現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 12.3リッターV16エンジンで5000馬力って何かの間違いじゃないか? 最高速500km/hのハイパーカー「デヴェル16」がケタ違いすぎて声が出ない

ここから本文です

12.3リッターV16エンジンで5000馬力って何かの間違いじゃないか? 最高速500km/hのハイパーカー「デヴェル16」がケタ違いすぎて声が出ない

掲載 142
12.3リッターV16エンジンで5000馬力って何かの間違いじゃないか? 最高速500km/hのハイパーカー「デヴェル16」がケタ違いすぎて声が出ない

 この記事をまとめると

■「デヴェル・モータース」は世界最速のハイパーカー生産を目指してドバイに設立された

「スーパーカー」はわかるけど最近聞く「ハイパーカー」って何もの?

■2013年には12.3リッターのV16エンジンを搭載した「シックスティーン」が公開された

■5000馬力のトラックバージョン以外にも2000馬力の公道バージョンも存在する

 ジェット戦闘機からの技術フィードバックで世界最速を目指す

 中東のドバイで、世界最速のハイパーカーを生み出そうというアイディアが持ち上がったのは、2006年のことだったという。開発の目標値として掲げたのは、5000馬力の最高出力と500km/hを超える最高速。それが実現されれば、当然のことながら実際にオンロードを走行できるハイパーカーとしては、その頂点に君臨する動力性能、そして運動性能であることが認められるだろう。その夢を現実とするために、「デヴェル・モータース」という会社は、ドバイの地に設立されたのである。

 約2年間の準備期間を経て、2008年には待望の開発作業が始まった。コンセプトは「インスパイアド・バイ・ア・ジェット・ファイター」。すなわち戦闘機からさまざまな技術的なノウハウを採り入れ、それによって世界最速の座を目指そうというのだ。

 パワーユニットは12.3リッターの排気量を持つV型16気筒クワッドターボが計画され、2013年のドバイ国際モーターショーでは、その名も「シックスティーン」とネーミングされたプロトタイプが公開されている。

 5000馬力・3000馬力・2000馬力の3バージョンを製作予定

 ミッドに搭載されたV型16気筒エンジンは、デヴェル・モータースによればシングルブロックを持つもので、かつてチゼタがランボルギーニのV型8気筒エンジンを2基使用してV型16気筒を実現したのとは事情が異なる。そしてこのV16エンジンはミッドに縦置きされ、4速ATと組み合わされた後、5007馬力の最高出力、そして3757Nmの最大トルクを4輪に伝達する。

 この5007馬力仕様のシックスティーンはトラック専用の仕様となるが、ロードモデルを希望するカスタマーのためには、同じV16エンジンで3048馬力としたもの、また1500馬力から2000馬力にパワーを調節したV8エンジンを搭載したモデルのデリバリーも行う予定だという。

 デヴェル・モータースによれば、トラック専用の5007馬力仕様は、0-100km/h加速を1.6秒で、そして最高速は驚異の586km/hを達成する実力を持つという。2022年10月の段階で、彼らは1台の5007馬力仕様と、もう1台のV8仕様を完成させているが、残念ながらそのパフォーマンスはオフィシャルな舞台ではまだ確認されていない。

 先日は日本でも華々しく発表会が催されたデヴェル・シックスティーン。そのプライスはかつて170万ドル(約2億4000万円)と発表されたことがあるが、世界最速のハイパーカーを所有できるのならば、この程度は惜しくないというカスタマーも、きっと多いのではないだろうか。

