現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルピーヌA110が仕様変更および車両価格の改定を実施

ここから本文です

アルピーヌA110が仕様変更および車両価格の改定を実施

掲載
アルピーヌA110が仕様変更および車両価格の改定を実施

 アルピーヌ・ジャポンは2024年2月15日、アルピーヌA110/A110 GT/A110 Sの仕様変更および車両価格の改定を実施し、同日より受注を開始した。

新車両価格は以下の通り。

ラディカルな走行性能はそのままに、日常の様々なシーンでも気兼ねなくドライビングが楽しめるようアレンジしたアルピーヌA110Rの特別限定車が日本上陸

A110:990万円

A110 GT:1100万円

A110 S:1160万円

 今回の変更は、標準装備の一部仕様変更や新オプションの設定、「アトリエアルピーヌ」における新ボディカラーの追加などを実施するとともに、車両価格とエッセンシャルパッケージの価格を改定したことが特徴である。

 まずA110では、新オプションとしてリクライニングシートパック(30万円)を設定。それ以外の装備は、基本的に従来を踏襲する。

 一方でA110 GTは、GRAND PRIXアロイホイールやブルー塗装のブレーキキャリパー、助手席アルミフットレスト、収納ボックスを新たに標準装備。また、マイクロファイバーパック(36万円)を新規にオプション設定した。

 そしてA110 Sは、FUCHS鍛造ホイール(グリチターヌサテン)やトリコロールエンブレム、マイクロファイバーパック/オレンジステッチ、収納ボックスを新たに標準装備。また、新オプションとしてミシュランPILOT SPORT Cup2タイヤ(10万円)を設定した。

 A110の受注生産プログラムの「アトリエアルピーヌ(ATELIER ALPINE)」に関しては、選べるボディカラーに新色のオランジュコライユを追加したことがトピック。バリエーションとしては全13色の展開となった。

 さらに、アルピーヌ推奨オプションをあらかじめ組み合わせた「エッセンシャルパッケージ」の内容も変更され、同時に新価格を適用。A110 GTではブルーアビスMのボディカラーにゴールドキャリパーを組み合わせた仕様が1120万5000円、ブランイリゼMのボディカラーにブラックレザー/ブルーステッチの内装を組みわせた仕様が1130万円、A110 SではブランイリゼMのボディカラーを纏った仕様が1190万円、ブルーアルピーヌMのボディカラーにシルバーのFUCHS鍛造ホイールやブルーキャリパー、マイクロファイバーパック/グレーステッチを配備した仕様が1200万円に設定している。

 なお。パワートレインは基本的に従来を踏襲し、A110が1798cc直列4気筒DOHC16V直噴ターボエンジン(252ps/320Nm)+7速DCTを、A110 GTが1798cc直列4気筒DOHC16V直噴ターボエンジン(300ps/340Nm)+7速DCTを、A110 Sが1798cc直列4気筒DOHC16V直噴ターボエンジン(300ps/340Nm)+7速DCTを搭載している。

こんな記事も読まれています

「本田宗一郎とともにホンダを創業した藤澤武夫の功績」【自動車業界の研究】
「本田宗一郎とともにホンダを創業した藤澤武夫の功績」【自動車業界の研究】
LE VOLANT CARSMEET WEB
金色”ド迫力”エアロが凄い日産「新型GT-R」実車公開へ! 極太センターマフラー&巨大ウィングで「最高の称号」も獲得!? ゴールデンな爆裂エレガントモデルとは
金色”ド迫力”エアロが凄い日産「新型GT-R」実車公開へ! 極太センターマフラー&巨大ウィングで「最高の称号」も獲得!? ゴールデンな爆裂エレガントモデルとは
くるまのニュース
運気アップなドライブがしたい人は要チェック!【週末ドライブ占い】2024年4月20~21日
運気アップなドライブがしたい人は要チェック!【週末ドライブ占い】2024年4月20~21日
月刊自家用車WEB
山形の「ヨコ軸」が延伸! 東北中央道につながる快走路「新庄古口道路」2024年度全通
山形の「ヨコ軸」が延伸! 東北中央道につながる快走路「新庄古口道路」2024年度全通
乗りものニュース
ハミルトンの後任候補アントネッリがメルセデスで初のF1テスト「F1のパワーとダウンフォースを味わえて最高の気分」
ハミルトンの後任候補アントネッリがメルセデスで初のF1テスト「F1のパワーとダウンフォースを味わえて最高の気分」
AUTOSPORT web
10年ぶりの全面改良で4代目になった「ミニ3ドア」はどう進化? EVの「クーパーSE」とガソリン車「クーパーS」はなぜサイズもデザインも微妙に違う?
10年ぶりの全面改良で4代目になった「ミニ3ドア」はどう進化? EVの「クーパーSE」とガソリン車「クーパーS」はなぜサイズもデザインも微妙に違う?
VAGUE
トヨタが全長5m「新型ラージSUV」発売! 17年ぶり復活エステートやランドスケープ実車展示! 全国でアクティブライフ発信へ
トヨタが全長5m「新型ラージSUV」発売! 17年ぶり復活エステートやランドスケープ実車展示! 全国でアクティブライフ発信へ
くるまのニュース
【インタビュー】元SBKライダーのチャズ・デイビス選手が解説する、電動バイクレースMotoEの戦い方
【インタビュー】元SBKライダーのチャズ・デイビス選手が解説する、電動バイクレースMotoEの戦い方
バイクのニュース
懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
Auto Messe Web
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
ベストカーWeb
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
motorsport.com 日本版
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
バイクブロス
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
モーサイ
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
月刊自家用車WEB
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
日刊自動車新聞
WEC第2戦開幕、ポルシェの快進撃が続くか、王者トヨタの巻き返しか【イモラ6時間 プレビュー】
WEC第2戦開幕、ポルシェの快進撃が続くか、王者トヨタの巻き返しか【イモラ6時間 プレビュー】
Webモーターマガジン
レッドブル、オーストラリアGPの苦戦”再現回避”に自信? ペレス「僕たちはあそこで多くを学んだ」
レッドブル、オーストラリアGPの苦戦”再現回避”に自信? ペレス「僕たちはあそこで多くを学んだ」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

634.71358.0万円

中古車を検索
A110の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

634.71358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村