現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 絶滅危惧車のフォード エクスプローラースポーツトラックは、海へ山へ妄想が広がるビッグサイズのピックアップトラックだ!

ここから本文です

絶滅危惧車のフォード エクスプローラースポーツトラックは、海へ山へ妄想が広がるビッグサイズのピックアップトラックだ!

掲載 更新 2
絶滅危惧車のフォード エクスプローラースポーツトラックは、海へ山へ妄想が広がるビッグサイズのピックアップトラックだ!

乗用車的なSUVがベースのピックアップトラック

フォードがかつて投入していたエクスプローラーをベースにした、ピックアップトラック「エクスプローラースポーツトラック」を取り上げてみたい。新車時価格が398万~543万円と比較的高額だったものが大分、こなれてきたのだ。

過去の『絶滅危惧車』シリーズを見てみる

かつて商用車としてピックアップトラックの需要は旺盛だったが、いつしか日本では下火になっていった。乗用車としても各メーカーから何度か投入されるも、そうそう見かけないレアな存在となっている。

エクスプローラースポーツトラックは、乗員のキャビンとは別に荷台をもつピックアップトラックという形状であった。しかし、“スポーツトラック”はSport Truckではなく、Sport Trackであった。このTrackはサーキットを意味する英語で、走りの良さを予感させる車名が付けられていた。

ピックアップトラックをベースに荷台部分をキャビン化することでSUVルックに仕上げられることは多いが、エクスプローラースポーツトラックはというと、乗用車的なSUVをベースにピックアップトラックに仕立てられた車だったのだ。 エクスプローラー同様、強靭なラダーフレームをもち、サスペンションにはピックアップトラックにありがちな板バネを使わずに四輪独立懸架式を採用。そして、4WDシステムもエクスプローラー同様、切り替え不要なオンデマンド式を採用している。

キャビンは前後2列のシートを備え、かつピックアップトラック並みの荷台を両立するために全長は5370mm、ホイールベースは3310mmとビッグサイズ。ベースのエクスプローラー(全長は4400mm、ホイールベースは4250mm)に比べて、スポーツトラックは約1m長くなっている。

荷台はSMC(シート・モールディング・コンパウンド)と呼ばれる複合素材製で、軽くさびない。

前後2分割でキー付きの防水リッドをもち、壁面には12Vソケット、フロアは一体成型で3ヵ所の収納スペースを内蔵。

この中にも水抜き穴を備えている。バンパー上のステップ、サイドに備え付けられたタイダウンフックを含め、道具として考え抜かれている。

キャビンは、フロアがラバーになる以外はエクスプローラーと同等の上質さをもつ。前席はもちろん、後席も例外ではない。

一般的にピックアップトラックのリアシートは薄いクッションと直角座りとなりがちだが、スポーツトラックは空間も厚みも角度も適切に確保されている。

4L V6エンジンと5速ATはエクスプローラーXLTと共通。

最高出力213ps、最大トルク35.1 kg-mで車重は2230kg(エクスプローラーXLTより70kg増に抑えた)、加速に不満はないと言えるだろう。

最高出力213ps、最大トルク35.1 kg-mで車重は2230kg(また、4.6lV8エンジンを搭載したハイパワーモデルもラインナップされ、車両重量2280kgとなるが最高出力296ps、最大トルク41.5kg-mと文句のつけどころはない。組み合わせられたトランスミッションは6速AT。



V8エンジンへの需要が高い

原稿執筆時点(2020年3月2日)でカーセンサーnetに掲載されているエクスプローラースポーツトラックは16台。

年式が古く、走行距離が多いほど安い傾向にあり、最安値は119.8万円となっている。

中古車市場で一般的に大排気量モデルは敬遠されがちなのだが、エクスプローラースポーツトラックではV8モデルの方が新車時同様高値で推移しているのは面白い。それほどV8への需要の方が高いことを意味しているのだろう。

アウトドアグッズを汚れたまま荷台に積み込み、ラフな使い方ができるのがピックアップトラック最大の魅力。それでなくても走っている台数が少ないゆえに、カーライフにおける差別化も図れるだろう。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい!  文/古賀貴司(自動車王国)、写真/フォード絶滅危惧車のエクスプローラースポーツトラックを見てみる▼検索条件フォード エクスプローラースポーツトラック(2007年6月~2012年12月生産モデル)×全国

