現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高額下取りも狙える!! 一番売れているレクサスSUV「RX」最推しグレードは「350h」

ここから本文です

高額下取りも狙える!! 一番売れているレクサスSUV「RX」最推しグレードは「350h」

掲載 13
高額下取りも狙える!! 一番売れているレクサスSUV「RX」最推しグレードは「350h」

 日本でもっとも売れているレクサス車である「RX」。2022年11月に登場した通算5代目となる現行RXは、レクサスの粋(すい)を集めた最新技術と最新のデザインをまとった、珠玉の一台。先代モデルでは、「F SPORT」が人気だったRXだが、現行RXにおいて、筆者がもっともお薦めしたいグレードは「RX350h(FF)」だ。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

高額下取りも狙える!! 一番売れているレクサスSUV「RX」最推しグレードは「350h」

グレード間の差は、主にパワートレイン

 現行型のRXには、2.5LガソリンエンジンのRX350(2WD、4WD)、2.5LガソリンエンジンとモーターのプラグインハイブリッドRX450h+、最上級グレードの2.4Lターボ+ハイブリッドのRX500h、そして遅れて登場したRX350hと、バリエーションが豊富にある。価格は税込666万円~901万円と大きく開きがあるが、その差は主にパワートレインの違いによるものだ。

レクサスRXの最上級グレードとなるRX500h。恐ろしいほど速いパワートレインを積み、後輪操舵も装備

 最上級のRX500hは、恐ろしいほど速いパワートレインを積んでおり、後輪操舵も装備しているので、走行性能も優れたモデルが欲しいという人や、とにかく最上級を望む人にはうってつけのモデル。最新鋭のPHEVシステムを積んだ450h+もウルトラスムーズかつラグジュアリーな走りが楽しめるモデルだ。ガソリンのRX350であっても、お手頃ながらF SPORTも選べる(4WDが必須)ので、所有欲は十二分に満たせる。

 ただ、冒頭で触れたように、このラインアップで、筆者がもっとも推すのはRX350hのFFだ。以下でその理由をご紹介しよう。

3代目のレクサスRXのラインアップ。価格は税込666万円~901万円と大きく開きがあるが、その差は主にパワートレインの違いによる

[usedcar-search brand_cd="1005" body_cd="5,7" car_cd="10052001" keyword="RX" limit=30]

理由は、高額査定が狙えるから

 筆者がRX350hのFFを推す理由は、レクサスRXにおいて、もっとも下取りが高くなる可能性が高いグレードだからだ。レクサスRXは、もともと下取り査定が高い車種。現行型は2022年11月の登場なので、現時点はまだ、相場を分析できるほどの実績がない状況なのだが、中古車買い取り専門店の担当者によると、先代モデルでは、特にハイブリッド車が海外で需要が高く、そのぶん中古車の査定価格が高くなる傾向があるそう。

 そのハイブリッドモデルのなかでも、今後は、RX350hのFFがRXにおける最人気グレードとなると筆者は考えている。これはレクサスのエンジニアから聞いた話だが、RXのオーナーは、安定志向の人が多く、ドラスティックな進化よりも、余計な装備を取捨選択しながら、中身や装備品を新しくする、というような、着実な進歩を求める傾向が強いそう。ターボエンジンやプラグインハイブリッドの強烈な加速性能は不要、また、4WDの高い走行性能もさほど必要ではない。魅力的な内外装は備えながら、静かで滑らかな走りを味わえれば十分という、自らの使い方に合わせたちょうどよい仕様を手にいれることを優先する傾向があるそうで、そう考えると、バランスのいいミドルグレードの350hのFFはぴったりということになる。実際に、2023年12月の販売台数では、RX350h(451台)がRX500h(432台)を抜いている。

今後はRXのなかでも、RX350hのFFが、もっとも人気のグレードとなっていくはず

 人気のグレードは、業者からみれば良質な個体を手に入れやすくなるため、下取り価格が高くなる傾向がある。先代RXで最人気グレードであったRX300 F SPORTの2WDは、業者向けオークションにおいて、いまも高相場で取引されているとのこと。RXに限らず、人気のグレードは総じて、下取りも期待できる傾向にあるそうで、リセールがいいRXだからこそ、この傾向は顕著であり、RXを購入するならば、ぜひRX350hのFFを購入し、よりいいリセールを狙ってほしい、というのが、RX350hのFFを推す最大の理由だ。

総合的に考えても、RX350hで十分

 先代RXで人気だった「F SPORT」が、現行のRXでは、ガソリン4WDとハイブリッドターボ4WDだけになってしまい、ただでさえ、世界的な物価高騰や制御システムの高性能化などの理由により、50万円近く価格上昇してしまった現行RXにおいて、さらに手に入れにくい存在となってしまった。

 ただ現行RXは、標準車やバージョンLであってもデザインはカッコいい。リセールのよさだけでなく、総合的に考えても、RX350hで十分であり、もっともコスパがいいのでは、と思う。参考になれば幸いだ。