こんな記事も読まれています

日産が新型「高級スカイライン」夏発売! 最強スペック&旧車風デザイン採用!? 手組みエンジン搭載の約950万円「特別モデル」どんな人が買う?
日産が新型「高級スカイライン」夏発売! 最強スペック&旧車風デザイン採用!? 手組みエンジン搭載の約950万円「特別モデル」どんな人が買う?
くるまのニュース
ホンダ「CRF1100Lアフリカツイン」 仕様装備・外観を変更した最新モデル発売
ホンダ「CRF1100Lアフリカツイン」 仕様装備・外観を変更した最新モデル発売
バイクのニュース
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー“帯域分割”の調整においては“音量バランス”もシビアに設定!
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー“帯域分割”の調整においては“音量バランス”もシビアに設定!
レスポンス
キャデラック リリック【1分で読める輸入車解説/2023年版】
キャデラック リリック【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
待望の日本初公開! ホンダ製“ネイキッドバイク”の旗艦「CB1000ホーネット」は“ストリートファイター”系のスタイルがカッコいい
待望の日本初公開! ホンダ製“ネイキッドバイク”の旗艦「CB1000ホーネット」は“ストリートファイター”系のスタイルがカッコいい
VAGUE
【最新モデル試乗】トヨタ・クラウンの本命セダンが提唱する「ニューフォーマル」という新価値
【最新モデル試乗】トヨタ・クラウンの本命セダンが提唱する「ニューフォーマル」という新価値
カー・アンド・ドライバー
マツダ新型「和製スポーツカー」市販化へ!? ロータリーエンジン搭載で370馬力発揮! 「ポルシェ」級のスペックに期待高まる声も
マツダ新型「和製スポーツカー」市販化へ!? ロータリーエンジン搭載で370馬力発揮! 「ポルシェ」級のスペックに期待高まる声も
くるまのニュース
日産「最安カー」!? 精悍顔がカッコイイ「小型セダン」! 日本でも売って欲しい「ヴァーサ」とは
日産「最安カー」!? 精悍顔がカッコイイ「小型セダン」! 日本でも売って欲しい「ヴァーサ」とは
くるまのニュース
20年以上無事故・無違反の「トラックドライバー認定制度」始まる! 全国初の取り組み、狙いは?
20年以上無事故・無違反の「トラックドライバー認定制度」始まる! 全国初の取り組み、狙いは?
くるまのニュース
ホンダ「ディオ110」「ディオ110 ベーシック」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ディオ110」「ディオ110 ベーシック」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
EV失速、ハイブリッド絶好調! グローバル投資家の「トヨタ」を見る目が変わった根本理由
EV失速、ハイブリッド絶好調! グローバル投資家の「トヨタ」を見る目が変わった根本理由
Merkmal
ホットハッチ好き今1番の悩み!! できるだけ早く欲しいけど……24年6月発売予定の新型「スイフトスポーツ」を待つ価値はあるのか!? 
ホットハッチ好き今1番の悩み!! できるだけ早く欲しいけど……24年6月発売予定の新型「スイフトスポーツ」を待つ価値はあるのか!? 
ベストカーWeb
爽やかなビーチが似合う車内が個性的! ボディカラーもオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
爽やかなビーチが似合う車内が個性的! ボディカラーもオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
進化を続ける「iDrive」。BMWの未来インターフェース【石井昌道】
進化を続ける「iDrive」。BMWの未来インターフェース【石井昌道】
グーネット
GTO コルト レグナム……時代の不運がなければあるいは!? 惜しくも潰えた三菱のクルマ3選
GTO コルト レグナム……時代の不運がなければあるいは!? 惜しくも潰えた三菱のクルマ3選
ベストカーWeb
アル/ヴェルは5穴だけど……「元祖高級ミニバン」初代エルグランドは6穴ホイールだったってマジ!? 秘密は「ベース車」にあった!!
アル/ヴェルは5穴だけど……「元祖高級ミニバン」初代エルグランドは6穴ホイールだったってマジ!? 秘密は「ベース車」にあった!!
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「元愛車の行方」第92回
くるまりこちゃん OnLine 「元愛車の行方」第92回
ベストカーWeb
K-tunes Racing、2024年も多様なレース活動を展開。GTワールドチャレンジ・アジアは3台体制に
K-tunes Racing、2024年も多様なレース活動を展開。GTワールドチャレンジ・アジアは3台体制に
AUTOSPORT web

みんなのコメント

142件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村