過去の『絶滅危惧車』シリーズを見てみる

こんな記事も読まれています

富士スピードウェイのサーキット内にキャンプ場「RECAMP 富士スピードウェイ」が2024年秋オープン!
富士スピードウェイのサーキット内にキャンプ場「RECAMP 富士スピードウェイ」が2024年秋オープン!
バイクブロス
【MotoGP】昨年ワンツーフィニッシュでも期待しすぎは厳禁! ビニャーレス、カタルニアGPに向け「賢くあるべき」
【MotoGP】昨年ワンツーフィニッシュでも期待しすぎは厳禁! ビニャーレス、カタルニアGPに向け「賢くあるべき」
motorsport.com 日本版
都心で突然の交通規制に巻き込まれたら……。信号機と警察官、どっちの指示に従えばいい?
都心で突然の交通規制に巻き込まれたら……。信号機と警察官、どっちの指示に従えばいい?
くるくら
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
レスポンス
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税”高くなる? 軽自動車は20%加算も!? 理不尽な重課措置に「車持ってるだけで罰金だ!」「国民イジメ!」の声
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税”高くなる? 軽自動車は20%加算も!? 理不尽な重課措置に「車持ってるだけで罰金だ!」「国民イジメ!」の声
くるまのニュース
ヘッドライトがよみがえる! これ1本で黄ばみ・くすみをクリアにする「ウルトライト」
ヘッドライトがよみがえる! これ1本で黄ばみ・くすみをクリアにする「ウルトライト」
月刊自家用車WEB
名車はここから生まれる!? [大成功]の流れを止めない! 2024年もジャパンモビリティショー開催へ
名車はここから生まれる!? [大成功]の流れを止めない! 2024年もジャパンモビリティショー開催へ
ベストカーWeb
【あなただけのLBXを】 レクサスが期間限定ポップアップエキジビジョン 「LBXラウンジ」
【あなただけのLBXを】 レクサスが期間限定ポップアップエキジビジョン 「LBXラウンジ」
AUTOCAR JAPAN
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
日刊自動車新聞
システム最高出力800ps──ランボルギーニ初となるPHEVスーパーSUV「ウルスSE」が日本上陸|Lamborghini
システム最高出力800ps──ランボルギーニ初となるPHEVスーパーSUV「ウルスSE」が日本上陸|Lamborghini
OPENERS
SHADの40%拡張可能なサイドケース「SH38X サイドケース」2モデルがカスタムジャパンから発売!
SHADの40%拡張可能なサイドケース「SH38X サイドケース」2モデルがカスタムジャパンから発売!
バイクブロス
マツダの至宝「ロータリーエンジン」 自動車マニアではない一般人に魅力をどう伝えるべきなのか? 元ディーラーが考える
マツダの至宝「ロータリーエンジン」 自動車マニアではない一般人に魅力をどう伝えるべきなのか? 元ディーラーが考える
Merkmal
メルセデスAMG、「ミトス」ブランド最初のスピードスター発表…限定250台生産へ
メルセデスAMG、「ミトス」ブランド最初のスピードスター発表…限定250台生産へ
レスポンス
マツダ スクラムトラックを一部改良 快適装備を全車標準に
マツダ スクラムトラックを一部改良 快適装備を全車標準に
Auto Prove
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
レスポンス
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
くるまのニュース
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
バイクのニュース
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
ベストカーWeb

みんなのコメント

2件
  • アメリカでは半端なサイズで廃盤になってるけど、日本では実用可能?なギリギリサイズ。
    購入を考えると現行ハイラックスとの比較になるけど、V8や本革シートも選べて中古なら価格も手頃。
    とは言え10年越でいろいろガタもきてるだろうからいろいろ手入れも必要、燃費は悪い、V8もかつてのアメリカンV8って感じではない、左ハンドル、フォードは日本に実質ディーラーなし・・などなど考えるとハイラックスに軍配があがりそう。でもハイラックスなら・・やめとくか?というのが結論。
  • 狭い道の多い山合いに住んでいるが、こんなのが我が物顔で前から来たら
    いい迷惑だよーーーーーーー
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0498.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

90.0258.0万円

中古車を検索
エクスプローラースポーツトラックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0498.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

90.0258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村