現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 不公平感もなくなるか!? 事前予約はディーラーマンが大変すぎ!! 一斉受注スタートが当たり前の時代が来るゾ 

ここから本文です

不公平感もなくなるか!? 事前予約はディーラーマンが大変すぎ!! 一斉受注スタートが当たり前の時代が来るゾ 

掲載 6
不公平感もなくなるか!? 事前予約はディーラーマンが大変すぎ!! 一斉受注スタートが当たり前の時代が来るゾ 

 新車が発表されてから実際の発売までタイムラグがあることは増えている。だが、こうなると発表と同時にディーラーに問い合わせが殺到。さらに予約受注も重なれば販売現場はもう大変!! だからこそ、最近新たな売り方が増えてきたのだ。今後のスタンダードって!?

文:佐々木亘/写真:ベストカーWeb編集部

不公平感もなくなるか!? 事前予約はディーラーマンが大変すぎ!! 一斉受注スタートが当たり前の時代が来るゾ 

■先行予約から当日販売へ変わりつつある新型車の販売方式

こちらはクラウン クロスオーバー

 これまで新型車の販売は、発売日以前の事前受注(予約)と、発売日以降の注文の2つに分かれていた。

 事前受注では実車を見ることなく、営業マンの用意した資料と画像だけでクルマの注文を決める。

 おおよそ発売日の1か月前から事前受注が始まり、クルマを見ずに決めた分だけユーザーには早くクルマが届くという仕組みだ。

 しかし、事前受注開始の日時は販売会社の中で内々に決まり、スタート時期を知っているのは、お得意様だけである。

 お付き合いのないお店では、事前受注の時期が分からない。こうした対応に、購入ユーザーの中では不公平感が強くなっていた。

 また昨今は、新型車の発表時期と発売時期が重ならないケースも増えてきている。とりあえず、世界へ向けて新型モデルを発表するが、発売はまだ先のお話という車種が増えたのだ。

 すると、新車を販売するディーラーに対して「事前受注はいつからか」という問い合わせがひっきりなしに来る。

 ディーラーでは、問い合わせ対応に奔走して、仕事どころではなくなる日もあるという。

 不公平感の払拭や販売店の負担軽減のため、近頃は新しい方法で新型車を販売するようになってきた。

■発表と発売は同日に!事前受注もNGの新車販売とは

大人気の新型アルファード

 新しい売り方の代表例がトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」だった。

2023年6月21日に発売されたアルヴェルは、新型モデルの情報をほとんどクローズにして、事前受注は原則行わないという販売方式が取られたのだ。

 アルヴェルはトヨタの中でも1・2を争う人気車種である。この人気車に対して、発売日(発表日)前に知らされたのは、発売日のみであった。車両概要も価格も、発売当日までは不明のまま、発売当日を迎えることになる。

 すると全国各地のトヨタ販売店で発生したのは、アルヴェルの注文を希望するユーザーの列だった。

 多くの販売店が先着順で注文を受け付ける形にしたため、注文待ちの行列ができる。自動車ディーラーではあまりお目にかかれない光景だ。

 スマホも人気ゲームも、発売日に並んで買うのがあたりまえ。日本の自動車も並んで買う時代が到来したということだろう。

■徹夜組も発生する?今後の新型車販売の行方

中古車市場にまで影響している納期遅れ、注文できてもそこからまた長い

 新型モデルに対してのワールドプレミアは、ここ数年早まる傾向にある。とりあえずクルマを世界へ向けて発表し、発売は今冬・来春といった目安を示すだけなのだ。

 これまでの様な、事前受注後に発表・発売という流れは、今後のスタンダードにはならない可能性があると、買う側の私たちも強く認識しておいた方が良いと思う。

 iPhoneのように、発売日が唐突に知らされ、あとは当日のお楽しみという形が、今後も増えていくことだろう。

 現在、この方法に大きく舵を切りつつあるのはトヨタだ。国内シェアの多くを占めるトヨタが先導する販売方法は、他メーカーにも広がる可能性が高い。

 現在は、事前受注・抽選販売・当日販売と販売方式は多岐にわたる。しかし、当日販売に一本化されるのは遠い未来の話ではない。

 かつてiPhoneが発売日に店舗前に長蛇の列ができたように、ディーラーの前で徹夜するユーザーが現れる日も近いだろう。

こんな記事も読まれています

トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
バイクのニュース
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • 越乃寒梅
    国内専売車種だったアルヴェルやクラウンが、グローバルモデルとなり生産キャパの多くを海外に割り当てるのが理由。円安が進み海外市場での利益率が上がればさらに買いにくくなる。国内専売の軽自動車は短納期だ。
    今はまだ待てば買えるだけマシ。
  • dio********
    年間1.5万キロ乗り倒して途中でCVT載せ替えて
    10年近く乗り倒した人、新型を二ヶ月で入手した。
    ヤカラとか転売ヤーじゃない、きっちり毎回点検入庫してる
    本当の良客は優遇される。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02299.0万円

中古車を検索
アルファードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02299.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村