レクサスRX350h。F SPORTの設定はないが、バージョンLであってもデザインがカッコ良い

こんな記事も読まれています

スーパー耐久がSUGOで開幕。土曜のグループ2はST-Zの埼玉GBスープラがペナルティで逆転勝利
スーパー耐久がSUGOで開幕。土曜のグループ2はST-Zの埼玉GBスープラがペナルティで逆転勝利
AUTOSPORT web
若者どころかバブル世代も知らない? 不便でも愛せたカセットテープ「8トラック」って?
若者どころかバブル世代も知らない? 不便でも愛せたカセットテープ「8トラック」って?
ベストカーWeb
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
ベストカーWeb
【角田裕毅F1第5戦展望】最善策のセットアップでもグリップ不足は改善せずQ1敗退「アタックはかなり妥協を強いられた」
【角田裕毅F1第5戦展望】最善策のセットアップでもグリップ不足は改善せずQ1敗退「アタックはかなり妥協を強いられた」
AUTOSPORT web
角田裕毅「感触がいいのにタイムが出ない。少し行き詰まった感じ」チームはいまだ原因を突き止められず/F1中国GP予選
角田裕毅「感触がいいのにタイムが出ない。少し行き詰まった感じ」チームはいまだ原因を突き止められず/F1中国GP予選
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1、中国GP予選リザルトに関して抗議を提出。クラッシュ後のサインツの走行を問題視
アストンマーティンF1、中国GP予選リザルトに関して抗議を提出。クラッシュ後のサインツの走行を問題視
AUTOSPORT web
モーガン・プラスシックス 詳細データテスト 操縦性はクラシックとモダンの中庸 侮りがたい動力性能
モーガン・プラスシックス 詳細データテスト 操縦性はクラシックとモダンの中庸 侮りがたい動力性能
AUTOCAR JAPAN
謎のトヨタ「GRヤリス」がニュルブルクリンク耐久レースに参戦! ドライバーはラトバラ、ニュルエディションの開発か!? 注目集まる
謎のトヨタ「GRヤリス」がニュルブルクリンク耐久レースに参戦! ドライバーはラトバラ、ニュルエディションの開発か!? 注目集まる
Auto Messe Web
50号車フェラーリがふたたび最速。一時ワン・ツー築いたBMW勢を逆転/WECイモラFP3
50号車フェラーリがふたたび最速。一時ワン・ツー築いたBMW勢を逆転/WECイモラFP3
AUTOSPORT web
TOYOTA GAZOO Racing、2024年もスーパー耐久を通じてもっといいクルマづくりに臨む
TOYOTA GAZOO Racing、2024年もスーパー耐久を通じてもっといいクルマづくりに臨む
AUTOSPORT web
BMWの屋台骨がモデルチェンジ間際! 次期「X3」の試作車へ試乗 ノイエクラッセXと差別化
BMWの屋台骨がモデルチェンジ間際! 次期「X3」の試作車へ試乗 ノイエクラッセXと差別化
AUTOCAR JAPAN
スチュワードはアロンソにペナルティを科すも、リタイア後の罰則に関する規則の修正を勧告/F1第5戦
スチュワードはアロンソにペナルティを科すも、リタイア後の罰則に関する規則の修正を勧告/F1第5戦
AUTOSPORT web
マクラーレン「750S」は軽く時速250キロ超え! ライトスポーツの走りの領域にまで達した驚くべき進化とは
マクラーレン「750S」は軽く時速250キロ超え! ライトスポーツの走りの領域にまで達した驚くべき進化とは
Auto Messe Web
【RQ決定情報2024】D1GPで3チームをサポートする「SHARK GIRL」が発表
【RQ決定情報2024】D1GPで3チームをサポートする「SHARK GIRL」が発表
AUTOSPORT web
リカルドに次戦3グリッド降格ペナルティ。セーフティカー中にヒュルケンベルグをオーバーテイク……まさに泣きっ面に蜂
リカルドに次戦3グリッド降格ペナルティ。セーフティカー中にヒュルケンベルグをオーバーテイク……まさに泣きっ面に蜂
motorsport.com 日本版
2024年版 「おしゃれ+実用性も高い」小型ハッチバック 10選 欧州最強Bセグメント車、どれが好き?
2024年版 「おしゃれ+実用性も高い」小型ハッチバック 10選 欧州最強Bセグメント車、どれが好き?
AUTOCAR JAPAN
スーパー耐久は「皆で新しい未来を目指す」…スーパー耐久未来機構に組織変更、豊田章男氏が理事長に就任
スーパー耐久は「皆で新しい未来を目指す」…スーパー耐久未来機構に組織変更、豊田章男氏が理事長に就任
レスポンス
【24台限定】伝説のビッザリーニ「5300GT コルサ」を忠実に再現! 最後の1台はル・マン24時間優勝車をオマージュ
【24台限定】伝説のビッザリーニ「5300GT コルサ」を忠実に再現! 最後の1台はル・マン24時間優勝車をオマージュ
Auto Messe Web

みんなのコメント

13件
  • fuj********
    カービューの9割は批判コメント。
    利用者がどういう層なのかお察しください。
    10年前はまだここまでひどく無かった。
  • *****
    こんなゴミより、スイフトスポーツZC33Sの方が戦闘力高いのに…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

666.0901.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

85.01220.0万円

中古車を検索
RXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

666.0901.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

85.01220.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村