サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ 軽自動車「フレア」を商品改良

ここから本文です

マツダは2020年1月23日、軽自動車「フレア」に商品改良を行ない、軽快な走りと燃費性能を両立させた新開発エンジンを搭載するとともに安全装備を充実させ発売した。なお「フレア」はスズキ ワゴンRのOEMモデル。

安全装備では、全車に「後退時ブレーキサポート」、「誤発進抑制機能(後退時)」、「リヤパーキングセンサー」を追加し、後方を中心とした運転時の安全性が向上。その結果、全モデルが経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当した。

トヨタ 燃料電池車の第2世代 新型「ミライ」概要を公表

新開発のエンジンは、デュアルインジェクションやクールドEGRなどの新技術を採用。

おすすめのニュース

サイトトップへ