現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 納期1年のヴォクシーがわずか3カ月で納車だと!? トヨタが販売店を差し置いてもサブスクサービス「KINTO」を超優遇するワケ

ここから本文です

納期1年のヴォクシーがわずか3カ月で納車だと!? トヨタが販売店を差し置いてもサブスクサービス「KINTO」を超優遇するワケ

掲載 24
納期1年のヴォクシーがわずか3カ月で納車だと!? トヨタが販売店を差し置いてもサブスクサービス「KINTO」を超優遇するワケ

 この記事をまとめると

■最近は各メーカーがクルマのサブスクリプションに力を入れている

クルマがない! 車内がカオス! 手軽がゆえに噴出する「カーシェア」マナー問題

■サブスクで契約すれば購入時よりも納車がかなり早くなるモデルもある

■「KINTO」では返却後の車両の活用も含めてトヨタが儲かる仕組みができあがっている

 トヨタの「KINTO」はサービス内容が手厚い

 最近はさまざまな業種において、定額制で利用できるサブスク(サブスクリプション・サービス)が人気を得ている。クルマにもサブスクがあるが、とくに新しい仕組みではない。古くから用意されていた車両を貸し出すカーリースの一種で、サービス内容を今のニーズに合うよう改善したものだ。

 それでも今になって、サブスクに力を入れるメーカーが増えた。とくにトヨタの「KINTO」はサービスが手厚い。税金、自賠責保険料、車検/点検費用が料金に含まれるのは、カーリースだから当然だが、若年層まで利用できる任意保険も標準付帯した。

 たとえば契約者の未成年の子供が親の承諾を得てドライブに出かけ、同乗していた友人に運転を交代した時、交通事故の加害者になった場合でも任意保険を使える。運転者の年齢などを限定しない任意保険は保険料が高額だから、若年層が運転する用途では、KINTOを使うとクルマ関連の出費を安く抑えられる場合がある。

 また、今はクルマの納期が遅延しているが、KINTOは短い。この点をトヨタの販売店では次のように説明した。「ヴォクシーハイブリッドは、納期が1年近くに達する。ところがKINTOを契約すると、約3カ月でクルマが届く。KINTOは車両を貸すサービスだから、販売とは根本的に異なるが、3カ月と1年では納期が違いすぎる。ここまで納期に差が付くと、販売店は不利になる」。

 以上のように、KINTOは任意保険を割安に設定して、納期も車種とグレードによっては半年以上も短い。いわば特別扱いをしている。

「KINTO」優遇はトヨタの儲かる仕組みができているから

 この背景にあるのはトヨタの危機感だ。トヨタは国内販売が最盛期を迎えた1990年に、日本国内で約250万台の4輪車を販売したが、2021年はOEMの軽自動車を含めて約148万台だ。1990年の59%に留まる。

 1990年に比べると今は国内の販売総数も減ったが、トヨタの減少も40%以上だから、需要を保つ対策が必要になった。そこで若年層が保険料を抑えられるKINTOに力を入れる。今の加入では、運転免許返納時に解約金が無料になるサービスは廃止されたが、解約金フリープランを選ぶと、申込金は必要だが解約は自由に行える。このプランは若年層だけでなく、運転を近々やめようかと迷っている高齢のユーザーも対象にしたものだ。

 KINTOを利用するときに注意したいのは、あくまでもクルマを貸すサービスになること。買い取りはできず必ず返却するから、チューニングやドレスアップは行えない。自分で車検対応のアルミホイールに履き替えたときも、標準装着されていたホイールに戻して返却する。ペットの同乗も禁止され、走行距離なども含めて、所有権を手に入れる購入に比べると制約が多い。

 また、メーカーは、契約して3~7年後に、戻ってきた車両をどのように活用するかを考えておく必要がある。KINTOの関係者によると「返却された車両は、改めて中古車として貸し出したり(KINTO ONE中古車も用意されている)、中古車市場に卸す可能性もある」という。KINTOに限らず、カーリースのサブスクでは、貸与期間を終えた車両の有効活用が不可欠だ。

 そこを踏まえると、KINTOの納期が過剰に短いことも納得できる。今の市場環境で納期を短くすれば、KINTOの利用者が増えるだけでなく、リース期間を終えた車両が戻ってくる時期も早まる。今は納期の遅延で新車の販売台数が減っているから、数年後の中古車市場でも流通台数が少ない。そうなれば返却された車両を高値で売却するなど、有効に活用できる。

 このようにKINTOでは、トヨタがしっかりと儲かる仕組みが構築されており、それに他社が追従できるか否かが注目される。

こんな記事も読まれています

運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
WEB CARTOP
Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
AUTOSPORT web
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
レスポンス
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
くるまのニュース
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
バイクのニュース
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
VAGUE
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
AUTOSPORT web
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
WEB CARTOP
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
motorsport.com 日本版
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
日刊自動車新聞
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
レスポンス
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
LE VOLANT CARSMEET WEB
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
くるまのニュース
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
@DIME
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
AUTOSPORT web
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
motorsport.com 日本版
いすゞ「新型スタイリッシュSUV」25年登場へ 精悍すぎる「3段V字ブルーグリル」がカッコイイ! 新型「超静音モデル」ノルウェー投入に期待の声
いすゞ「新型スタイリッシュSUV」25年登場へ 精悍すぎる「3段V字ブルーグリル」がカッコイイ! 新型「超静音モデル」ノルウェー投入に期待の声
くるまのニュース
キャンピングカーも運転しやすい方がいい! 街乗りでもアウトドアでも快適なホンダ フリードがベースのキャンパー
キャンピングカーも運転しやすい方がいい! 街乗りでもアウトドアでも快適なホンダ フリードがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

24件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

344.0396.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0578.0万円

中古車を検索
ヴォクシー ハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

344.0396.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0578.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村