現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ポルシェ911」が海抜6734mに到達する高度世界記録を樹立! チリの「オホス・デル・サラード火山」で世界新記録を達成

ここから本文です

「ポルシェ911」が海抜6734mに到達する高度世界記録を樹立! チリの「オホス・デル・サラード火山」で世界新記録を達成

掲載 10
「ポルシェ911」が海抜6734mに到達する高度世界記録を樹立! チリの「オホス・デル・サラード火山」で世界新記録を達成

海抜6.734m、これ以上の高所に到達したクルマはない。チリや仏、独、米、加、スイスのメンバーからなる国際チームが、レーシングドライバーのロマン・デュマをサポート!

2023年12月2日(土)、フランス人レーシングドライバーのロマン・デュマは、チリの「オホス・デル・サラード火山」西尾根の頂上で、eFuelsで走る大幅に改造された「ポルシェ911」を操縦し、四輪車で走行した高度の世界新記録を樹立した。ル・マンで3度のチャンピオンに輝いたロマン・デュマをサポートするチームは、このチャレンジで極限状態に直面したという。気温は氷点下20度前後、空気の密度は海抜の半分ほどだったからだ。

【比較試乗】軽量か? オープンか? 911カレラはどちらがオススメですか?「911カレラ・カブリオレ vs 911カレラT」

「この経験は一生忘れないだろう。どんなクルマも通ったことのないところを走るのは、並外れた感覚だった」と、火山から下りた直後のロマン・デュマは語った。「911は、地球上のどのクルマよりも高いところを走ることができたんだ。つまり、これが本当に達成可能な最高高度だったからだけれど。チーム全員にとって誇らしい瞬間だよ。そして、これを可能にしたすべてのパートナーのサポートと信念に、心から感謝するよ」

【写真7枚】世界記録樹立! ポルシェ911が高い火山の道を爆走 

大きく改造された2台のポルシェ911モデルを使用したこの遠征は、合成燃料の開発・製造を行う「HIFグローバル」、自動車や航空機の軸受メーカー「シェフラーグループ」、世界有数の合成エンジンオイル「モービル1」のチーム、タイヤの「BFグッドリッチ」、スイスの高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」によってサポートされた。これらの企業は、ガイド、エンジニア、ドライバー、登山家からなる国際チームを専門知識と技術でサポートした。

ポルシェAGのコンプリート・ヴィークル・アーキテクチャー&キャラクタリスティックスのヴァイスプレジデントであるフランク・ワリザー博士は、「チーム全員におめでとうと言いたい。このプロジェクトは"もしも"から始まりました。限界に挑戦し、探求することで学ぶことを信条とするこの会社で働けることをとても誇りに思います。

この遠征で使用された2台の911モデルは、eFuelsによって駆動されました。eFuelsは、当社が主導したHIFパイロット計画『プンタ・アレナスのハルオニ (Haru Oni in Punta Arenas)』で生産され、その後、現在適用されている燃料規制に従ってブレンドされます」

「HIFグローバルのCOOであるクララ・ボウマン氏は、「我々はこの結果に感激しており、このような特別なプロジェクトに取り組む緊密で情熱的なチームの一員となれたことに興奮しています。これは、HIFグローバル合成eFuelsの能力が、想像しうる最も過酷で厳しい条件下で発揮されることを力強く証明するものです。これほど長い時間をかけて新記録を樹立したことは、素晴らしい成果です」と話した。

このプロジェクトは、2022年にオホス・デル・サラド火山を訪れ、探検走行で6,000mを超えたばかりで、同車両とチームにとって再訪となった。ちなみに、達成したピークの高度は、モンブランの山頂を超える1,934mに相当する。これまでの記録は2020年に樹立されたもので、その際には6,694mに達したという。


背景の詳細 車両
この記録挑戦には「ドリス」と「エディス」の愛称で呼ばれる、2台のポルシェ911の改造モデルが参加した。記録更新車は、RDリミテッドがポルシェと共同で開発。記録そのものは、デュマがより軽量で俊敏な「エディス」ヴァリアントで達成した。

