サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついに新型86初披露!! なぜBRZも2.4Lエンジン搭載可能に? HV追加投入の可能性はあるか!?

ここから本文です

ついに新型86初披露!! なぜBRZも2.4Lエンジン搭載可能に? HV追加投入の可能性はあるか!?

 2021年4月5日、トヨタの新型86とスバル 新型BRZの日本仕様が初披露。86は2021年秋頃、BRZは同年夏に発売予定とアナウンスされた。

 今回のフルモデルチェンジで両車は、新採用の2.4L水平対向4気筒エンジンを搭載している。昨今強化されている燃費規制はメーカーごとの総量規制だが、それゆえ当初、特に「スバルのBRZが国内で2.4Lエンジンを搭載するのは難しいのでは?」という見方もあった。

2代目がついにデビュー!! トップを奪える実力あり! 明かされた新型ヴェゼルの全貌

 それにも関わらず、なぜ新エンジンの搭載が実現したのか? 今後ハイブリッド車が追加される可能性とともに、国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏 写真/TOYOTA、SUBARU

【画像ギャラリー】新型86&新型BRZと北米仕様新型BRZの走行写真をみる!

新型86、BRZともに日本仕様も2.4Lエンジンを搭載

2021年4月5日に初披露されたトヨタ86とスバルBRZ 日本仕様(全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm)

 2020年から始まったCAFE(企業平均燃費規制)は、燃費の良いフルハイブリッドや小さくて燃費の良いクルマをラインナップしていないスバルにとって、なかなか手強い内容。

 実際、300馬力の直噴ターボエンジンをカタログから落とさざるを得なくなったうえ、2500ccのターボなしエンジンも新世代の1800cc直噴ターボに切り換えているほど。

 という状況のなかでデビューする新型BRZは、日本仕様についちゃパワーダウンを覚悟のうえ、燃費の良い1800cc直噴ターボが搭載されるというウワサもあった。

初代モデルよりも、エンジンの最高出力、最高トルクとも大幅アップした。最高出力173kW(235ps)/7,000rpm・最大トルク250Nm(25.5kgf・m)/3700rpmと発表された

 しかし新型BRZ日本仕様のパワーユニット、アメリカ仕様と共通の2400ccエンジン。嬉しいことに出力は207馬力から235馬力へ大きく向上しています。

 もっと素晴らしいことに最大トルクが212Nmから250Nmに大幅アップしているだけでなく、発生回転数も6400回転とピーキーだったのが3700回転まで低くなっている。

 3700回転といえば従来型BRZの大きな弱点となっていたトルクの谷間。いろんな対応策を施したけれど、ついに決定的な解決策を見つけられなかったほど。

 新型BRZ、これだけ馬力もトルクも向上した上、トルク特性まで良くなった。間違いなく扱いやすくてパワフルなエンジンになっていると思う。ということでCAFEだ。

 本来なら燃費を大幅に改善させなければならないスバルなのに、どうしてパワフルなエンジンを搭載出来たのだろうか? 国交省、例外は認可しませんから。

なぜ厳しい燃費規制下で新型BRZも新エンジン搭載可能に?

今回のフルモデルチェンジで、北米仕様と共通の2.4L水平対向4気筒エンジンが搭載されることとなった。2021年現在、燃費の情報は公式発表されていない

 少し調べてみました。すると興味深いことが判明したので紹介しておく。ひとつ目は新型BRZの燃費。排気量を20%も大きくしてパワーアップもしたら燃費悪くなると思うハズ。普通、燃費悪くなる。

 しかし新型BRZの燃費、現行モデルの12.8km/Lより向上しているようなのだ。13.6km/Lくらいになるという情報も。

 2つ目が電気自動車の存在。CAFEは企業平均燃費。燃費の良いクルマを出せば、多少燃費が良くないモデルがあったとしても平均燃費は良くなる。特に電気自動車の二酸化炭素排出量ってゼロ。

 電気自動車が新型BRZと同じ販売台数なら、新型BRZの燃費を13.6km/Lとすると27.2km/Lになってしまう。2020年CAFEの要求レベルを余裕でクリア可能なのだった。

 WRX S4のような300馬力級のハイパワーモデルにも期待してしまう。こちらは電気自動車がどのくらい売れるかで決まってくると思う。電気自動車の販売台数を伸ばせれば300馬力級のスポーツモデルだって夢じゃない。

 ちなみにトヨタがGRヤリスやスープラのようなスポーツモデル出せるのは燃費良いクルマ多いからです。

燃費の良いクルマを出すことで、企業平均燃費を調整することができる。さらにBRZにハイブリッド仕様を追加するウワサも。

 そうそう。新型BRZにはもうひとつウワサがある。ハイブリッドを追加するんじゃないか、というもの。東京都など2030年で電動車以外を登録できなくなってしまう。

 CAFEをクリアできても、電動車じゃないため生きのこれない。ということからハイブリッドモデルを開発中だと言われているワケ。果たしてハイブリッドやいかに?

新型BRZにハイブリッド追加の可能性はあるか?

より厳しい2030年CAFEに対応するにはEV化が必須。それまでにBRZへハイブリッドが追加される可能性は?

 スバルはレヴォーグに搭載されている新世代1800ccをベースにしたハイブリッド仕様やPHV仕様が存在することを示唆している。燃費を向上させないと、徐々に厳しくなっていくCAFEに対応できないですから。

 このハイブリッドをBRZにも搭載してくるか? システム出力で200馬力程度あったらパワフルに走らせられるだろう。

 ただ、残念なことにレヴォーグ用に開発しているトヨタ式ハイブリッド、マニュアルトランスミッションを設定できない。作れるとしたらAT仕様のみ。

 こういったクルマのAT、ニーズ的には少ない。世界規模で見たってマニュアルのお客さんばっかり。高い開発コストを掛けて回収できるかとなれば不可能だと思う。90%の確率でハイブリッドは存在しない。

 しかも新型BRZを8年販売して2029年。さらに厳しい目標設定となっている2030年CAFEの前に絶版にすると予想しておく。逆に2029年までは今のBRZをそのまま売ろうという戦略かと。ガソリンの販売停止は2050年。2029年にBRZを買っても21年間乗れる。BRZ、最後のガソリン車として残るかもしれません。

 その次のBRZが存在するとしたら電気自動車になっている。ハイブリッドやPHVを作ったって意味なし。

 昨今の電気自動車を見ていると、駆動輪などどこでもよい。もしかすると4輪モーター駆動になるかもしれないし、後輪駆動で頑張るかもしれない。はるか遠い先のことなので、新型BRZを存分に楽しんだらいいと思う。

【画像ギャラリー】新型86&新型BRZと北米仕様新型BRZの走行写真をみる!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します