現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 暮らしに馴染める電動ハッチ ヴォグゾール(オペル)・アストラ・エレクトリックへ試乗 航続415km

ここから本文です

暮らしに馴染める電動ハッチ ヴォグゾール(オペル)・アストラ・エレクトリックへ試乗 航続415km

掲載
暮らしに馴染める電動ハッチ ヴォグゾール(オペル)・アストラ・エレクトリックへ試乗 航続415km

バッテリーEVのアストラは少々お高め

ヴォグゾール(オペル)・アストラのバッテリーEV版、アストラ・エレクトリックがグレートブリテン島へやって来た。2023年5月に英国での価格は発表されていたが、ちょっとお高いな、というのが当初の正直な感想だった。

【画像】暮らしに馴染める電動ハッチ オペル・アストラ・エレクトリック 競合の電動モデルも 全110枚

エントリーグレードは4万ポンド(約724万円)を切るものの、今回試乗した上級グレードのアルティメットは、4万3110ポンド(約780万円)。テスラ・モデル3も狙えるお値段となる。

ヴォグゾールもそれは理解していたようで、3年間金利0%の残価設定プランが用意されている。これを使えば、毎月263ポンド(約4万8000円)で乗れる。

ただし、頭金として1万2000ポンド(約217万円)が必要。3年後の残価は、1万8200ポンド(約329万円)と見積もられている。英国では一般的な、会社からの貸与車両として選ぶ場合、バッテリーEVは税制的に有利なため一定の支持は集めるはず。

このアストラ・エレクトリックは、内燃エンジンを搭載したアストラと、基本的に見た目は同じ。フォルクスワーゲン・ゴルフと同等サイズのファミリーハッチバックで、全長が4374mm、全幅は1860mm、全高は1470mmある。

駆動用バッテリーの容量は51kWhで、フロア部分に敷かれる。シャシーのねじり剛性は、内燃エンジン版より向上しているという。補機類が載る都合で、荷室の容量は若干小さくなるものの、350Lは残されている。

スタイリッシュなボディやインテリア

駆動用モーターはフロントに搭載され、前輪駆動。最高出力は155ps、最大トルクは27.4kg-mがうたわれ、0-100km/h加速には9.2秒を要する。バッテリーEVとしては、加速力は控えめといえるだろう。

近年のヴォグゾールは、プレミアムブランド以外の自動車メーカーのなかで、上位に属したいと考えている。ヒョンデやマツダなども、最近は同様の意向を抱いているようだが、動力性能的にアストラ・エレクトリックは少々物足りないかもしれない。

それでも、スタイリングは内燃エンジン版と同じく洗練されている。中央部がつままれたように尖ったボンネットは、多少クセがあるかもしれない。1950年代のアメリカ車のように感じた。

インテリアのデザインも明快で、ライバルとは一線を画す。ダッシュボードは、スタイリングへ呼応するようにダイナミックに横方向へラインが引かれ、その上部に10.0インチモニターが2面並んだパネルが据えられる。

アストラがベースとするのは、プジョー308などと同じ、ステランティス・グループのプラットフォーム。基本的な人間工学も共通している。しかしインテリアでは、エアコンの操作パネルなどが独自デザインになっている。

内装の上面はソフトタッチ加工が施され、視覚的な印象も質感も高い。足もとは、硬質なプラスティックがそのままだけれど。

乗員空間にはゆとりがあり、シートサイズもゆったりしており、快適性ではクラス最高水準だろう。ドライビングポジションも自然で好ましい。ちなみに当面は、左ハンドルのみが販売される。

リラックスして運転できるハッチバック

公道へ出てみると、目立った特徴は感じられないものの、市街地も郊外もリラックスしたまま運転できる。アクセルペダルを踏み込んでも、背中が強く押されるような勢いはないが、滑らかに心地良く速度が増していく。

幹線道路へ合流する場面などでは、もっと鋭くダッシュして欲しいと思うことがあるかもしれない。スポーティなドライブモードを選んでも、解決はしないようだった。

回生ブレーキの強さは2段階から選べるが、そのボタンは小さすぎる。ステアリングホイール裏にパドルを設ければ、手際よく調整できるようになるのだが。

ステアリングの反応は、滑らかで好印象。乗り心地もしなやかで、コーナーでの姿勢制御と巧みに両立できている。このクラスで突出した印象までは受けないものの、不満を抱くことはないだろう。

エネルギー効率は、かなり優秀なようだ。駆動用バッテリーの容量はさほど大きくないが、WLTP値での航続距離は415kmが主張される。

試乗時は、苦労せずに6.9km/kWhの電費効率を得られていた。気温20度と条件が良かったとはいえ、現実的に350km以上は走れる計算になり、競争力は高い。急速充電能力は、DCで最大100kW。ACでは11kWまで対応する。

競合メーカーも、順次このクラスのバッテリーEVを提供し始めている。ドライビング体験で、アストラ・エレクトリックが強い印象を残すことはないかもしれない。それでも、普段使いしやすい電動ハッチバックとして、多くの人の暮らしに馴染めるはずだ。

ヴォグゾール(オペル)・アストラ・エレクトリック・アルティメット(英国仕様)のスペック

英国価格:4万3110ポンド(約780万円)
全長:4374mm
全幅:1860mm
全高:1470mm
最高速度:170km/h
0-100km/h加速:9.2秒
航続距離:415km
電費:8.2km/kWh
CO2排出量:−g/km
車両重量:1679kg
パワートレイン:永久磁石同期モーター
駆動用バッテリー:51kWh(実容量)
急速充電能力:100kW(DC)
最高出力:155ps
最大トルク:27.4kg-m
ギアボックス:シングルスピード(前輪駆動)

こんな記事も読まれています

シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
レスポンス
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
@DIME
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
motorsport.com 日本版
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
乗りものニュース
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
くるまのニュース
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの実力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの実力
@DIME
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年5月12日~5月18日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年5月12日~5月18日)
Webモーターマガジン
機能とデザイン、どちらも大事! 愛煙家は必見…新作アッシュトレイ【特選カーアクセサリー名鑑】
機能とデザイン、どちらも大事! 愛煙家は必見…新作アッシュトレイ【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
初優勝・牧野任祐の涙に、ダンディライアン村岡総監督も感極まる。苦悩する若武者に密かに感じていたシンパシー「自分を見ているようだった」|スーパーフォーミュラ第2戦
初優勝・牧野任祐の涙に、ダンディライアン村岡総監督も感極まる。苦悩する若武者に密かに感じていたシンパシー「自分を見ているようだった」|スーパーフォーミュラ第2戦
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 予選
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 予選
AUTOSPORT web
アストンマーティン、イモラで投入のアップデートは”攻めの姿勢”の表れ「昨年の学びを生かした」
アストンマーティン、イモラで投入のアップデートは”攻めの姿勢”の表れ「昨年の学びを生かした」
motorsport.com 日本版
ハミルトン4番手「アップデートの効果を感じる。今までより上位との差が縮まった」メルセデス/F1第7戦金曜
ハミルトン4番手「アップデートの効果を感じる。今までより上位との差が縮まった」メルセデス/F1第7戦金曜
AUTOSPORT web
新型「大型商用バン」初公開! 全長5.4m超え「車中泊専用」仕様登場!? 西海岸風“オシャ内装”採用! デュカト発売へ
新型「大型商用バン」初公開! 全長5.4m超え「車中泊専用」仕様登場!? 西海岸風“オシャ内装”採用! デュカト発売へ
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.044.0万円

中古車を検索
アストラの車買取相場を調べる

オペル アストラの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.044.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村