現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 70歳おめでとう! 永遠のアイコンアメリカンスポーツカー「シボレー コルベット」ケンタッキーにある博物館を訪問

ここから本文です

70歳おめでとう! 永遠のアイコンアメリカンスポーツカー「シボレー コルベット」ケンタッキーにある博物館を訪問

掲載 更新
70歳おめでとう! 永遠のアイコンアメリカンスポーツカー「シボレー コルベット」ケンタッキーにある博物館を訪問

ケンタッキー州にある“ヴェット”の生産拠点にある国立コルベット ミュージアムでは、70年にわたるコルベットーの歴史に敬意を表し、全シリーズの素晴らしいモデルを展示している。AUTO BILDスーパースポーツカー担当のアレクサンダーがコルベット天国を訪れた。

ケンタッキー州ボウリング グリーン(Bowling Green)にある「国立コルベット博物館」ほど、興奮とドラマをひとつ屋根の下で味わえる自動車関連の建物は他にないだろう。コルベット工場のすぐ隣、ハイウェイ446の反対側には、1990年代初頭に設計された未来的な建物が訪れる人を歓迎している。

【このクルマなんぼ?】40年落ちの軍用ゲレンデヴァーゲンが販売中! ノルウェー陸軍の「メルセデス 240 GD」の値段は?

特に目を引くのは、赤いスパイクのついた黄色いスカイドームだ。「スティングレイ」という言葉が何かを伝え、教えてくれる・・・。この博物館自体は、ほとんどすべてが民間の主導で建設され、寄付金と地元の銀行からの2件の融資によって賄われた。ゼネラルモーターズ自身は資金を提供しなかった。

しかし、999,999台目の「コルベット」を博物館のためにオークションに出品し、100万台目の「コルベット」を展示することを約束した。そこには「コルベット」を取り巻くファンカルトを維持・強化するという共通の目標があったからだ。

エキサイティングなのはコルベットの顧客は、工場見学とお決まりの歴史ツアーを兼ねて、ミュージアムで購入した「コルベットC8スティングレイ」を博物館で直接受け取ることができることだ。続いて「スティングレイ グリル」でハンバーガーを食べれば、みんなハッピーだ。

ミュージアム自体は、最初は年代順に見学者を案内するが、その後、いくつかの特別展示へと進む。すべてはハーレー アールと最初の「コルベット」のアイデアから始まる。これは第二次世界大戦の終結とその直後の数年間と密接に結びついている。というのも、戦後の数年間、ヨーロッパから帰還した米軍兵士たちは、現地で人気を博していた小型の英国製ロードスターに惚れ込み、自宅に持ち帰ったからだ。

初期のコルベットは、社内では"プロジェクト オペル"と呼ばれていた

ジャガーとMGに対抗するため、GMは1950年代初頭に独自の解釈による小型軽量スポーツカー、"プロジェクト オペル"を開発した。ゼネラルモーターズはすでに1929年にオペルブランドを買収しており、アメリカ国内ではその名前の意味を知る者はほとんどいなかったため、「コルベット」を極秘裏に開発&設計するには最適なプロジェクト名だった。

1952年、プロジェクト名も社内でオペルから「コルベット」に変更された。ちなみに、その間に「クーガー」という名前も短期間検討され、脇腹に「クーガー」の文字が入ったプロトタイプの写真もいくつか残っている。

「コルベット」のボディが70年間もFRP製であるということは、もはや伝統と言っていいだろう。量産車のボディにFRPを用いた最初で最後のメーカーでもある。しかし、内部文書によると、当初から金属ボディに変更するというプランはあり、1954年以降スチールボディになる予定であったと記されている。だが、コルベットのデザインスケッチを再現するには、またコスト面でもFRPを使用することがベストであった。スチールボディだったら、この2023年に記念すべき年を迎えることはなかっただろう。

ゾーラ アーカス=ダントフがいなければ、コルベットは存在しなかった

ゾーラ アーカス=ダントフという人物が1953年にシボレーで働き始めていなかったら、「コルベット」はおそらくアメリカの自動車史の片隅で端役を演ずる売れない役者に過ぎなかっただろう。デザインの第一人者ハーレー アールとチーフエンジニアのエド コールがこのプロジェクトの推進者であったが、1950年代末に「コルベット」がポルシェ、ジャガー、フェラーリと並んでレース場のピットレーンに立つことを確実にしたのはアーカス ダントフであった。物足りない"ブルーフレーム"6気筒エンジンはパワフルなV型8気筒に置き換えられ、シャシーとエアロダイナミクスに手が加えられたことで、“ヴェット”はクルーザーからリアルスポーツカーへと変貌を遂げた。

「コルベット」のもう一人の救世主が「フォード サンダーバード」である。というのも、初代「コルベット」デビューの2年後に、シボレーが目標にしていた販売台数を「T-Bird」が先に達成したおかげで、マーケットの存在を確信することができたGMのボスは、迷わず「ヴェット」の開発を継続したのだ。

世代と世代の間には常にコンセプトカーがある

アメリカのスポーツカー「コルベット」が生き残りを賭けた最初の戦いの後を、ゲストたちは時代を経て進んで行く。個々のモデルシリーズは、愛情を込めてデザインされたディスプレイで展示され、キュレーターはその間に何度も見どころを教えてくれる。例えば、ビル ミッチェル率いるデザインチームのラリー シノダのペンによるコンセプトカー「マコ シャーク(青鮫)」など。ミッチェル自身、1958年末に引退したハーレー アールの後を継いでデザイン責任者に就任した。

展示のモータースポーツセクションは、来場者をスカイドームへと導き、殿堂入りを果たしたメンバーが、博物館の歴史に残る特別なモデルとともに壁に刻まれている。博物館では毎年、「コルベット」の伝説にふさわしい3人を表彰している。

いよいよ、最後の特別展示に向かう。主にハリウッド映画のフィルムカーをデザインしたカール キャスパーの作品は、年末までここに展示される。

悲しい話しのその前に。それは大地が開いた日だった。ケンタッキーにとって洞窟は特別なものではない。多くの住民は、この魅力的な地下の地層で観光業を生業としているほどだ。いわゆる「陥没穴」は別物だ。ここでは、溶けやすい岩石が地下水や地表水によって地下に移動し、穴が開く。

2014年2月、ケンタッキー州のNCMの真下で穴が開いた

ケンタッキーにとって洞窟は特別なものではなく、洞窟を観光業に活用しているほどだ。しかし「陥没穴」は別物だ。2014年2月12日午前5時44分、まさにNCM(ナショナル コルベット ミュージアム)のドームの真下で、直径約12メートルの穴が開いたのだ。8台の歴史的な「コルベット」が地下に崩れ落ちて、そのうち5台は助からなかった。1984年のインディレースのペースカー、1991年の「ZR-1スパイダー コンセプトカー」、93年の40周年記念車、2001年の「マレット コルベット」、そして2009年の150万台目の「ヴェット」である。

残った3台はレストアされた。100万台目のコルベットの白い「C4コンバーチブル」と、GMの青い悪魔、「ZR1」、黒い1962年製「ハードトップ コンバーチブル」は、NCMによって丹念に再生された。今日、この特別展示があの運命の朝の出来事の証人となっている。

NCMへの寄り道は、音楽の都ナッシュビルを通過するのであれば、最も価値がある。そこから州間高速道路65号線経由でボウリング グリーンまで1時間強。コルベット ミュージアムがすでに苦労して学んだように、この地域には発見すべき素晴らしいものがたくさんある。

NCMへの旅行は、音楽の都ナッシュビルに寄って音楽を聴きながら行くのがいいだろう。 そこから州間高速道路 65 号線を経由してボーリング グリーンまではわずか1時間だ。コルベット博物館を満喫したら、すぐ近くにあるロスト リバー洞窟など、素晴らしい見どころがたくさんある。

NCM周辺にも発見がいっぱい

北へ30分ほど行くと、マンモス ケーブ国立公園があり、壮大な洞窟の造形が見られる。また、そのすぐ隣には、著者が個人的にお勧めする、世界最長の地下吊り橋があるヒドゥン リバー ケーブがある。閉所恐怖症の人には絶対にお勧めできない!次に大きな都市であるルイビルは、車で約2時間のところにある。

国立コルベット博物館(National Corvette Museum)は、3月初旬から10月末までの繁忙期が午前9時から午後5時まで開館し、最終入場は午後4時30分である。入場料は大人18ドル(約2,700円)。

結論: 「コルベット」とその70年の歴史について少しでも知っている人なら、一生に一度は国立コルベット博物館を訪れなければならない。これほど本物の“ヴェット”の粋を集めた場所は他にはないだろう。

Text: Alexander Bernt

こんな記事も読まれています

アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
レスポンス
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
Webモーターマガジン
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
WEB CARTOP
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
VAGUE
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
くるまのニュース
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
カー・アンド・ドライバー
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
Auto Messe Web
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン 富裕層の信頼を勝ち得たプレミアムモデル
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン 富裕層の信頼を勝ち得たプレミアムモデル
グーネット
スーパーGT2024 第1戦岡山 SUBARU BRZ GT300 多くの課題を克服して臨みつつも26位フィニッシュ
スーパーGT2024 第1戦岡山 SUBARU BRZ GT300 多くの課題を克服して臨みつつも26位フィニッシュ
Auto Prove
シボレー コルベット の頂点「ZR1」、今夏発表へ
シボレー コルベット の頂点「ZR1」、今夏発表へ
レスポンス
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
WEB CARTOP
フェラーリのアップデートに期待大? サインツJr.「1、2回でレッドブルのアドバンテージを埋められるかも」
フェラーリのアップデートに期待大? サインツJr.「1、2回でレッドブルのアドバンテージを埋められるかも」
motorsport.com 日本版
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
WEB CARTOP
スバルが新型「ステーションワゴン“SUV”」発表! 上品ブルー×ブラック装備が超カッコイイ! アンダー700万円の「アウトバック“ウィルダネス”」中国に登場
スバルが新型「ステーションワゴン“SUV”」発表! 上品ブルー×ブラック装備が超カッコイイ! アンダー700万円の「アウトバック“ウィルダネス”」中国に登場
くるまのニュース
総出力680馬力のカッ飛びSUVにクーペモデル追加! メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE クーペを発表
総出力680馬力のカッ飛びSUVにクーペモデル追加! メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE クーペを発表
WEB CARTOP
ウェーレイン、土壇場まで戦略に確信持てず「ローランドが僕よりバッテリー少ないなんて信じられなかった」
ウェーレイン、土壇場まで戦略に確信持てず「ローランドが僕よりバッテリー少ないなんて信じられなかった」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

439.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

138.01199.0万円

中古車を検索
サンダーバードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

439.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

138.01199.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村