、日本の風景にマッチする和の雰囲気を持つフルホイールカバーをデイズシリーズに新たに設定した。

今回のマイチェンでインテリアも各所への改良が施されている

 インテリアは、ハイウェイスターXシリーズにブラウン系とブルー系の混色配合で作った深みのあるブラックのトリコット地にエンボス加工を施したシート地を採用。また、ハイウェイスターGターボシリーズにはカシス色のアクセントがのぞくパーフォレーション加工を施したフルレザー調素材を採用するなど、内装の質感を高めた。

 さらに、ハイウェイスターシリーズのボディカラーには、日産として初採用のシルキーライラックを含む6色の新色を加え、2トーン5色とモノトーン7色の合計12色、X、S グレードには2トーン3色とモノトーン8色の全11色を設定している。

[articlelink]

■軽初採用となるブラインドスポット警報を標準装備!

軽初の「後側方車両検知警報」(BSW)を標準装備

 今回、デイズのマイチェンのポイントとして軽自動車初となる「後側方車両検知警報」(BSW)と「後退時車両検知警報」(RCTA)を標準設定した。従来の前方・後方の運転支援に加え、後側方の安全性を強化することで360度セーフティアシストを実現。

 また、これまでハイウェイスターモデルに標準装備されていた、夜間の視認性向上につながる「LED ヘッドランプ」を新たにXグレードにもオプション設定するとともに、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」の性能を向上し、自転車に乗った人の検知を可能とするなど、安全性能に磨きをかけている。

 このほか、助手席側のインストルメントパネル上に設置したトレーは、より深い形状とすることで小物を置きやすく、転がり落ちにくい形状に改良され、カード置き場を新設したほか、カップホルダーにフラップを追加したことで飲み物を倒れにくくするなど、使い勝手を向上。さらにステアリングヒーターを寒冷地仕様に用意した(4WDに標準装備で、FF車はメーカーオプション)。

デイズマイチェンモデル価格表

■デイズの特別仕様車を設定し、カスタムモデルも同時にマイチェン

デイズハイウェイスター アーバンクロム。上質なスタイルに仕上げた特別仕様車

 また、日産モータースポーツ&カスタマイズは、デイズの特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム」と、カスタムカー「ボレロ」をマイナーチェンジし、2023年内に発売することを発表した。

 ハイウェイスター アーバンクロムは、さりげないこだわりでひと味違う上質感を感じられるスタイルに仕上げた特別仕様車で、外装はダーククロムのフロントグリルやバックドアフィニッシャーに加え、シャープなスポークを多用することで躍動感やプレミアム感を表現した専用15インチアルミホイールとシルバードアミラーをコーディネートした。

 専用エンブレムも装備して特別感が演出されているほか、インテリアには柔らかな手触りで防水機能を備えたシート、専用ライトグレーステッチを施した本革巻ステアリング、レザー調インストパネルを採用し、より上質さを感じられる空間に。ボディカラーは、「アーバンクロム」専用2トーン3種類を含めた、全9種類をラインナップ。

デイズのカスタムカー、「ボレロ」も今回のマイチェンに合わせてラジエターグリルを一新してデジタルVモーションを採用した

 ボレロは、個性的で愛着のあるエレガントなスタイルを特徴としたカスタムカーで、上質かつ可愛らしいスタイリングが特徴。今回のマイナーチェンジではベース車と同様に、ラジエターグリルを一新し、デジタル・Vモーション採用などのデザインを変更したほか、安全性や使い勝手の向上が図られている。

 また、ボディカラーには3種類のボレロ専用2トーンカラーを新たに設定し、そのほか2種類の新色を含む、全10種類のカラーバリエーションとなっている。

デイズ特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム」とカスタムカー「ボレロ」価格表

こんな記事も読まれています

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
バイクのニュース
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

2件
  • y_a********
    ブラインドスポットモニターは良いね!
  • dai********
    セレナ顔って…単にグリル変えたのレベルじゃん。
    全然セレナじゃないし。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

143.8215.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0208.0万円

中古車を検索
デイズの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

143.8215.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0208.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村