現在位置: carview! > ニュース > イベント > 27,000人超のファンがドバイで熱狂! ギネス記録も飛び出した「アイコンズ・オブ・ポルシェ・フェスティバル」

ここから本文です

27,000人超のファンがドバイで熱狂! ギネス記録も飛び出した「アイコンズ・オブ・ポルシェ・フェスティバル」

掲載
27,000人超のファンがドバイで熱狂! ギネス記録も飛び出した「アイコンズ・オブ・ポルシェ・フェスティバル」

ポルシェのスポーツカー誕生75周年と「911」誕生60周年を記念したイベント、主役は「911ターボ・ゾンダーヴンシュ」と新型「パナメーラ」!

ポルシェのスポーツカー誕生75周年と911誕生60周年を記念して、クラシックカー、芸術、文化のファンが集った。「ドバイ・デザイン・ディストリクト」に集まった人々は、新型「パナメーラ」の初公開とともに、初代「911ターボ」へのオマージュとして製作された、特別なゾンダーヴンシュカーのお披露目にも立ち会った。

生誕75周年の「911」と「ディフェンダー90」がレゴに! クリスマスプレゼントにぴったりの「大人向けレゴセット」各種が発売に。

ポルシェ中東・アフリカFZEのマンフレッド・ブラウンルCEOは、「このイベントは単なる自動車、芸術、文化のショーではなく、この地域のポルシェ・コミュニティの情熱と力強さを示すものです」と述べた。

「3回目となる今回のイベントは、これまでで最大規模のものとなりました。このイベントに参加されたすべての皆様に感謝申し上げます。特に、会場にポルシェを展示してくださったポルシェオーナーの皆様に感謝申し上げます。彼らの"夢"のスポーツカーをフェスティバルの観客と分かち合ってくれた、彼らのサポートと献身に心から感謝します」

【写真25枚】初代911ターボを現代風にアレンジした特注「911ターボ」も会場で披露! 

3代目パナメーラが一般公開されたほか、「718スパイダーRS」と「ビジョン357スピードスターコンセプト」が地域デビューを飾った。また、全電動式ハイパーカーである「ミッションXコンセプト」「911 S/T」、ポルシェミュージアム所蔵車の数々も、8つのフェスティバルゾーンに展示された。

「60イヤーズ オブ 911」「エスポーツ アリーナ」「ピットレーン」「The Boulevard」「ミッションX」、ポルシェミュージアムのヘリテージトラック、新型「パナメーラ キューブ」などである。

巨大なインフレータブル911がギネス世界記録に認定される
週末、ドバイ・デザイン・ディストリクト周辺のスカイラインに、ひときわ目立つものが加わった。イベント会場にそびえ立つのは、数キロメートル先からでも見える巨大なポルシェ911だ。この真っ赤なスポーツカーは、フェスティバルの中心に配置され、「最も大きなインフレータブル・ビークル」として正式にギネス世界新記録を達成。全長約20m、高さ6m以上、幅8mという巨大なバルーンは、1963年から1973年まで生産された初代911の形状をベースにしている。

ゾンダーヴンシュによってリマスターされた初代911ターボ
一方、初代911ターボを現代風にアレンジした特注の911ターボも会場で披露された。このワンオフカーは、象徴的な911の60周年を祝うフェスティバルの一環であると同時に、ポルシェ・ゾンダー・ウンシュのパーソナライゼーション・プログラムの能力を示すものでもあった。

このプロジェクトは、スタイルポルシェ、ポルシェ エクスクルーシブ マニュファクチュール、ポルシェ中東・アフリカ地区オフィスのコラボレーションであり、ヘリテージ&ミュージアムのスタッフがサポートした。このプロジェクトは、フェルディナント・ポルシェの娘であるルイーゼ・ピエヒのために製作された「911ターボNr.1」からインスピレーションを得ている。このモデルは、ルイーゼ・ピエヒの70歳の誕生日に贈られた。

911ターボの通常生産モデルとは異なり、この車両は911カレラのナローシャシーボディを採用しながら、ターボ用の大型リアウィングをデビューさせた。シルバーの塗装に合うよう、ピエヒが厳選した赤のインテリアにタータンチェックのファブリックが使用されているのが特徴である。

「この特別なクルマは、ポルシェのパーソナライゼーションプログラムの可能性を示すだけではありません。また、このプロジェクトのインスピレーションとなった『911ターボNr.1』を振り返ることで、ポルシェの勇敢で先駆的なスピリットを浮き彫りにしています」とマンフレッド・ブラウンルCEOは説明する。

ポルシェ中東・アフリカ地区エクスクルーシブマニュファクチュールマネージャーのパトリック・ギャラス氏は、こう続ける。「私たちは、本当にユニークなクルマを現代風にアレンジしたいと考えました。幸運なことに、ポルシェにはアイコンと呼ばれるクルマが数多く存在します。その中でも最も偉大なアイコンのひとつ、ルイーゼ・ピエヒが所有していたオリジナルの911ターボを"リマスター"することにしたのです」

こんな記事も読まれています

なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
WEBヤングマシン
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
VAGUE
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
くるまのニュース
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
WEBヤングマシン
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索
911の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村