この極めてオフロード性能の高い特別改造車は、現行の911カレラ4Sをベースにしている。443馬力の3.0リッター6気筒ボクサーエンジン[911カレラ4S:燃料消費量*複合値(WLTP)11.1-10.2L/100km、CO2排出量*複合値(WLTP)253-231g/km]はノーマルのままで、標準の7速マニュアルトランスミッションと組み合わされた。

このクルマはMobil 1の純正潤滑油で作動し、極寒の気候でもパワートレインを問題なく作動させることができた。911は、堅牢かつ軽量なシャシー構造、十分なパワー、超高度への対応力など、優れたベースであることが証明されたのだ。

この2台にはカーボンファイバー製シートと5点式ハーネスが装備された。次にポータルアクスルが追加され、最低地上高が引き上げられた(13.7インチ/350mm)。ポータルアクスルはギア比を下げる効果もあり、低速での正確で穏やかなスロットル入力を可能にした。さらに、岩の上を滑ることができるように、軽量だが非常に強靭なアラミド繊維製の特別なアンダーボディプロテクションが装備された。

先導車には、シェフラーグループが開発・提供するステア・バイ・ワイヤーという特別な技術が追加された。スペース・ドライブと呼ばれるこのシステムは、火山と地形が要求する独特で過酷な条件に対応することができ、ロマン・デュマが必要とする場所に車を正確に配置できるよう、精度と詳細なフィードバックを提供した。

HIFとeFuelsについて
eFuelsは再生可能エネルギーを用いて水と二酸化炭素から製造され、eFuelsの製造過程で回収されるCO2は車の使用中に排出されるCO2とほぼ等しいため、燃焼エンジンをほぼ正味でCO₂ニュートラルに使用することができる。

ポルシェは過去、現在、未来のスポーツカーに電力を供給する「ダブルeパス」の一環としてeFuelsに投資している。EモビリティとeFuelsにである。チリのプンタ・アレナスにある合成燃料を生産する初の統合パイロットプラント「春鬼」は、2022年末に生産を開始している。

記録的高度への到達
遠征中、プロジェクトは慎重かつ安全第一のアプローチをとった。チームは2週間かけてゆっくりと高度に順応し、毎日ゆっくりと高度を上げていった。911の標準システムは空気の薄さを感知し、それに応じて給油量を調整する。チームは高度だけでなく、心拍数、睡眠パターン、消費カロリーもタグ・ホイヤーが提供したコネクテッド・スマートウォッチで綿密にモニターした。

この監視は、場所が遠隔地であり、薄い空気と凍てつくような気温が混ざり合うことで高山病やその他の健康へのリスクが常に存在するため、チームの一部を構成する2人の医師によって行われた。

2022年とは異なり、チームは火山の高層部で比較的雪に遭遇することは少なかったが、転石地帯を通り抜ける道を見つけるなど、手ごわい挑戦であることに変わりはなかった。911は斜面を形成する深い砂利や火山灰を横断し、全輪駆動システムとワープコネクターによってグリップを維持したという。

山頂へのプッシュは12月2日(土)に行われ、チームは現地時間の午前3時30分に出発した。15時58分、山頂と旅の終わりに到達した。チームはしばし素晴らしい眺めを楽しみ、記念写真を撮った後、登頂と同じ正確さと慎重さで慎重に下山を開始した。911の"エディス"は新たな傷跡と分厚い火山粉塵に覆われていたが、それ以外は同じ偉業を再び成し遂げる準備ができていた。

