現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルピーヌ新型「A290」 ハンドリングで "攻める" 高性能EV、6月13日のル・マン24時間で初公開へ 

ここから本文です

アルピーヌ新型「A290」 ハンドリングで "攻める" 高性能EV、6月13日のル・マン24時間で初公開へ 

掲載 1
アルピーヌ新型「A290」 ハンドリングで "攻める" 高性能EV、6月13日のル・マン24時間で初公開へ 

ハンドリング重視の電動ホットハッチ

仏ルノー傘下のスポーツカーブランドであるアルピーヌは、6月13日に開催されるル・マン24時間レースで、新型EV「A290」の市販モデルを発表する予定だ。

【画像】A110の「生みの親」から高性能の電動ハッチバック登場【アルピーヌA290を写真で見る】 全20枚

A290は、ルノー5 EテックをベースとするBセグメントの小型ハッチバックで、アルピーヌらしい高い動力性能を持つとされる。今年2月には、寒冷地テストを行うプロトタイプの画像が公開された。

既存のA110に続く2番目のモデルラインであり、初の市販EVとなる。また、ルノー・メガーヌEテックをベースとするクロスオーバーと大型SUVが続き、A110の後継車とA310と呼ばれる4人乗りスポーツカーも登場する予定だ。

A290はルノーのCMF-BEVプラットフォームを使用し、車体下部にバッテリーを配置することで重心を下げ、リアアクスルには独立マルチリンク・サスペンションを採用するなどハンドリングの向上を図っている。さらに、油圧式バンプストップを追加して乗り心地とドライビング性能の両立を目指した。

フロントアクスルに搭載されるモーターのトルクベクタリングは、機械式ディファレンシャルの挙動を再現し、ブレーキング時の安定性と加速時のトラクションを高めているという。

デザイン責任者のアントニー・ヴィラン氏はA290の動力性能について、「重いバッテリーを搭載していても、軽快感とピュアな喜びという、これまでまったく同じドライビング哲学を見出したい」と語っている。

A290のボディサイズは全長3990mm、全幅1820mm、ホイールベースは2530mmとされる。

パワートレインは2種類あり、標準車にはルノー・メガーヌEテック・エレクトリックと共通の最高出力218psのモーター、さらなる高性能版には最高出力272psのモーターが搭載される。後者は2027年の生産開始が見込まれる。

バッテリーの詳細は不明だが、容量は約52kWhで、1回の充電での航続距離は400km弱と予想される。

こんな記事も読まれています

スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
AUTOCAR JAPAN
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
AUTOCAR JAPAN
【ベンテイガに次ぐ稼ぎ頭】 ベントレー新型コンチネンタルGTを予告 第四世代はハイブリッドへ
【ベンテイガに次ぐ稼ぎ頭】 ベントレー新型コンチネンタルGTを予告 第四世代はハイブリッドへ
AUTOCAR JAPAN
カッコカワイイ「高級オープンカー」公開! 英伊合作の新型バルケッタ 50台限定生産
カッコカワイイ「高級オープンカー」公開! 英伊合作の新型バルケッタ 50台限定生産
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ『マカン』新型、EVを生産開始…航続591km
ポルシェ『マカン』新型、EVを生産開始…航続591km
レスポンス
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
AUTOCAR JAPAN
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
くるまのニュース
ルノーの最上位SUVクーペ『ラファール』、300馬力の高性能PHEV登場
ルノーの最上位SUVクーペ『ラファール』、300馬力の高性能PHEV登場
レスポンス
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
カー・アンド・ドライバー
ベントレー史上最強の782馬力、『コンチネンタルGT』新型は6月発表へ
ベントレー史上最強の782馬力、『コンチネンタルGT』新型は6月発表へ
レスポンス
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
レスポンス
第4世代はついにハイブリッドを採用!? ベントレー新型「コンチネンタルGT」まもなく世界初公開
第4世代はついにハイブリッドを採用!? ベントレー新型「コンチネンタルGT」まもなく世界初公開
VAGUE
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
くるまのニュース
コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY
コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY
OPENERS
『コンチネンタルGT』が新開発V8採用の第4世代に進化。ベントレー、2024年6月の発表を予告
『コンチネンタルGT』が新開発V8採用の第4世代に進化。ベントレー、2024年6月の発表を予告
AUTOSPORT web
英アストン マーティン 新型 "スーパー4WD" 導入検討中 高級V8オフローダー登場か
英アストン マーティン 新型 "スーパー4WD" 導入検討中 高級V8オフローダー登場か
AUTOCAR JAPAN
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
レスポンス

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索
A110の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村