現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もう新興国生産の日本車がダメなんて時代は終わった! オデッセイの品質の高さにWR-Vにも期待しかない

ここから本文です

もう新興国生産の日本車がダメなんて時代は終わった! オデッセイの品質の高さにWR-Vにも期待しかない

掲載 65
もう新興国生産の日本車がダメなんて時代は終わった! オデッセイの品質の高さにWR-Vにも期待しかない

 この記事をまとめると

■これまで日本では新興国生産のクルマにはネガティブな声が目立った

復活オデッセイかステップワゴンか? 同門ミニバンの「全席」「ラゲッジ」の使い勝手を徹底比較してみた

■現在は生産国や工場違いの間で生まれるクルマの生産品質の差がかなり縮まった

■日本の人口減少の影響で今後は海外生産されたクルマの販売が増える可能性がある

 海外で生産される日本車の品質が上がってきている

 インドで生産され輸入されるホンダWR-Vが正式発売された。ホンダはすでに2023年12月に発表したオデッセイの一部改良モデルについては、中国生産モデルを輸入販売している。日系ブランド車ながら、日本以外で生産され国内に輸入されるケースはいままでも存在していた。

 事実、現状でもトヨタ・タウンエース、ダイハツ・グランマックスはインドネシアで生産され輸入販売されているし、トヨタ・スープラも海外生産モデルとなっている。過去にはトヨタやホンダがアメリカ工場生産モデルを輸入販売していたが、このようないわゆる先進国生産はどちらかといえば市場の受け止め方はポジティブとなるが、これが新興国生産モデルとなるとネガティブな声が目立つように見える。

 たとえば4代目日産マーチや6代目三菱ミラージュは、いずれもタイの工場にて生産されたモデルが輸入されていたが、タイ工場製というのもあったのか、市場の反応は芳しくなかったように見えた。そこには生産品質では世界一の日本製に劣るという印象が、日本国内に根強くあるように見える。

 先日、中国産の最新ホンダ・オデッセイに試乗する機会があった。以前、同世代の日本製モデルに試乗したことがあったが、搭載するハイブリッドユニットの非力イメージが強く、それを意識して加速時や坂道ではアクセルを踏み込むことも多くなり、結構騒々しいイメージを強く受けた。全体の印象としてはあまりよくなかった。

 中国生産モデルとなり、搭載されるハイブリッドユニットは「LFA」から「LFB」に変更されている。中国市場モデルとスペックが同じなのかは未確認だが、過去に日本製モデルを試乗したときとは印象がかなり異なり、低速からトルクの強さを感じることができ、静粛性も高まっていた。

 確実に改良したという実感のあるモデルとなっていた。

 ただし、日本製と比較すると、機能が簡易化された装備があったり、初期生産モデルなので仕方ないのかもしれないが、リヤコンビランプとボディの設置面に隙間があったりもしたが、これは改善されていくものと考えれば、ネガティブなイメージはほとんどなく、繰り返すがやっぱり改良モデルだという印象を強く受けた。

 たしかにいまでも、「MADE IN JAPAN」はクオリティの高さにおいては全世界でそれだけでお墨付きをもらえるくらいのレベルを維持しているのだろうが、海外の生産拠点との差が過去よりも縮まっているのも確かな話。とくにオデッセイでは、同じホンダの日本国内か中国の工場製といった話なので、生産品質に大差があるほうがおかしいだろう。

 仮に中国で生産される日本メーカー車と中国メーカー車を比較しても、明らかに中国メーカー車が品質で大きく見劣りするということもなくなったともいえる。

 海外生産で国内に輸入販売する車種を増やす可能性も

 新興国では鉄道や地下鉄、路線バスなどの公共輸送機関は朝夕の通勤ラッシュを中心に日本よりはるかに混雑するのが一般的。そのため、ひとたびマイカーを購入すると、すべての日常生活を中心とした移動がクルマになるともいわれているほど、シビアにクルマが使われるのが一般的であり、それは日本の比ではないといわれている。

 少し前に中国で聞くと、年間4万kmを走るのもザラとのことだったので、アメリカのロサンゼルス地域並みに生活の足となっているともいえる。

 新興国の家庭で家庭用エアコンの普及が急速に進み始めたころ、常夏の国は別として、四季のある地域ではひとたび暑くなったからとエアコンを作動させると、涼しくなるまで電源をオフにせずにつけっぱなしで使うケースが目立ったとのこと。

 そこで慌てて日本メーカーが、そのような使い方にも対応させるために耐久性のさらなる向上をはかったという都市伝説を聞いたことがある。こんな話がクルマの世界でも通用するぐらい、日本とは比べられないほどシビアに使われているのである。

 日本との使用環境が異なり、さらに生産工場も現地に構えているとなれば、同じモデルでもその地域にあったスペック(耐久性の向上)に変更されるのは当たり前ともいえる。その意味では今回の一部改良したオデッセイは、いい意味でチャイナスペックが反映されていると感じることができた。

 各メーカーの戦略や国内状況の今後にもよるが、海外生産された日系メーカーモデルが日本国内でも販売されるケースは増えてくるのではないかと考えている。それは単にコストを意識したものではなく、人口減少に歯止めのかからない日本では、今後、日本国内で日本向けモデルを生産することへの負担が中長期的に見れば大きくなることもあるのではないかと感じている。

