現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】スズキ・スイフト「価格は200万円+α、安全装備は最新仕様」

ここから本文です

【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】スズキ・スイフト「価格は200万円+α、安全装備は最新仕様」

掲載 33
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】スズキ・スイフト「価格は200万円+α、安全装備は最新仕様」

 ホットハッチと呼ばれるクルマがずいぶん少なくなってしまった中でしっかりと生き残り、その間ずっと大人気というポジションに居続けている「絶対王者」がスズキのスイフトスポーツ。

 その特徴は、高い運動性能を持ちながら、何といっても200万円チョイで買えるビックリプライスでしょう。こんなにお得といいますか、コストパフォーマンスが高いスポーツカーは、世界広しといえどもなかなかないと思います。だからこそ「スイスポ」という愛称で、幅広い年代から愛されているのでしょうね。

スズキ・ソリオ/ソリオ バンディットがマイナーチェンジで機能装備を拡充

 さて、どれくらい本物の運動性能を持っているかと申しますと、モータースポーツシーンで多用されていることからも、その性能の高さがうかがえるのではないかと思います。

 数々のスプリントレースや耐久レースに参戦していたのはもちろんのこと、ラリーシーンでも大活躍。私も参戦していた全日本ラリー選手権でも、ひとつ上のクラスを軽く凌駕し、うまくいけば2つ上のクラスに迫るようなタイムで走っていました。

 排気量が1.4リッターターボと小さいながらパワフルに出力やトルクを発揮するその特性もそうですが、とにかく軽いんですよね。クルマにとって軽いということは加速・減速・コーナリング、すべてにおいて絶対有利なのはいうまでもないことですが、スイスポは歴代欧州で走り込んでセッティングが行われていたり、欧州仕様のパーツが使われていたりと、いわゆるオリジナルのスイフトよりもハードな環境で耐えられるようなクルマに仕上げられています。

 つまり、さまざまな個所の剛性も高められていて、足がしっかりと動いてくれるため、うねり路などでも確実に路面とタイヤの接地が稼げるんですよね。だからこそ余計に軽さも生きてくる。どんな環境でも速さ(=タイム)に繋がるわけです。

 世界で最も過酷なコース、「緑の地獄」と呼ばれるドイツのニュルブルクリンク・サーキットのスポーツ走行用レンタカーとして採用されているくらいですから、そのポテンシャルの高さはご想像いただけるんじゃないかと思います。

 何を隠そう、私も2世代前のスイスポでニュルを走ったことがあるのですが、あの難コースを楽しく駆け抜けることができましたからね。クセがなく素直で操りやすいスポーツカーです。

 世代を重ねるごとに、ヤンチャな面は厳しく躾られてお行儀よくなってきている感じもなくはないですが、実際、サーキットなどでタイムを計ってみるとターボ化によって確実に速くなっているので、クルマとして進化しているのは間違いないこと。

 現行型では安全装備なども最新のものが装着されたこともあり、普段使いとスポーツ走行の両面からアクセスして、どちらも満足できるようにレベルアップしています。

 何よりすごいのはその性能を、街中のチョイ乗りでも楽しめること。軽さは低速でも楽しめますからね。

1)ホンモノの運動性能を持っていながら、200万円+αで購入できる。コストパフォーマンスに優れたホットハッチ

2)現行型は1.4リッターターボエンジンを搭載しており、パワフルな走りが魅力。モータースポーツのベース車両としても使える

3)MTが設定され、自分で操る楽しさを存分に味わえる! またATモデルもあり、手軽にスポーティドライビングが楽しめる

■主要諸元
グレード=スイフトスポーツ(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)
価格=208万200円(6MT)
全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm
ホイールベース=2450mm
トレッド=フロント:1510×リア:1515mm
最低地上高=120mm
車重=970kg
エンジン(プレミアム仕様)=1371cc直4DOHCターボ
型式=K14C
燃料タンク容量=37リッター
最高出力=103kW(140ps)/5500rpm
最大トルク=230Nm(23.4kgm)/2500~3500rpm
WLTCモード燃費=17.6km/リッター
(WLTC市街地/郊外/高速道路=13.8/18.8/19.2)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=195/45R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.1m

