サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ「デイズ」を捨てた? 絶好調「日産ルークス」が名前を変えた「紳士的」な理由

ここから本文です

なぜ「デイズ」を捨てた? 絶好調「日産ルークス」が名前を変えた「紳士的」な理由

 デイズの名が付くためルークスの販売台数も合算していた

 2020年2月に日産デイズルークスがフルモデルチェンジを行い、車名をルークスに変更した。この背景には複数の理由がある。

200万円台も増えてきた高額軽自動車がなぜ好調に売れるのか

 まず「ルークス」の車名が市場に浸透して、認知度も高まったことだ。過去を振り返ると、日産は三菱と合弁会社のNMKVを立ち上げて、新しい軽自動車の開発に乗り出した。その結果、2013年6月にデイズ、続けて2014年2月にデイズルークスを発売している。それまでの日産は、スズキ・パレットのOEM車をルークスの名称で売っていたが、2014年に発売したモデルはデイズと同じNMKVの共同開発車だ。OEM車のルークスとは異なるため、車名もデイズルークスとした。

 また当時からホンダN-BOXやダイハツ・タントの人気はトップ水準だったが、スズキ・スペーシアは中堅で、全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンの売れ行きは今ほど極端ではなかった。そこでデイズの車名を冠したデイズルークスを名乗り、「デイズ」としてイメージを定着させる狙いもあった。

 裏話的なことを言えば、全国軽自動車協会連合会の集計する届け出台数を多く見せる意図もあっただろう。「デイズ」と「ルークス」では別々に集計されるが、「デイズ」と「デイズルークス」なら、両車を合計した「デイズ」として公表されるからだ。

 そのために2015年以降の軽自動車年間販売ランキングを見ると、デイズ(デイズ+デイズルークス)は、N-BOXとタントに続いて3位に入ることが多かった。他メーカーの商品企画担当者からは「デイズとデイズルークスは別のクルマなのに、届け出台数を合計するのはズルいよね」という話も聞かれた。

 ルークスという名が浸透したから独立させた

 確かに2車種の合計だから、届け出台数は当然に増える。ほかの例では、ダイハツのムーヴとムーヴキャンバス、ミライースとミラココアも、異なる車種の届け出台数を合計して公表している。

 しかし今は「デイズ」と「ルークス」に分けたから、別々に算出される。直近の2020年6月は、ルークスが9431台、デイズは6598台(一部デイズルークスの在庫車を含む)であった。仮に両方を合計すると1万6029台だからN-BOXを上まわるが、このような合計する算出方法はフェアではない。ユーザーにとってもわかりにくい。

 現行型でルークスをデイズから独立させた理由は、車名が浸透したからだ。販売店でも以前から「ルークス」と呼び、わざわざ「デイズルークス」と長い車名にする必要はなくなっていた。

 また軽自動車の販売面ではスーパーハイトワゴンが主力になり、前述のとおりルークスの届け出台数はデイズよりも圧倒的に多い。もはや派生車種ではないからルークスと呼ぶ。

 わかりにくいのはスズキ・アルトラパンだ。カタログやウェブサイトでは「ラパン」と表記しているが、外観写真の車名プレートを見ると「ALTO Lapin」になっている。届け出台数も両車を合計した数字だ。

 小型/普通車のスバルXVも同様になる。「インプレッサXV」とはどこにも書かれていないが、型式の基本部分は共通で、日本自動車販売協会連合会の公表する登録台数も「インプレッサスポーツ+インプレッサG4+XV」の合計だ。こういった例は少ないが、小型/普通車の登録台数や軽自動車の届け出台数を見るときには注意したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します