現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本で売れまくったクライスラー「PTクルーザー」は、レトロなスタイルで実用的な「ネオン」ベースの車でした【カタログは語る】

ここから本文です

日本で売れまくったクライスラー「PTクルーザー」は、レトロなスタイルで実用的な「ネオン」ベースの車でした【カタログは語る】

掲載 1
日本で売れまくったクライスラー「PTクルーザー」は、レトロなスタイルで実用的な「ネオン」ベースの車でした【カタログは語る】

VW「ニュービートル」などと並ぶレトロな輸入車として人気に

特定の車種ではなく、ある時代をモチーフにしたクルマ……クライスラー「PTクルーザー」が日本市場に導入される際、プレス向けの試乗会のブリーフィングでそう説明があり「上手いことを言うなぁ」と感心したのを覚えている。ただしどうやらモチーフはあったようで、1934年の「エアフロー8」なる、当時のアメリカ車としてはややズングリした、評判も「ちょっとね」なスタイルのクルマからインスパイアされたデザインだったようだ。そう言われてみれば、個性的ということでは元ネタにしたくなる気持ちはわからなくもないが……。

なつかしいジャンクションプロデュース仕様のVIPカーを再現! 28年越しの夢を新品エアロで製作したトヨタ「130クラウン」をお見せします

ホットロッド風のデザインをまとった真面目な実用車

とはいえ、このPTクルーザーが日本市場に導入されたのは2000年7月だったが、この2000年から2001年時点での日本市場でのクライスラー車のラインナップといえば2代目「ネオン」(2代目が販売されていた記憶が薄いが……)、「300M」、ミニバンの「ボイジャー」&「グランドボイジャー」、それとアメリカンマッスルとも言うべきダッジ「バイパー」と、かなり個性的な顔ぶれだった。

その中にあってPTクルーザーも個性は大いに主張しつつも、もっとも身近なクルマであったことは確かだった。人によっては日産の「Be-1」などのパイクカーみたいな……といった意見もあったが、筆者はどちらかというと初代のトヨタ「bB」的な、デザインにもササるけれどその実態はごく真面目な実用車……そんな受け止めをしていた。

いずれにしろ、まず味わうべきは、どことなく往年のアメリカで流行ったチョップトップクーペやホットロッドのマシンを彷彿させるような(横や斜め後ろから見たときの前傾姿勢はその趣もあった)、今でも目に少し風変わりに映るスタイルだった。ボディサイズは全長4330mm×全幅1725mm×全高1600mm、ホイールベース2615mmとコンパクトで、クルマとしては手頃な大きさ。ただし前後の張り出したフェンダーは、クラシックカーに乗り慣れない現代人にとってはやや車両感覚が掴みにくく、壁ピタ(文字どおり壁にピッタリと寄せて停めることを最近はそう言うらしい)には慣れが必要だったのは新旧のフォルクスワーゲン「ビートル」などと同じだった。

過不足のないカジュアルな走り

このPTクルーザーには日本導入の際に開催されたプレス向けの試乗会で乗っているはず。だが、これだけキャラの立ったクルマであったにもかかわらず、あろうことかその試乗会がいつ、どこで行なわれ、誰と乗ったのかの記憶がまったくない。新型車の試乗会の記憶といえば、大概はどこで撮影をしたとか、どこでクルマを停めて自動販売機で缶コーヒーを買って飲んだとか(青い缶のジョージアだったとかその銘柄までも)覚えているものだが、このPTクルーザーに関してはじつに不思議なことにそういったデータが頭の中にまったくないのである。それだけPTクルーザー自体の存在感が強かった……ということだろうか?

ただ、このクルマがネオンをベースにしたFF車で、2Lエンジン+4速ATを搭載。アクセルを踏み込むとギュイーンといった風に加速し、乗り味もサバサバッとした感じで、言葉で表わせば「過不足のないカジュアルな感じの走り」だったことは覚えている。ついでながらボディの後ろの方の剛性感もカジュアルで、少しユルッとして思えたことも何となく思い出した。

シートアレンジや荷室の使い勝手のよさはずば抜けていた

ミニバンではなかったから床が高いわけではなく、前後席とも着座姿勢はセダンよりもややアップライトだった。手元で今見ているカタログにはリミテッドとクラシックの2グレードがあり、多分、試乗会で用意されたのは上位グレードのリミテッドのほうだったはず。だとしたらアメリカ車特有の少し甘い香りのするレザーシートに座り、ごく普通の動力性能とごく普通の乗り味を肩にチカラを入れずに味わっていたのだと思う。後席はクイックリリースラッチを外せば脱着が可能だったはず。だがアメリカ車らしくシートを外す際の腕力に自信がなく脱着を試すまでには至らなかったような気もする。

とはいえPTクルーザーの名誉のために書いておけば、マルチポジションリアシェルフパネルは高さや使い方を変えれば多様に活用できたり、シートアレンジも多彩だったりと、いかにもファミリー向けの使い勝手のよさが魅力のひとつだった。当時、日本でも、このクルマの実用性の高さを存分に活用、堪能したご家族は少なくなかったはずだ。

一方で2004年6月にはカブリオも登場した。電動開閉式の3層構造&リアガラスウインドウのファブリック製ソフトトップとスポーツバー(ロールバー)を備えた4シーターのオープンで、セダンに対し全高が90mm低く、より楽しげなドライビングが味わえるクルマだった。ソフトトップの開閉は電動で、資料にはわずか10秒で開閉可能とある。このカブリオは2.4LのDOHCエンジンを搭載。ただし車重は最初のセダンの1450~1460kgに対し1740kgと重量級の仕上がりだった。

こんな記事も読まれています

ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
VAGUE
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
くるまのニュース
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
ベストカーWeb
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
AUTOSPORT web
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
グーネット
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
グーネット
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
グーネット
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
グーネット
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
グーネット
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
ベストカーWeb
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
AUTOSPORT web
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
AUTOSPORT web
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
ベストカーWeb
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
Auto Messe Web

みんなのコメント

1件
  • pgh********
    とても好きなデザインで購入するかしないか悩みに悩んだけど、左ハンドルなのと、最小回転半径が6mってのが引っかかって、結局踏み切れなかった。地方とかで停めるところに不自由しなかったら…いや、うーん、悩ましい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.2336.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0108.0万円

中古車を検索
PTクルーザーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.2336.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0108.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村