サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クラウンだけじゃダメ!? 今になってわかった!! マークXが支えたFRセダンの生命線

ここから本文です

 セダン人気が陰りを見せた2000年代初頭、多くの名車が姿を消していった。トヨタ・マークX(マークII)もその1台だ。

 1968年にコロナ・マークIIとして登場し、51年もの間トヨタの中上位層向けFRセダンとして愛された。2019年12月に生産終了となり、同時に日本のFRセダンを引っ張る存在が消えてしまったように感じる。

クラウンだけじゃダメ!? 今になってわかった!! マークXが支えたFRセダンの生命線

 マークXの存在意義や、マークXを失ったトヨタ販売現場の状況を考えながら、これから、FRセダンが生きていく道について探っていきたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン