現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【アウディR8グランドフィナーレ】アウディR8ファイナルバージョン V10パフォーマンスクワトロエディション R8最後の1台

ここから本文です
【アウディR8グランドフィナーレ】アウディR8ファイナルバージョン V10パフォーマンスクワトロエディション R8最後の1台
写真を全て見る(2枚)

アウディR8: V10ヒラメの終焉。アウディR8はこれでおしまい!カーボンエアロパッケージと20インチホイールを装着したパフォーマンスクワトロエディションだ。

正直、残念で寂しいことだが、アウディは徐々にスポーツカーを廃止している。2023年11月に最後の「TT」が生産ラインを離れ、そして今、「R8」がグランドフィナーレを迎えようとしている。具体的には、ネッカーズルムにある高級モデル専用工場「Böllinger Höfe」で、最後の「R8」が工場の門をくぐったところだ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

さよならV10&ハローV8ツインターボ!ランボルギーニ ウラカン後継車は高回転型800馬力V8ツインターボ搭載の野獣!
さよならV10&ハローV8ツインターボ!ランボルギーニ ウラカン後継車は高回転型800馬力V8ツインターボ搭載の野獣!
AutoBild Japan
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
AutoBild Japan
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
AutoBild Japan
AMG製高性能オープントップ 新型「メルセデスAMG CLE 53 カブリオ」今秋登場
AMG製高性能オープントップ 新型「メルセデスAMG CLE 53 カブリオ」今秋登場
AutoBild Japan
“Meisterstück(傑作)”の車名を冠したアウディA4/A4アバント/A5スポーツバックの特別仕様車が日本上陸
“Meisterstück(傑作)”の車名を冠したアウディA4/A4アバント/A5スポーツバックの特別仕様車が日本上陸
カー・アンド・ドライバー
【クラシック オブ ザ デイ】90年代の名車「BMW 3シリーズ コンパクト(E36)」ルックスは好みの問題だが、その走りは素晴らしかった
【クラシック オブ ザ デイ】90年代の名車「BMW 3シリーズ コンパクト(E36)」ルックスは好みの問題だが、その走りは素晴らしかった
AutoBild Japan
次期型はポルシェの兄弟車に!? VW『シロッコ』、電動スポーツカーとして復活か
次期型はポルシェの兄弟車に!? VW『シロッコ』、電動スポーツカーとして復活か
レスポンス
2024年カンヌ国際映画祭でBMWがナオミ キャンベルとコラボしたショーカー「BMW XM ミスティーク アリュール」
2024年カンヌ国際映画祭でBMWがナオミ キャンベルとコラボしたショーカー「BMW XM ミスティーク アリュール」
AutoBild Japan
ケータハム「セブン485」に最終モデル「ファイナルエディション」が欧州登場 日本へも10台導入
ケータハム「セブン485」に最終モデル「ファイナルエディション」が欧州登場 日本へも10台導入
VAGUE
ベントレー伝統の“W12エンジン”も最後! 新型「バトゥール コンバーチブル」登場 世界16台の限定車
ベントレー伝統の“W12エンジン”も最後! 新型「バトゥール コンバーチブル」登場 世界16台の限定車
VAGUE
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
LE VOLANT CARSMEET WEB
【パワーSUV対決】シュトゥットガルト対ミュンヘン 500馬力超のポルシェ カイエンとBMW X5の一騎打ち 果たしてその勝者は?
【パワーSUV対決】シュトゥットガルト対ミュンヘン 500馬力超のポルシェ カイエンとBMW X5の一騎打ち 果たしてその勝者は?
AutoBild Japan
ランボルギーニの新型スーパーカー、V8ツインターボ+3モーターで900馬力超え…『ウラカン』後継
ランボルギーニの新型スーパーカー、V8ツインターボ+3モーターで900馬力超え…『ウラカン』後継
レスポンス
第4世代の新型コンチネンタルGTを6月公開予定。ウルトラパフォーマンスハイブリッドを搭載して782馬力を発生。
第4世代の新型コンチネンタルGTを6月公開予定。ウルトラパフォーマンスハイブリッドを搭載して782馬力を発生。
Webモーターマガジン
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
AutoBild Japan
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
カー・アンド・ドライバー
ベントレーの第4世代「コンチネンタルGT」が登場、新しいパワートレイン「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」を搭載
ベントレーの第4世代「コンチネンタルGT」が登場、新しいパワートレイン「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」を搭載
@DIME
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
くるまのニュース

みんなのコメント

3件
  • mic********
    予想通りめっちゃ中古価格上昇、タマ数減ってるね。
  • ******
    ランボルギーニを買収してR8を作ったが遂に廃番のアウディ。
    性能もウラカンを超える事はできなかった。
    (VWのルール上、上位ブランドに対する性能超越は出来ない。)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

458.01080.0万円

中古車を検索
V8の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

458.01080.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村