現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新型スイフト内装解説】シートヒーター2駆でも助手席に完備!! USBポートの気遣いも衝撃!! マジで感動レベルのデキよ

ここから本文です

【新型スイフト内装解説】シートヒーター2駆でも助手席に完備!! USBポートの気遣いも衝撃!! マジで感動レベルのデキよ

掲載 2
【新型スイフト内装解説】シートヒーター2駆でも助手席に完備!! USBポートの気遣いも衝撃!! マジで感動レベルのデキよ

 新型スイフトのきめ細やかな気配りがもう感動レベル!! そう、内装のデキがハンパないのだ。質感こそ高級車級とは言えないものの、USBポートやアームレストに至るまで、さすが!! ってな仕上がりなのだ。新型スイフトの内装を超絶細かくお伝え!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:奥隅圭之

【新型スイフト内装解説】シートヒーター2駆でも助手席に完備!! USBポートの気遣いも衝撃!! マジで感動レベルのデキよ

■スポーツカー並!! コクピット感満載なのよ

ご覧の通り運転席側に傾けた設定となっており、まさにドライバーズカーといった印象

 さすがは走りのスイフト。現行モデルは5度運転席側にオフセットしていたが、新型スイフトはさらに傾け8度に変更。

 わずかな差であるが、コレが乗ってみると別モノ!! スポーツカーレベルのコクピット感満載のデキなのだ。

 新型スイフトの内装は、インパネやドアパネルなどはホワイトとブラックのモノトーン仕様。

 最上級グレードMZはシルバー加飾が備わるなどの差別化を行うも原則1種類という布陣。

 ソフトパッドこそ使用していないが、ダッシュボードやドアパネルなどそれぞれ違うシボを取り入れるなど、全体的に質感がアップした印象。実際に乗り込むと天井部がホワイトとなるために、本来のサイズ以上に広く感じるデキに。

■CDも聴けるぞ!! タイプAを残したワケもお見事

右からナビ及びディスプレイオーディオ接続用のタイプA。中央が3AのタイプC、3つめが2.1AのタイプA。端右がACソケットという布陣

 9インチのメーカーオプションナビはMZとMXに装着可能で、XGは9インチディスプレイオーディオとなる。ナビを選べばCDとDVDプレーヤーが備わるのもお見事。

 というのもライバルのヤリスは発売当初CDプレーヤーを設定しておらず、ユーザーからの希望の声が殺到。

 その結果、急遽オプション設定したという経緯がある。スイフトは最初からラインアップさせたのはお見事。

 ちなみにフロントにタイプAとCそれぞれのUSBポートを備えており、前者は2.1A、後者は急速充電対応の3Aと用途によって使い分けられる仕様となっている。

 ただ昨今の新車はタイプCが主流だが、そこはスズキ。

 徹底したリサーチにより国内はiPhoneユーザーが多く、タイプAライトニングを愛用しているユーザーが相当数存在していることから、あえて残したという徹底ぶりなのだ。ちなみに新型スペーシアも同様。

■こりゃ歓喜!! シートヒーター2駆でも助手席に装備

写真は最上級グレードのMZ。電子パーキングブレーキスイッチの左右にシートヒーターの操作盤を配置。それ以外のグレードでも同じ並びとなるが、パーキングブレーキがレバー式となる

 個人的にグッと来たのはシートヒーター。というのもこれまでスズキのほとんどのクルマは4WDを選べば両方付くが、2WD仕様は運転席だけという作戦であった。

 だが、新型スイフトは2駆モデルを選んでも両座に装備されるようになったのだ。これは地味ながらデカい!!

 これまた細かい話だが、アームレストは先代モデル同様に運転席のみに装備される格納式タイプを採用。

 運転席と助手席の間に据え置きタイプを設置する案も検討したというが、電子パーキングモデルならさておき、MXやXGといったレバー式のパーキングブレーキのモデルの場合、運転時に邪魔になるという判断から取りやめたという。

 ヤリスやフィットといったライバル勢がほとんどオプション設定なのを考えると、スイフトはかなりエライ!!!!

 ともあれステアリングが革巻きかウレタンといった細かな差はあれど、どのグレードを選んでも価格以上のデキとなった新型スイフト。

 これ写真で見るより、実車で確認するのが絶対おすすめ!!

こんな記事も読まれています

樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
WEBヤングマシン
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
VAGUE
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
くるまのニュース
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
WEBヤングマシン
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット

みんなのコメント

2件
  • gut********
    すっごいヨイショ記事。
    今どき、ケーヨンにもついてるよ。
  • pik********
    わかる。シートヒーターは神アイテムだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村