サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 在庫わずかのVW最小スポーツモデル「up! GTI」が超楽しい!

ここから本文です

在庫わずかのVW最小スポーツモデル「up! GTI」が超楽しい!

■VWにとって特別な称号が与えられたモデル「up!」GTI

「GTI」というアルファベット3文字の綴りは、フォルクスワーゲンにとって特別なものといっていいでしょう。

「ゴルフ8」の最新エアロパーツ出来た! VWお墨付きのエッティンガーとは?

 GTIが最初に姿を現したのは1975年9月にドイツのフランクフルトで開催されたモーターショー。初代「ゴルフ」をベースに高出力化したエンジンを搭載したスポーツグレードで、市販時の出力は110馬力でした。

 数値だけをみると決してハイパワーではありませんが、全長わずか3.7mと小さく、車両重量もわずか810kgと軽いハッチバックの初代ゴルフにとっては充分な刺激を与えてくれました。

 そんなゴルフGTIは翌1976年に発売されると、瞬く間に人気モデルへ。開発費を回収するための目安として設定された台数は5000台でしたが、累計で46万台を販売する大ヒット車となったのです。

 それから40年以上が経過する今でも、フォルクスワーゲンにとって「GTI」は重要なモデルであることに変わりはありません。ゴルフのほかにもひとまわり小さな「ポロ」、そしてさらに小さな「up!」にも設定され、高い人気を得ています。

 なかでも今回取り上げる「up! GTI」が特別な理由は車体サイズ。全長は3625mmと初代ゴルフに近く、車両重量もわずか1000kgと今時のクルマとしては驚きの軽さです。そんな「up! GTI」の走りは楽しいと絶賛されていますが、果たしてその走りが楽しい理由はどこにあるのでしょうか。実際に乗って確かめてみました。

 エンジンは1リッターの3気筒ターボで116馬力。最大トルクは自然吸気で2リッターエンジンに相当する200Nmあるものの、自慢できるほどのハイパワーではなく、むしろスポーツモデルとしては非力な部類。しかし、走ってみるとこのエンジンならではなの楽しさが詰まっているといって過言ではないでしょう。

 それは具体的に、アクセルを踏み込む歓びです。スポーツドライビングの楽しさのひとつはアクセルを力強く踏み込むことですが、パワーがありすぎるモデルはすぐに法定速度を超えてしまうので、ほんの一瞬しかアクセル全開を楽しめません。

 しかし「up! GTI」のパワーであれば、法定速度内でも気軽に全開できるのです。エンジンはとりたてて高回転が鋭いとか躍動感にあふれるものではありませんが、アクセルの踏み込みに応じてトルクが湧き出してくる感覚はエネルギッシュで不足のない加速力。

 6速マニュアルのトランスミッションにより、ドライバーのテクニックでエンジンの性能をしっかりと引き出しながら運転する爽快さを味わえる、昨今では希少なクルマなのです。

 ちなみに公式データでは停止状態から100km/hまでの加速が8.8秒。一般的に10秒を切れば遅いと感じない加速性能といわれていますから、遅すぎず速すぎない、ちょうどいい塩梅ではないでしょうか。

■活き活きとしたコーナリングで、意のままに操れるドライブフィール

 もうひとつのポイントといえるのは、活き活きとしたコーナリング。サスペンションはハードすぎず、乗り心地もしっかり確保した味付けです。だからスポーツモデルとはいえ特筆すべきほどノーズがシャープに切りこんでいったり、クイックに向きを変えるようないかにもスポーツカーを感じさせるわかりやすい挙動はありません。

 しかし巧みにロールをコントロールするフラットな挙動と安定感、そしてクルマとドライバーの一体感はさすがのひとこと。「とびきり刺激的」というような分かりやすさではなく、ジワジワと良さが伝わってくる感覚です。

 右へ左へとタイトに曲がる峠道で、まるで車幅を肩幅くらいに感じられる軽快な感覚もコンパクトで軽いボディならでは。まるで水を得た魚のようにコーナーを曲がる様子こそが、「up! GTI」の魅力の真骨頂と言っていいでしょう。

 そこには、やみくもにグリップを高めることを狙わず、あえて幅を195と細く抑えたタイヤチョイスも効いているに違いありません。

 安定しつつも軽快なハンドリングに加え、強靭さを感じる車体、そして見た目はたいしたことがないのに強力に効いて頼れるブレーキなど、こうして「up! GTI」を運転してみるとフォルクスワーゲンのこだわりがひしひしと伝わってきます。交差点を普通に曲がるだけでも楽しいスポーツモデルに仕上がっているのです。

 そのうえ、このクルマを所有したくなる理由はほかにもありました。それは伝統的なインテリア。ステアリングホイール(ゴルフGTIなどと共通)やシフトノブ、そしてダッシュボードのパネルに赤を添えているのに加え、シートは初代ゴルフをイメージさせるタータンチェック柄をコーディネートしているのです。このインテリアが、特別なクルマであることをオーナーに伝えてくれるのです。

「強力なエンジンパワーやシャープなハンドリングだけがスポーツモデルの楽しさではない。峠道を走る時はもちろん、街中で普通に運転するたびにドライビングプレジャーを味わえるクルマが本当に楽しいスポーツカーではないか」

「up! GTI」を運転していると、クルマがそんなことを語り掛けてくるような気がします。そんな味に共感できるドライバーにとって、「up! GTI」は、この上ない幸せをもたらしてくれるクルマだと感じました。

 ただ、残念なことに「up! GTI」はすでにインポーターの在庫がなく、残りは販売店在庫のみとなっています。新車を購入できるチャンスはわずかです。

「次にフォルクスワーゲンが小さくて楽しくてMTで操れるスポーツモデルを市販するのはいつなのか?」と考えてみると、探してでも買う価値は、大いにあるのではないでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します