サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【昭和の名車 152】三菱 シャリオは、日本製ミニバンのルーツ的存在だった

ここから本文です
昭和は遠くなりにけり・・・。以前に連載した「昭和の名車」では、紹介しきれなかったクルマはまだ数多くある。そこで、1960年代以降の隠れた名車を順次紹介していこう。今回は「三菱 シャリオ」だ。

三菱 シャリオ(D03W型):昭和58年(1983年)2月発売
三菱自動車は1979年(昭和54年)の東京モーターショーに「SSW(スーパースペースワゴン)」というコンセプトカーを出品。ユニークなスタイルと広い室内、多岐にわたる機構を備えた3列シートなどが注目を集めた。会場での人気に注目した三菱は、日米欧市場での調査結果を行い、それを踏まえて1983年2月に発売されたのがシャリオだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