現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MTでギンギンに楽しめたカローラの「ホットハッチ」! 当時衝撃が走った「カローラFX1600GT」とは

ここから本文です

MTでギンギンに楽しめたカローラの「ホットハッチ」! 当時衝撃が走った「カローラFX1600GT」とは

掲載 更新 23
MTでギンギンに楽しめたカローラの「ホットハッチ」! 当時衝撃が走った「カローラFX1600GT」とは

カローラ史上の衝撃的FFコンパクトカー

 このところ自動車メディアを騒がせている新型車の1台が「カローラクロス」だ。半世紀以上続くカローラの歴史のなかでも「SUV」は初めてで、そのデビューはカローラのキャラクターが変わりつつあることをひしひしと感じさせるものだ。カローラの歴史に新しい1ページを開いたといっていいだろう。

AE86の後継は「86」じゃなくて「AE92」でしょ! バブルを謳歌した「楽しいFFスポーツ」だった

 ただ、多くの人にとってカローラといえば「セダンこそ」かもしれないが、それは間違った思い込みだ。日本で現在売れているボディタイプはセダンではなくステーションワゴンだし、過去を振り返れば四角いワゴンの「ルミオン」や、3列シートの「スパシオ」といった変化球も現れては消えている。今回紹介する初代「カローラFX 1600GT」も、セダンではなく3ドアのハッチバックだが、地域によってはセダンよりも主力だったほどの人気モデルだったのだ。

名機「4A-Gエンジン」を搭載し登場

 初代デビューは1984年。「1600GT」はその高性能仕様で、ボンネットに収めるのは4A-Gエンジンだ。 4A-Gエンジンといえば、同時期には同じエンジンを積むモデルとして、のちに伝説的なモデルとなるAE86型の「カローラレビン」もカローラシリーズにラインアップされていた。しかし興味深いのが駆動方式で、AE86が後輪駆動だったのに対し、FXは前輪駆動、エンジンの搭載もFXは横置きである。AE86がその前の世代の基本設計を受け継いだ構造だったのに対し、FXは5代目カローラセダンをベースにした最新設計だったからである。ただしこの違いは、AE86とFXの将来に大きな差をつける違いだったのは間違いない。もしAE86がFFだったら、のちに伝説的なモデルとはならなかっただろう。

 余談だが、4A-GエンジンはAE86でFR、カローラFXでFF、そしてMR2ではミッドシップと3つの駆動レイアウトに採用された珍しいエンジンだ(トヨタではのちに3.5L V6の2GRエンジンも3つの駆動レイアウトに採用されている)。

元祖「走りのハッチバック」カローラFX

 話をカローラFXに戻すと、ライバルはホンダ「シビックSi」。それは市販車のみならず、当時人気だった、市販車をベースとした日本最高峰のレースである「全日本ツーリングカー選手権」でもバチバチと火花を散らしまくったほどである。

 そんなカローラFXは、小型ハッチバックの需要があった日本でも多く見かけたが、最大の目的は日本国内ではなかった。小型車はセダンよりもハッチバックが一般的な欧州に向けた、カローラの主力ボディだったのだ。

 1987年にはフルモデルチェンジで2代目にバトンタッチされ、1992年には3代目へ進化。しかし1995年には国内販売を終了している。 とはいえ、カローラのハッチバックの歴史はそれで終わりではなかった。欧州では3ドア/5ドアハッチバックのカローラの販売が継続されていた(WRCにもカローラのハッチバックで参戦)。2001年には「カローラランクス」として日本向けもハッチバックが復活し、その後はカローラの名前を外し「オーリス」として、海外仕様カローラのハッチバックに相当するモデルが売られていた。 そして現在は、2018年6月に「カローラスポーツ」として名実ともにカローラのハッチバックとして復活。マニュアルシフトを用意するなど、“あのころ”に走りを楽しんだユーザーが、ふたたび所有したくなる余地をしっかり残してくれているのが嬉しいかぎりだ。

