サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最低350万円! トヨタ「アルファード」購入者はお金持ち? 重要視するのは価格より残価率の理由

ここから本文です

■アルファードで重要視するのは残価率?

 2020年度でもっとも売れたミニバンはトヨタ「アルファード」ですが、国産車としては300万円台半ばから設定されていることもあり、国産高級ミニバンの代表格といわれています。
 
 価格帯が上がれば機能や装備が豪華になっていき、富裕層やVIP送迎からは一定のグレード以上が好まれると考えられます。
 
 では、国産高級ミニバンのエントリーモデルは、どのようなユーザーが購入するのでしょうか。

アルファードを超える? トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 現行アルファードは、トヨタの量販ミニバンでは最上級のクラスとして2015年に3代目モデルが発売。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン