サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「常識の盲点を突いた大穴グレード!」Y31グロリアのグラツーはハードトップだけじゃない【ManiaxCars】

ここから本文です

210馬力のVG20DETに、世界初の5速ATを搭載!

セダンのキャラに似合わない豪快かつスポーティな走り

「AMG C36のボルトオンターボ仕様だと!?」3.6L直6エンジンにポルシェ用K26タービンを装着!

8代目Y31グロリアの登場は1987年6月。伝統のブロアムに加え、ハードトップに初めてグランツーリスモをラインアップしたのが大きなトピックだったが、翌88年6月、なぜかフォーマルなはずのセダンにも走りのグランツーリスモが用意されたのは、恐らく日産内部のどこかで歯車が狂ったからに違いない。

搭載エンジンは2LV6DOHCターボのVG20DET。当初、インタークーラーレスのレギュラーガソリン仕様で、スペックは185ps/22.0kgm。

おすすめのニュース

サイトトップへ