こんな記事も読まれています

キャタピラーがCSPI-EXPO 2024に出展…オペレータをリスクの高い作業環境から回避
キャタピラーがCSPI-EXPO 2024に出展…オペレータをリスクの高い作業環境から回避
レスポンス
トヨタ新型「トヨタ“クロス”」発表へ! “レクサス級”の「斬新フェイス」が超カッコイイ! 丁度いいサイズ感の「コンパクトSUV」ブルネイに近日登場
トヨタ新型「トヨタ“クロス”」発表へ! “レクサス級”の「斬新フェイス」が超カッコイイ! 丁度いいサイズ感の「コンパクトSUV」ブルネイに近日登場
くるまのニュース
 原付二種フルカウルモデル スズキ「GSX-R125」最新モデルを海外で発表
原付二種フルカウルモデル スズキ「GSX-R125」最新モデルを海外で発表
バイクのニュース
トヨタ、合成燃料やバイオマス燃料の市場投入へ 出光・ENEOS・三菱重工とタッグ
トヨタ、合成燃料やバイオマス燃料の市場投入へ 出光・ENEOS・三菱重工とタッグ
日刊自動車新聞
【さみしい・・・】気持ちのいいクルマと言えばオープンカー その数はどんどん減っている お薦めのコンバーチブルの中古車×5台を紹介!
【さみしい・・・】気持ちのいいクルマと言えばオープンカー その数はどんどん減っている お薦めのコンバーチブルの中古車×5台を紹介!
AutoBild Japan
関西の夢の南北道路「名神名阪連絡道路」に反響多数!?「超近道!」「メリット大きい」近畿~北陸の短絡ルートが「道路空白地帯」に誕生へ
関西の夢の南北道路「名神名阪連絡道路」に反響多数!?「超近道!」「メリット大きい」近畿~北陸の短絡ルートが「道路空白地帯」に誕生へ
くるまのニュース
【F1第8戦決勝の要点】楽天的すぎたマグヌッセン。3件のアクシデントに対する異なる判断とモナコGPの魔力
【F1第8戦決勝の要点】楽天的すぎたマグヌッセン。3件のアクシデントに対する異なる判断とモナコGPの魔力
AUTOSPORT web
フェルスタッペンを抜けたかも? メルセデス、F1モナコGPでのハミルトンへの“攻撃命令”ミス認める「これはチームの責任」
フェルスタッペンを抜けたかも? メルセデス、F1モナコGPでのハミルトンへの“攻撃命令”ミス認める「これはチームの責任」
motorsport.com 日本版
全車種出荷再開のダイハツはどうなる? 2024年4月の新車販売台数を詳細分析した
全車種出荷再開のダイハツはどうなる? 2024年4月の新車販売台数を詳細分析した
WEB CARTOP
日産が「新型キックス」発表! 上質内装×真一文字テールに注目! 斬新カッパーを特別仕様に設定、反響は? 6月発売へ
日産が「新型キックス」発表! 上質内装×真一文字テールに注目! 斬新カッパーを特別仕様に設定、反響は? 6月発売へ
くるまのニュース
[セルフスタンドでやりがち] 給油の際にこぼしてしまったガソリン、そのまま放っておいてもOK?
[セルフスタンドでやりがち] 給油の際にこぼしてしまったガソリン、そのまま放っておいてもOK?
WEBヤングマシン
国産最後のダブルデッカーを自ら操る! 三菱ふそうエアロキング&ガーラ運転ツアーを企画
国産最後のダブルデッカーを自ら操る! 三菱ふそうエアロキング&ガーラ運転ツアーを企画
レスポンス
マツダスピリット レーシング 3【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
マツダスピリット レーシング 3【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
4月乗用車マーケットは徐々に改善方向へ!?シエンタ、ヴェゼル、アルファードが好調!(24年4月の全乗用車 国内販売登録ランキングTOP20とブランド別販売台数 )
4月乗用車マーケットは徐々に改善方向へ!?シエンタ、ヴェゼル、アルファードが好調!(24年4月の全乗用車 国内販売登録ランキングTOP20とブランド別販売台数 )
カー・アンド・ドライバー
約300万円! 三菱「新型コンパクトSUVミニバン」実車登場! 全長4.5m以下ボディ&”高級感”内装の3列7人乗りモデル!? 「エクスパンダー」馬で展示
約300万円! 三菱「新型コンパクトSUVミニバン」実車登場! 全長4.5m以下ボディ&”高級感”内装の3列7人乗りモデル!? 「エクスパンダー」馬で展示
くるまのニュース
もう少しで正式発表! “普通二輪免許”で乗れる「メグロS1」の魅力とは? “ブランド100周年”の節目に「230ccのメグロ」が誕生する
もう少しで正式発表! “普通二輪免許”で乗れる「メグロS1」の魅力とは? “ブランド100周年”の節目に「230ccのメグロ」が誕生する
VAGUE
「攻殻機動隊 SAC_2045」とHyundai「IONIQ 5 N」がコラボレーション! 体験型イベントも開催!
「攻殻機動隊 SAC_2045」とHyundai「IONIQ 5 N」がコラボレーション! 体験型イベントも開催!
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「ランクル250」が発売! 15年ぶりに全面刷新で原点回帰!販売店の反響は?
トヨタ新型「ランクル250」が発売! 15年ぶりに全面刷新で原点回帰!販売店の反響は?
くるまのニュース

みんなのコメント

23件
  • 「2BOX上級生」というキャッチコピーで1984年に発売されたこのカローラFX
    '86年にはライバルの日産が3代目パルサーを発売して追撃にかかりますが
    そのパルサーに設定された3ドアハッチバックの「X1ツインカム」など
    1.6ℓ16バルブDOHCエンジン「CA16DE」を搭載していて、このカローラFXを
    相当意識した車両でしょうね。
  • 関西ではAE86よりこっちの方が人気があった。
    峠もシビックか92ばかりだったし。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.6202.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

132.0132.0万円

中古車を検索
カローラFXの車買取相場を調べる

トヨタ カローラFXの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.6202.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

132.0132.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村