こんな記事も読まれています

10年ぶりのフルモデルチェンジで4代目に進化! 新型「ミニ・クーパー」は初のEVに加えガソリン車も同時に発表
10年ぶりのフルモデルチェンジで4代目に進化! 新型「ミニ・クーパー」は初のEVに加えガソリン車も同時に発表
VAGUE
GT-R顔!? 「高級セダン計画」白紙か 1300馬力&ド迫力ウイングの新型「HiPhi A」  注目される中国動向
GT-R顔!? 「高級セダン計画」白紙か 1300馬力&ド迫力ウイングの新型「HiPhi A」 注目される中国動向
くるまのニュース
BMWモトラッド『R 12 nineT』、新クラシックロードスター誕生
BMWモトラッド『R 12 nineT』、新クラシックロードスター誕生
レスポンス
いかにも「カッコイイ」クーペ風SUVは日本で成功しない? 海外とは異なる日本の特殊な市場とは
いかにも「カッコイイ」クーペ風SUVは日本で成功しない? 海外とは異なる日本の特殊な市場とは
WEB CARTOP
ファストバックサルーンのプジョー508が内外装と機能装備をアップデート
ファストバックサルーンのプジョー508が内外装と機能装備をアップデート
カー・アンド・ドライバー
国民的オフロード車【ヤマハ セロー225】が誕生するまで「1985年最初期モデル<1KH>詳細解説」
国民的オフロード車【ヤマハ セロー225】が誕生するまで「1985年最初期モデル<1KH>詳細解説」
モーサイ
完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」
完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」
motorsport.com 日本版
新型「アバルト(ABARTH) 600e」 SUVの600eはアバルトでもっともパワフルな市販車だ!
新型「アバルト(ABARTH) 600e」 SUVの600eはアバルトでもっともパワフルな市販車だ!
AutoBild Japan
自動車業界に新たな波? 試乗祭りで感じて!
自動車業界に新たな波? 試乗祭りで感じて!
レスポンス
魔娑斗「友達が凄く増えました!」ハーレーで人生大充実!? 新車発表会に夫婦で登場、タンデムの思い出も披露
魔娑斗「友達が凄く増えました!」ハーレーで人生大充実!? 新車発表会に夫婦で登場、タンデムの思い出も披露
モーサイ
練馬の新しい「南北道路」整備スタート!? 目白通り~青梅街道を直結「外環の2」大泉JCTから石神井公園まで事業区間が延長
練馬の新しい「南北道路」整備スタート!? 目白通り~青梅街道を直結「外環の2」大泉JCTから石神井公園まで事業区間が延長
くるまのニュース
サーキット疾走の守護神! 大容量オイルパンの真価~カスタムHOW TO~
サーキット疾走の守護神! 大容量オイルパンの真価~カスタムHOW TO~
レスポンス
20%OFFで【MIDLAND】のメッシュ通信インカム「R1 MESH」が買える!「Makuake」で予約販売を開始!  
20%OFFで【MIDLAND】のメッシュ通信インカム「R1 MESH」が買える!「Makuake」で予約販売を開始!  
モーサイ
最大50%OFF!の「LIMITED SALE」をカワサキプラザが開催!ライディングウエアなどのアパレルを狙うなら今だ!  
最大50%OFF!の「LIMITED SALE」をカワサキプラザが開催!ライディングウエアなどのアパレルを狙うなら今だ!  
モーサイ
【10年ひと昔の新車】ビッグマイチェンしたスバル レガシィは、新エンジンを搭載してどう変わったか
【10年ひと昔の新車】ビッグマイチェンしたスバル レガシィは、新エンジンを搭載してどう変わったか
Webモーターマガジン
2024年1月欧州新車販売、メーカー別販売台数ランキング
2024年1月欧州新車販売、メーカー別販売台数ランキング
カー・アンド・ドライバー
フェルスタッペンが通算33回目のPP獲得。フロントロウはルクレール【予選レポート/F1第1戦】
フェルスタッペンが通算33回目のPP獲得。フロントロウはルクレール【予選レポート/F1第1戦】
AUTOSPORT web
1000万円超え! トヨタ新型「ランクル“プラド”」予約受付開始! 330馬力の「“最強エンジン”仕様」中国で発売へ
1000万円超え! トヨタ新型「ランクル“プラド”」予約受付開始! 330馬力の「“最強エンジン”仕様」中国で発売へ
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • zai********
    馬力がすごく下がるんですよね

    空燃比も良く調整して行かないとダメなのかな?大体そんなとこまでマップないよね

    普通は
  • koh********
    オートバイの方がまだ向いてそうではあるけど、
    確か風間さんの記録が6000mとチョイ(エベレストですが)だったから…車でそれ以上ってすごいな…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索
911の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村