サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【売れてないクルマの将来は?】2020年 生産終了が危ないのはコレだ!!

ここから本文です

【売れてないクルマの将来は?】2020年 生産終了が危ないのはコレだ!!

 2019年は、マークX、エスティマ、ジューク、キューブが生産終了となり、パジェロも国内向けが生産終了となり、実に寂しい年となったが、2020年はどうなるのだろうか?

 そこで、最新データである2019年11月の販売台数から売れていないクルマをリストアップ。はたして、それらの売れていないクルマは、生産終了の運命が待っているのか? それとも次期型があるのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底レポート!

【強い、壊れない、どこでも安定…】注目度急上昇!! サバイバルに強い「タフなクルマ」たち

文/遠藤徹
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】生産終了が危ないクルマ詳細写真

今後どのクルマが生産終了になる?

 新車の販売台数が低迷すると自動車メーカー各社は開発投資を回収できず赤字になってしまう。これを防ぐために該当するモデルの生産を短期間で打ち切るのが慣例となっている。

 販売台数のカウントは国内で売られている実績だけではなく、輸出を含めた総生産台数で収益の如何を判断するので、これが決め手となる。

 例えば日産シルフィやホンダジェイドは日本では売れ行き不振だが、メインの中国での売れ行きが好調でどちらも月産8000~9000台規模に達している。

 したがって国内での売れ行きが悪くてもグローバルでは収益が出る車種となり、生産販売を維持できている状況にある。

 またスポーツモデルは生産する自動車メーカーの技術の高さをアピールする、あるいはイメージリーダーカーとしての役割も担う役目もあるので、売れない状態でも生産販売を長く継続しているケースもある。

トヨタは大ナタ振ってどのモデルを廃止にするのか?

2011年5月にデビューしたプリウスα。現行プリウスが2015年12月にフルモデルチェンジしてから4年も経つのに新型プリウスα発売の噂もない

 まずトヨタから見ていこう。現時点で生産が終了すると予想されるのはプリウスα、ポルテ/スペイド、レクサスGS、レクサスCT200hなどである。

 このほか、兄弟車、アルファード/ヴェルファイア、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、タンク/ルーミーが近い将来、それぞれアルファード、ヴォクシー、ルーミーに統合されるので、兄弟車のなかで、ヴェルファイア、ノア/エスクァイア、タンクは2021年中にも廃止となる見込みである。

現行型プレミオ。2001年に「コロナプレミオ」の後を受け、初代プレミオが誕生。現行型は2007年に登場した2代目モデル

 小型セダンであるプレミオ/アリオンは2007年6月のデビュー。フェイスリフトなどでイメージチェンジし、生きながらえてきたものの、プレミオ/アリオンを1本化し、2021年に世代交代する方向でプロジェクトが動いているようだ。

 両モデルとも廃止との情報もあったが、カローラとカムリの間の車格が離れていることから、次世代モデルの投入に踏み切るものと思われる。

 次期モデルは3ナンバーサイズに拡大され、パワーユニットは2Lのガソリンエンジンやハイブリッドを搭載し、最新のトヨタセーフティセンスなどを標準装備して世代交代する見込み。

●プレミオ(693台)&アリオン(296台)/2021年フルモデルチェンジ(予想)
●ポルテ(451台)&スペイド(230台)/2020年末モデル廃止(予想)
●プリウスα(540台)/2020年末モデル廃止(予想)
そのほか、ヴェルファイア、ノア/エスクァイア、タンクは2021年中にも廃止となる見込み
※カッコ内は2019年11月の販売台数

 トヨタは2020年5月に4系列店を「トヨタモビリティ店」に1本化する。2025年までに2017年時点で約60車種あった生産販売モデルを約30車種に削減する計画を公表している。

 この場合は売れていたモデルでも廃止の対象になるケースもある。ただ子会社であるダイハツからのOEM供給車は逆に増える方向にあるので、オールトヨタブランドでは半分よりも多くなる見込みである。

 兄弟車は乗用車だけでなくプロボックス/サクシードなど商用車もあり、こちらも統合の対象になっている。

現行ポルテの特別仕様車「グランパー」

 ポルテ/スペイドは2012年7月のデビューで、実に7年半もフルモデルチェンジしていない。ポルテ/スペイドも前述した車種整理&統合の対象車となっており、2020年末をもってモデル廃止になる可能性が高い。

 2011年5月にデビューしたプリウスαは、2015年12月にデビューした現行プリウスからすでに4年が経過しているが音沙汰なし。

 2020年にフルモデルチェンジするという情報も入ってきているが、現実問題、車種整理&統合が行われていることを踏まえるとモデル廃止となる可能性が高い。

レクサスはGS、CTが廃止?

2012年1月にデビューしたレクサスGS。すでに8年が経過しフルモデルチェンジ時期を迎えているが新型に関する情報はほぼ流れてこない

 レクサスの売れていない車種は、2011年1月登場のCT200h、2012月1月登場のGS、2013年5月登場のISで、いずれも長寿車である。

 GSはESと統合され、2020年8月にモデル廃止になる見込み。一方、CT200hは後継モデルの開発が進められており、これがCT200hと同じようなハッチバックになるのか、クロスオーバー風になるのか、不明だ。

コンパクトSUVのUXは販売好調だがCT200hは苦戦。このままハッチバックで販売されるのか、SUV風になるのか不明だという

●レクサスGS(36台)/2020年8月モデル廃止(予想)
●レクサスIS(105台)/2020年10月マイナーチェンジ、モデル継続、次期ISは2021年春発売(予想)
●レクサスCT200h(118台)/2021年12月モデル廃止または後継モデル発売(予想)
※カッコ内は2019年11月の販売台数

日産はティアナ、シーマが生産終了か?

2019年内で生産終了と販売店筋からの情報が流れているティアナ

 日産はジューク、キューブの2019年末生産終了を明らかにしている。ティアナに関しては、2019年末に生産終了という情報が流れているが、日産からはまだ報道されていない状況。しかし、販売店筋からの情報ではティアナの生産終了は確実だろう。

 2019年末、「日産シーマが生産終了」というニュースが流れたが、これは、シーマと同じプラットフォーム使っているフーガの海外版である「インフィニティ Q70」が、2019年を持って販売終了することが明らかになったことを受けて流れた「誤報」だった。 とはいえ、いつまで作り続けられるのか……。

日産のフラッグシップセダンのシーマは、フーガのロングホイールベース版というのが悲しい現実だ

 日産は売れていない車種が多く、廃止するモデルも増える方向にあるが、このままだと取り扱う車種全体が少なくなり、ライバルメーカーとの競争に勝てない状態になりかねない。

 このため生産中止しても新規の後継モデルを投入し、全体的に商品ラインアップを再編し、あまり減らさないスタンスをとっている。

 日産が2020年にデビューするモデルは、新型デイズルークス、ジュークに代わって販売される新型キックス、新型ノート、新型エクストレイル、そして2019年の東京モーターショーで発表されたアリアコンセプトの市販バージョンである。

 キューブの後継モデルも、最新情報では2020年か2021年中にハイトワゴンかコンパクトミニバンとして新型車を発売する方向で開発を進めている。

 2022年までの中期経営計画では、国内新車販売台数で業界2位の座奪還を目指しており、そのためには量販戦略モデルをもっと増やして強力な増販攻勢をかけなければならない状況にある。

●ティアナ(159台)/2019年末生産終了(予想)
●フーガ(45台)/2021年9月フルモデルチェンジ(予想)
●シーマ(8台)/継続販売見込み(予想)
●フェアレディZ(34台)/継続販売見込み(予想)
●シルフィ(92台)/継続販売見込み(予想)
※カッコ内は2019年11月の販売台数

ホンダの生産終了車はなし!?

2018年の改良で大きくデザインを一新した現行型のレジェンド。フラッグシップに恥じない先進技術を随所に盛り込んだセダンとしてホンダらしさも充分だが、販売面では苦戦が続く

 ホンダはシビック、インサイト、ジェイド、アコード、グレイス、レジェンドなど売れていないモデルが多い。これらはいずれも海外では売れ行きの良い人気モデルであるから、メーカーとしての収益はプラスになっている。

 ただ、日本仕様があまり不振から脱却できないと海外モデルだけになり、日本仕様のみが廃止になる可能性もある。

 2020年2月にアコードはフルモデルチェンジ、シビックは2020年1月10日にマイナーチェンジ、レジェンドは2020年夏にもそれぞれマイナーチェンジし、人気復活に向けて再チャレンジする方向にある。

●レジェンド(32台)/2020年8月マイナーチェンジ(予想)
●ジェイド(203台)/継続販売見込み(予想)
●インサイト(261台)2021年12月マイナーチェンジ(予想)
●アコード(43台)2020年2月フルモデルチェンジ(予想)
●グレイス(340台)2021年6月フルモデルチェンジ(予想)
※カッコ内は2019年11月の販売台数

CX-3の廃止が濃厚なマツダ

CX-30とクラス分けが難しい状況になっているCX-3

 マツダは、同クラスのライバル車に比べて売れていないマツダ2(旧デミオ)は2014年9月と古く、新型のデビューは2020年9月と予想される。

 CX-3は、CX-30と同じパワーユニットを搭載し、一部コンセプトが重なったCX-30の方が新しく、新開発のSKYACTIV-Xを搭載したことで話題性もあるので、余計にCX-3の影が薄くなった。このままだと生産中止に追い込まれるのは必至の情勢になっている。

 マツダ6は、旧アテンザの2012年の登場から、すでに8年目に突入している。歴代アテンザのモデルサイクルを振り返ると、初代は登場から7年目に、2代目は5年目にモデルチェンジを行い、次期モデルに引き継がれた。

 この流れと照らし合わせても、現行マツダ6のモデルサイクルは明らかに長い。それは、同じ2012年に登場したCX-5、アクセラ(マツダ3)が、すでにモデルチェンジを行っていることからもわかる。

 従来のサイクルで2019年か2020年に次期マツダ6が登場するとすれば、「開発はかなり進んでいるのに、投入が発表された直6の搭載は難しいのでは?」という見方もできるが、実際にはスケジュールは後ろ倒しされている。

 マツダのFR、直6モデルは2022年に投入される予定だが、ラージアーキテクチャーは現行マツダ6以上の車格となる見込みだから、現行マツダ6の後継車は、車格がアップし、直6+FRモデルとなる可能性が高い。


ベストカー本誌が製作した次期マツダの直6+FRセダンの予想CGイラスト

●マツダ2(1871台)/2020年9月フルモデルチェンジ(予想)
●CX-3(335台)/2020年モデル廃止予定(予想)
●マツダ6(242台)/2021年フルモデルチェンジ(予想)
※カッコ内は2019年11月の販売台数

三菱はRVRが生産終了か?

2019年8月のマイナーチェンジでフェイスリフトしイメージチェンジを図ったRVR

 三菱のRVRは2021年にもフルモデルチェンジ予定だが、この時点でネーミング変更する可能性がある。こうなると現行モデルは廃止となる。

●RVR(179台)/2021年10月にフルモデルチェンジ(予想)
※カッコ内は2019年11月の販売台数


スバルはレガシィB4国内仕様の生産終了

2019年2月のシカゴショーで公開された7代目。 スバル・グローバル・プラットフォーム を採用したボディは全長4840× 全幅1840 × 全高1500mmとなった

 北米ではセダンの「新型レガシイB4」と「新型アウトバック」を同時に発売しているが、国内向けの販売は見送られている。国内仕様はアウトバックのみに絞られ、レガシイB4は廃止になることが濃厚になっている。

 新型アウトバックは、クロスオーバーSUVとステーションワゴンの中間に位置するスバルならではの仕立てだが、このコンセプトは基本的に引き継ぐが若干SUV寄りに振る可能性がある。

 パワートレインは、2.5L、NA水平対向エンジンを廃止し、新開発の1.8L水平対向ターボを搭載する。北米仕様は2.4Lだが、国内仕様ははより走りのポテンシャルアップを図った同パワーユニットを搭載。これに改良型フルタイム4WD、CVTを組み合わせる。

●レガシィB4(780台)/日本向け2020年末生産終了(予想)
※カッコ内は2019年11月の販売台数

OEM車は今後廃止されていく?

日産からセレナのOEM供給を受けたスズキランディ

 このほか、売れていない車種としては、三菱のミラージュ(150台)、スズキのイグニス(229台)、バレーノ(34台)、SX-4 Sクロス(102台)、エスクード(196台)が挙げられるが、各車種、海外の生産工場で作られており、海外向けが売れている、モデルチェンジが近い、などの理由があり、現時点では今後も継続生産される見込みだ。

 またOEM車のモデル廃止も今後頻発していくだろう。スズキが日産からOEM供給を受けているランディ(70台、日産名セレナ)は販売不振で近い将来モデル廃止の可能性がある。

 同社は日産よりもトヨタとの関係を強めているので、場合によっては同分野のモデルをトヨタからのOEM供給に切り替えるかもしれない。

 ダイハツのブーン(366台)はトヨタにOEM供給している姉妹車の「パッソ(2485台)」と合わせれば十分な収益車で存在価値はあるといえる。

 今後のフルモデルチェンジで復活を目指すことになるが、場合によってはパッソも含めモデル廃止になる可能性もある。

 またダイハツはトヨタからメビウス(3台、トヨタ名プリウス)、アルティス(0台、同カムリ)のOEM供給を受けているがまったくの販売不振のため、近い将来廃止することも考えられる。

※カッコ内の台数は2019年11月の新車販売台数

【画像ギャラリー】生産終了が危ないクルマ詳細写真

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します