 そして、それを可能とするように、日本で売っても日本製と遜色なく売れるほどのレベルとなっている証ともいえるのではないかと、オデッセイを見て感じた。そうなると、インド製となるWR-Vの様子も大いに気になってしまう。

こんな記事も読まれています

BEVが急速に普及したタイで成長鈍化の予想! それでも中国メーカーが押し寄せるのは日本進出への布石か
BEVが急速に普及したタイで成長鈍化の予想! それでも中国メーカーが押し寄せるのは日本進出への布石か
WEB CARTOP
タイのバンコクで中国製BEVタクシーが急増中……も乗り心地は従来の「カローラアルティス」に軍配!!
タイのバンコクで中国製BEVタクシーが急増中……も乗り心地は従来の「カローラアルティス」に軍配!!
WEB CARTOP
かつて新車には季節によって売れる「旬のクルマ」があった! 新車ディーラーが昔のような「季節戦略」をとれなくなったワケ
かつて新車には季節によって売れる「旬のクルマ」があった! 新車ディーラーが昔のような「季節戦略」をとれなくなったワケ
WEB CARTOP
タイにヒョンデが「N」で参戦! ただし「タイ人の好み」を把握している日本車の壁はそう簡単に崩せない
タイにヒョンデが「N」で参戦! ただし「タイ人の好み」を把握している日本車の壁はそう簡単に崩せない
WEB CARTOP
いまタイで高級ミニバン戦争が激化! 鉄壁のアルファード&レクサスLMに挑む中国勢たち
いまタイで高級ミニバン戦争が激化! 鉄壁のアルファード&レクサスLMに挑む中国勢たち
WEB CARTOP
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
WEB CARTOP
え、なんで?「ある国産セダン」がカナダに大量輸出された見えない理由
え、なんで?「ある国産セダン」がカナダに大量輸出された見えない理由
ベストカーWeb
ドイツ車に乗るなら「ドイツ感」を思いっきり味わいたい……が予算は厳しい! そんな人向けに100万円以下でドイツっぷり満点のドイツ車5台を探した
ドイツ車に乗るなら「ドイツ感」を思いっきり味わいたい……が予算は厳しい! そんな人向けに100万円以下でドイツっぷり満点のドイツ車5台を探した
WEB CARTOP
日産R34「スカイラインGT-R」がラストか!? 米の中古車輸入を緩和する“25年ルール”に変化の兆し 「高額取引が続く日本のスポーツカー」の未来とは
日産R34「スカイラインGT-R」がラストか!? 米の中古車輸入を緩和する“25年ルール”に変化の兆し 「高額取引が続く日本のスポーツカー」の未来とは
VAGUE
いすゞ「高級SUV」がスゴい! 同じ車に「9コ」の名前がある!? 便利すぎて「OEM供給」されまくった「車名多すぎモデル」とは
いすゞ「高級SUV」がスゴい! 同じ車に「9コ」の名前がある!? 便利すぎて「OEM供給」されまくった「車名多すぎモデル」とは
くるまのニュース
中国EV、タイで存在感を発揮。日本車は今後どう立ち向かうべきか……【バンコク国際モーターショー】
中国EV、タイで存在感を発揮。日本車は今後どう立ち向かうべきか……【バンコク国際モーターショー】
くるくら
ヒット作の「次」は難易度高し!? なぜ発売当時R33GT-RとS14シルビアは「不人気だった」のか
ヒット作の「次」は難易度高し!? なぜ発売当時R33GT-RとS14シルビアは「不人気だった」のか
WEB CARTOP
【本田宗一郎DNAは息づいている】 型破りで破天荒なホンダの目標 EV化の裏には現実的な考えが
【本田宗一郎DNAは息づいている】 型破りで破天荒なホンダの目標 EV化の裏には現実的な考えが
AUTOCAR JAPAN
記録的「円安」で家計にダメージも! クルマ関連にはどんな影響があるのか?
記録的「円安」で家計にダメージも! クルマ関連にはどんな影響があるのか?
WEB CARTOP
トヨタ・アルファードってどんなクルマ? ヴェルファイアとの違いも解説!
トヨタ・アルファードってどんなクルマ? ヴェルファイアとの違いも解説!
WEB CARTOP
EVでは脱炭素の解決にはならない!? いま「EVは踊り場」といわれるワケ
EVでは脱炭素の解決にはならない!? いま「EVは踊り場」といわれるワケ
WEB CARTOP
「俺のはフルチューンだから」……とかクルマ好きたるもの一度はいってみたい! とはいえ「フルチューン」ってなに?
「俺のはフルチューンだから」……とかクルマ好きたるもの一度はいってみたい! とはいえ「フルチューン」ってなに?
WEB CARTOP
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
THE EV TIMES

みんなのコメント

65件
  • ********
    日本の雇用捨てて海外で生産?
    被災した国内の東北などで生産拠点を増やす方 
    が一番良い。
  • ********
    スーパーカブは中国生産にしたらリコール連発
    結果国内に戻して現在に至る
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0563.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0563.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村