●スイフトスポーツのトランスミッションは、試乗車の6MTのほかに6ATの設定もある。標準仕様でACC機能を備えたスズキセーフティサポートが装着となり、さらに全方位モニター用カメラパッケージの装着を選択することができる。試乗車はバーニングレッドパールメタリックブラック2トーンルーフ仕様車(op6万6000円)。また、opのパナソニック製8インチナビゲーション(17万1105円)を装着していた。エクステリアでは専用バンパー&グリル、インテリアでは専用インパネオーナメント&スポーツシートを採用するなど、見た目でもスポーティ感を演出している

こんな記事も読まれています

スーパーGT『ZF Award of the YEAR』はTGR TEAM au TOM’Sのメカニックに。HOPPY team TSUCHIYAには特別賞
スーパーGT『ZF Award of the YEAR』はTGR TEAM au TOM’Sのメカニックに。HOPPY team TSUCHIYAには特別賞
AUTOSPORT web
プリウスの価値と存在意義を高めた…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2023-2024】
プリウスの価値と存在意義を高めた…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
ハミルトン、レッドブルRB19は2020年のメルセデスに似た”完璧ぶり”「そのおかげでフェルスタッペンは先頭でチルっている」
ハミルトン、レッドブルRB19は2020年のメルセデスに似た”完璧ぶり”「そのおかげでフェルスタッペンは先頭でチルっている」
motorsport.com 日本版
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
くるまのニュース
【ホンダ オデッセイ 改良新型】2列目に4ウェイパワーシートを採用…インテリア[詳細画像]
【ホンダ オデッセイ 改良新型】2列目に4ウェイパワーシートを採用…インテリア[詳細画像]
レスポンス
『鈴鹿ってこんなに短かったっけ?』ひさびさのSFドライブに三宅淳詞が驚き。シート獲得に意欲
『鈴鹿ってこんなに短かったっけ?』ひさびさのSFドライブに三宅淳詞が驚き。シート獲得に意欲
AUTOSPORT web
トヨタ新型「ランドクルーザー」欧州で先行販売開始 丸目のファーストエディションは限定の最上位モデル
トヨタ新型「ランドクルーザー」欧州で先行販売開始 丸目のファーストエディションは限定の最上位モデル
VAGUE
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
Auto Messe Web
冬に備えて! 失敗しない電熱ウェアの選び方と4950円から買えるお勧め製品8選2023
冬に備えて! 失敗しない電熱ウェアの選び方と4950円から買えるお勧め製品8選2023
WEBヤングマシン
編集部おすすめのBMW「中古SUV3選」 X1/X2/X5
編集部おすすめのBMW「中古SUV3選」 X1/X2/X5
グーネット
A110の新グレードも展示!ルノー&アルピーヌ、東京オートサロン 2024の出展概要を発表
A110の新グレードも展示!ルノー&アルピーヌ、東京オートサロン 2024の出展概要を発表
Webモーターマガジン
17歳にして望外のチャンスを得たJuju、スーパーフォーミュラテストをエンジョイ。最終目標のF1に向け「今ある環境をモノにしていく」
17歳にして望外のチャンスを得たJuju、スーパーフォーミュラテストをエンジョイ。最終目標のF1に向け「今ある環境をモノにしていく」
motorsport.com 日本版
デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】
デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】
X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
存在しないはずのオープンモデルが3台制作されていた! その価値4億円超えの「フェラーリ512TRスパイダー」
存在しないはずのオープンモデルが3台制作されていた! その価値4億円超えの「フェラーリ512TRスパイダー」
WEB CARTOP
クルマに乗ってスキーに行かない? 高速道路で「ゲレンデリフト券」が当たるキャンペーン開催!
クルマに乗ってスキーに行かない? 高速道路で「ゲレンデリフト券」が当たるキャンペーン開催!
くるくら
トヨタが燃料電池自動車「MIRAI」の安全装備や先進機能を充実させて一部改良
トヨタが燃料電池自動車「MIRAI」の安全装備や先進機能を充実させて一部改良
@DIME
近藤真彦監督が高星明誠&名取鉄平のSFテスト起用について説明「この経験がスーパーGTに活きれば」
近藤真彦監督が高星明誠&名取鉄平のSFテスト起用について説明「この経験がスーパーGTに活きれば」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

33件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.5223.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8350.0万円

中古車を検索
スイフトスポーツの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.5223.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村