サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 著名デザイナーの手により現代に蘇った「ルノーキャトル」はホテル並に快適そう

ここから本文です
ルノーは、懐かしの名車「4(キャトル)」をベースに作られたコンセプトカー「SUITE N°4」を発表した。キャトルの誕生60周年を機に企画されたもので、フランス史上最多の生産台数を誇る希代の名作は、世界的デザイナー、マシュー・レハヌールの手により、動くスイートルームへと生まれ変わった。

キュートな丸目ヘッドライトと空車時の前傾姿勢がユニークなキャトルは、1961年に登場したフランスの国民的ハッチバック。生産は世界28か国において行われ、1994年まで30年以上の間に800万台超が販売された。100か国以上でのセールス実績は、グローバルカーの先駆けと言っていいだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン